『足りないものは、書き加えればいい』?

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

以下、メインソースとなる記事以外は『~~の記事です』の部分が該当記事への外部リンクとなっているので、ご注意ください。

去年7月22日、釜山地域の青年たちが、日本領事館に入ってデモを行いました。「日本の再侵略・経済挑発糾弾する」、「安倍は謝罪せよ」などです。「反日行動釜山青年学生実践団」という組織です。

彼らは7月31日にも、反日闘争を宣布しました。<釜山東区日本総領事館前の平和の少女像近くで、反日行動釜山青年学生実践団所属の学生たちが対日本闘争を宣布する記者会見を開き、「釜山で燃える反日のろうそく」を知らせるパフォーマンスを繰り広げている>。これは去年7月31日のニューシースの記事です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

そして、日本のネットでも話題になりましたが、今月2日、彼らは、罰金300万ウォン・宣告猶予となりました。宣告猶予とは、2年間問題を起こさないなら、宣告そのものが無かったことになる(罰金も無し、前歴なども何も残らない)という意味です。

4月2日の聯合ニュースの記事を一つ部分引用しますと・<・日本の経済報復に反発、安倍の謝罪を要求して、釜山、日本領事館に入って奇襲デモを行った大学生7人が1審裁判ですべて宣告猶予を受けた。釜山地裁刑事4単独ブ・ドンシク部長判事は・・・クォン氏など大学生7人の宣告裁判で、罰金300万ウォン・宣告猶予を宣告した・・

 

・・ブ部長判事は「被告人の行動に国民も共感した。しかし、手続きを違反し、このようなやり方は後進的な方法なので、むしろ意味を歪曲して伝えることもある」とし、「被告人が今回の機会を通じて手続きの重要性を学ぶことを願う」と「社会進出を準備中の大学生である点などを判決に勘案した」と量刑理由を説明した・・(中略)・・彼らは今まで裁判で「青年としてしなければならない正義の行動をしただけだ」と主張してきた>。

 

 

もっとも重要な部分は、「裁判所が、彼らの行動に『国民が共感している』と認めた」ことになります。判決そのものが、不思議です。しかし、その点に対して、「国民が共感した」「正義を曲げなかった」など、韓国的というか何というか、どことなく「美化」に近い言葉が付いていることに、お気づきでしょうか。実は、これら美化のための言葉は、マスコミが勝手に書き加えたものであることが分かりました。

 

「ペンアンドマイク」が取材した結果、ブ判事は「共感した」とも言ってないし、大学生たちも「反省の意を明らかにした」となっています。以下、部分引用します。

<・・釜山地裁は被告にそれぞれ300万ウォンの罰金刑に処したが、被告が誤りを認めて反省している点、被告が刑事処罰を受けた前歷がなく、社会進出を準備している大学生であるという点、その他の犯行経緯と被告の性格・行動、犯行後の状況などを考慮して、宣告を猶予すると判決した・・

・・ペンアンドマイクは、釜山地裁側に判決文の原本を提供してほしいと要請するとともに、部長判事が「国民も共感した」と話したのが事実であるかについての事実関係の確認を求めた。これに対して釜山地裁広報官は、「その件の事実関係の確認要求が何回もあったが、(事件を担当した)ブ・ドンシク部長判事は、共感したなどという話をした記憶が無いという」と返信した・・

・・(※ペンアンドマイクは)釜山地裁側に再び確認を要請したが、その広報官は、「本人にもう一度確認してみたが、ブ部長判事は、そんなことを言った記憶がないという立場」、「宣告裁判の速記録が残っているのか分からない」と答えた・・>

http://www.pennmike.com/news/articleView.html?idxno=30832

 

ここからは私的な推測ですが・・「韓国の国民が大学生たちに共感している」は韓国社会では間違いなく事実だったでしょうけど、それを理由に判断を下すことに、裁判所(ブ判事)は負担を感じたのではないでしょうか。

