韓国仁川(インチョン)市、政府に『退院者の全数検査』を要請

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

仁川広域市の確認された『完治後に再陽性』事例が多いわけでもありません(7人だけ)。でも、多分、こういう話が出たのは初めだと思いますので、紹介します。韓国、仁川広域市が、コロナ19退院者の全数検査を政府に提案したことが、明らかになりました。

短いですし、深夜更新として書いておきます(こういうのが深夜更新になることが多い気がします)。以下、韓国日報の記事、部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<全国的に新型コロナウイルス感染症(コロナ19)完治後、再び確診定判定を受ける再陽性事例が相次ぐ中、仁川市が退院患者の全数検査を政府に提案した。仁川で23日午前までに7人が再陽性判定を受けた。

仁川市によると、パク・ナムチュン仁川市場は、コロナ19完治者の全数検査を政府レベルで推進してくれと提案した。仁川市は「コロナ19にかかって隔離入院治療を受け、完治されて退院した患者が、再検査で再び陽性判定を受ける事例が相次いでいる」とし「完治判定を受けた場合には、再検査を強制する規定がなく、政府に動いてほしいという要請である」と述べた。コロナ19再陽性が増えている正確な原因はまだ明らかにされていない・・>

https://news.v.daum.net/v/20200423112354944

 

でも、これ、政府が応じる可能性は低いと思います。防疫自慢の邪魔になるかもしれないし、もしインチョンの要請に応じるなら・・テグ(大邱)から同じ要請を受ける可能性もあるからです。テグ・慶尚北道地域の完治者を再検査するなら、それはかなりの手数となるでしょうから。ソース記事のコメント数が0なのと関係があるような無いような・・

とりあえず、次こそは別のネタにしたいところです。良い悪いを離れて、コロナ19ネタは、書いていて10倍は疲れます。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5