優先順位

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

『コロナ19関連エントリーを一つは残してほしい』というコメントを読んでから、確かにそれもそうかな、と思って、『出来れば』そうするようにしています(ネタがあるか無いかが最大の問題ですが)。

みんな大嫌い・コロナ19ネタ!・・を一つエントリーしたい頃ですが・・これといって気に入ったものが無かったので、専門家の意見ということで日本語記事を一つ紹介します。メディカル時事の<PCR検査、軽症者に推奨せず―新型コロナ 感染2学会「考え方」まとめる>という記事です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・(※見出し)最優先は重症患者の救命

同時に「考え方」で強調されているのが、肺炎などを発症した重症患者の早期発見と医療的な対応のあり方だ。重症化の指標としてはCT検査による肺炎を疑われる画像の広がりの程度、血液中の酸素量の減少、血液検査でのリンパ球や血小板の減少、炎症を示す検査数値の上昇などを挙げている。

舘田理事長は「この病気は急速に症状が悪化することもある。長引く倦怠感や食欲不振といった自覚症状、高熱の持続なども合わせて、診療に携わる側は経過観察中でもこれらの項目の変化を注意深く見守ってほしい」と話す。

舘田理事長は「感染者の8割が軽症ですむことを考えれば、重要なのは重症化した患者を救命することに尽きる。現在亡くなられた方の数は欧米に比べてかなり少ない数字に抑えられている。感染経路の解明とともに、重症者を発見して対処し治療することを最優先すべきだ」と訴えている。>

https://medical.jiji.com/topics/1614

 

題だけだと『検査数を増やすべきだ』という意見が全否定されているようにも見えますが、ソース記事は検査を『してはいけない』としているわけではありません。『本当に重要なことを考えよう』であります。

最近はあまり聞きませんが、一時、韓国では『風邪で大学病院行くのやめろ』という問題提起がありました。風邪をひいただけなのに、評判がいい大学病院に直行してしまう患者が多く、本当に大学病院を利用しないといけない患者たちが、待ち時間も長くなり、最悪、診療を受けることができなくなる、という趣旨でした。さすがに事案の重さは違いますが、基本的な趣旨は同じかもしれません。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5