ハリス大使が公開したグローバルホーク、韓国国防部が公開を反対していた

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

昨日、在韓米国大使ハリス氏は、ツイッターにグローバルホークの写真を公開し、『米韓同盟において意味深い日です』と書きました。

ですが、実は韓国国防部が、事前に『公開しないでほしい』としていたことが分かりました。韓国国防部は、ハリス氏のツイートを『越権行為だ』としています。

以下、ハンギョレ新聞から部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<ハリーハリス駐韓米国大使が、韓国軍当局が止めがにもかかわらず、米国産偵察資産である「グローバルホーク」(RQ-4)が韓国軍に引き渡された事実と、写真を公開したことが分かった。外交使節である大使が駐在国の軍事情報を駐在国の意思を無視して一方的に公開したのは、越権行為に近いという指摘が出ている。

20日、複数の軍消息筋を通じて確認した結果、駐韓米国大使館側は、2週間ほど前、韓国国防部にグローバルホークが来週韓国に入ってくると、これを祝うという内容をSNSなどを通じて明らかにする計画だ知らせてきたという。

 

国防部側は、グローバルホークのような戦略資産の関連情報は「軍の保安事項」に分類されるため、適切ではないという趣旨で、反対意見を米大使館側に伝えた。しかし、ハリス大使は19日午後、自分のツイッターに「今週、韓国にグローバルホークを引き渡した、韓米安保協力チームをお祝いしたい。韓国空軍と強固な韓米同盟において意義深い日である」という内容を、「大韓民国空軍」と書かれたグローバルホークの実物写真と一緒に載せた。事実上、グローバルホークの到着事実と時点を、写真とともに公表したものである・・>

https://news.v.daum.net/v/20200420163602816

 

ハリス大使としては、『あれれー?(←名探偵コナンの声で)米軍が韓国軍にグローバルホークを引き渡したよー何でだろうー?』と、北の誰かさんにアピールしたかったのでしょう。

ちなみに、今回のグローバルホークが2号機です。1号機のときにも韓国軍は公表せず、グローバルホークが記者のカメラに写ったことで、仕方なく後から公表した、とのことです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5