大統領直属諮問機構『金正恩危篤説は、米国が文大統領を牽制するために流したもの』

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

誰かが言うんじゃないかなーと思ってはいましたが、なんと大統領直属の諮問機構が言い出しました。『金正恩危篤説は、米国が文在寅大統領を牽制するためのもの』『いままでも米国は南北平和の足を引っ張ってきた』などなどです。

これでも機構の名称が「民主平和統一諮問会議」だったりします。イメージの良い単語を適当に並べている感じもしますが。以下、韓国日報の記事より部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

(記事の題)「チョン・セヒョン『CNNのキム・ジョンウン危重(危篤)説報道はムン・ジェイン大統領牽制用」

<チョン・セヒョン民主平和統一諮問会議首席副議長が、金正恩北朝鮮国務委員長の健康異常説を主張したCNNの報道について、「文在寅大統領の対北朝鮮政策を邪魔するための意図が敷かれている」とし、その背景に「米国の国防予算の確保のための圧力造成用という疑いがある」と分析した・・

 

・・チョン副議長は、CNNの報道について、「文大統領の積極的な対北朝鮮政策を邪魔しようとする計算が敷かれたものと見られる」とも主張した。彼は「文在寅大統領が、今年は身動きの幅を広げていくと言ったし、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)事態も模範的に克服しながら保健医療を前面に出して、南北協力を開始しようとしている」と、その時点については板門店首脳会議2周年である来る27日と予想した。チョン副議長は「2周年を契機に、何が起こるか分からないから、その前に、嫌がらせをしておこうとしているのだろう」と述べた・・

 

・・チョン副議長は、今後の対北政策については、「米国が足を引っ張ろうとしても、私たちはそれを振り切る勇気を持たなければならない」と助言した。彼は「米国が足を引っ張ったせいで、4.27板門店共同宣言と9.19共同宣言は、率直に言って、約束だけしておいて履行していない面がある」、「大統領が、今年は、自分が米国を説得するからその真正性を信じて、(※北朝鮮に)出てきてほしいと説得する必要がある」と述べた>

https://www.hankookilbo.com/News/Read/202004230928023371

 

この方、4月20日に『朝鮮半島平和プロセスの再稼働をどうすべきか』というセミナーで、ムン2号(文正仁氏)と何かを親しく話し合うシーンが報道されたりしましたが・・やはり、『ナカーマ』だったのでしょうか。それとも、文大統領の諮問・補佐役って全員こうなのか・・・このまま金正恩氏の身になにかあったなら、米国が暗殺したと言い出すかもしれませんね、これじゃ。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5