米国法律事務所、コロナ19で中国共産党に賠償請求訴訟・・世界各国の1万人を代理

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

「賠償」と聞くと、韓国とか反日とか、そんなことだけ思い浮かべる特異体質になってしまったシンシアリーですが・・

コロナ19の件で、米国の法律事務所が、1万人を代理し、中国に賠償請求を起こしました。以下、ニュース1の記事、部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<米国と英国など40ヶ国の1万人の市民が、中国共産党を相手に、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の責任を問い、6兆ドル(※約645兆円)相当の損害賠償訴訟を提起する予定だ。

20日、ニュージーランド(NZ)ヘラルドとデイリーメールなどによると、米国の法律事務所バーマン法務グループは先月、米国フロリダ州の裁判所にコロナ19によって自分や家族が感染し、被害を受けたと主張する1万人を代理して、集団訴訟を提起した。中国がコロナ19発症を知っていながら、世界中に適時に報告しなかった理由だ・・

 

・・バーマンの集団訴訟には、40カ国1万人の市民が参加した。集団訴訟を率いる首席戦略家ジェレミー・アルタスは、「中国は当然賠償しなければならない」とし「彼らはウイルスに対して適時に通知せず、私たちの地域社会と米国とオーストラリアなど、すべての地域を地獄に変えた」と主張した・・>

https://news.v.daum.net/v/20200420120951538

 

さぁ・・ちゃんとした結果が出せるのかは今のところ微妙ですが、象徴的な動きとしては、「出てくるはずのものが出てきた」・・そんな気もします。

米国が、中国に対してどういう対応を取るのか。多分、米国大統領選挙でも主要な案件になるでしょうし、その動きは、またもや文在寅政権にとって、不都合な流れになるかもしれません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5