だから、マスコミが「フォロー」を入れ、『国民が共感した』『正義を貫いた』などを書き加え、この(韓国基準で)美しい話を、もっと完璧なものに仕上げた・・そんなところではないでしょうか。裁判所とマスコミの、ある種の「コンビプレイ」だったわけです。

裁判所は「同じ内容の問い合わせを何件も受けている」としていますが、関連内容はペンアンドマイク以外には載っていません。ペンアンドマイクは、「聯合ニュース及び『共感』を書いた全ての記事が誤報だったということになる」と指摘していますが、そんなのどうでもいいのでしょう。韓国のことで、しかも相手が日本ですから。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (130)

56 Replies to “『足りないものは、書き加えればいい』?”

  1. 足りない歴史は、書き加えればいい。
    不都合な歴史は、書き換えればいい。

    やってること、同じですね。

    1. 足りない髪は、植毛すればいい。
      多すぎる脂肪は、吸引すればいい。

  2. 韓国を見習えとか言っている日本のマス塵の連中は

    日本の学生に
    韓国大使館に突入しろって
    言っているんですかねぇ?

    責任取れるのかしら
    朝日新聞さん

    1. 今朝4/28の中日新聞もひどかったよ。
      「韓国での成功例を見習え!」って、ニッセイ研究所が1面まるまる使って主張してた。
      (韓国政府の全面広告か? と思ったくらい。)
      1面使って特集しているのに、総人口あたりの感染者率とか、死亡者率とか、それらの推移とか、数値データには全然言及されてなかった。もうほとんどフェイクニュースだ。

      東京新聞(中日新聞の子会社であり提携紙でもある)は、どうだったのかな?

  3. イカレタ国だからどうしようもない。

    なにせねすべてにわたって反日無罪になんだから。

    貶日に至っては、ご褒美。

  4. >ここからは私的な推測ですが・・それを理由に判断を下すことに、裁判所(ブ判事)は負担を感じたのではないでしょうか。
    >だから、マスコミが「フォロー」を入れ、『国民が共感した』『正義を貫いた』などを書き加え、・・裁判所とマスコミの、ある種の「コンビプレイ」だったわけです。

    あははー、さすがのブログ主も、自国の裁判官であるだけに好意的な考え方をするのですね。
    韓国人の無知な裁判官が、そんなことを負担に感じるはずないでしょ。堂々とその判決を出してますよ。
    でもって、メディアは、その判決をさらに権威付けるために勝手に後押し支援する記事を出しただけ。

    たとえ裁判官と言えども現政権に逆らって法律論に基づくまっとうな判決文なんか出せない、そんなもの書いたら何らかの方法で粛清されるだけだよ。
    三権分立も、民主主義も、人種差別も、何も理解していない愚かな民族。

  5. なーんかなー。シンシアリーさんがこの記事を引用した意図はわかりますけど。釜山地裁の判決文の内容や、判決そのものついてはコメントする気があまりしません。なんか慣れてしまって。
    それでも改めて「反日行動釜山青年学生実践団」の件についてネットでいろいろ見てみましたが、、、
    こら、ガキの遊びか!政府発言その他のいつものオウムがえし。それはいいけど、領事館に侵入、過激派テロリスト? 笑わせんな、身分証持って入ってから、突然領事館内で反日デモ活動? で、すぐに警察に逮捕されたあ? ゲバ棒とは言わないがヌンチャクくらいもってこい!
    これまでこのブログの記事でも、他の本や新聞テレビニュースでどんな記事や暴言があっても、腹が立たなかったけれど、今回、ちょっとキレた。秘孔を突かれたらしい。
    安全地帯(身の危険ない)にいるとわかってて(自分たちは正義だから大丈夫)、プチ過激やってみましたあ。こういう奴ら(昔も今も)大っ嫌いだ!
    情けないやら、悔しいやら。
    おまけに、地裁で「気持ちはわかるが、やり方が間違っている」と言われて涙流して反省しただとー。正義なんだろ、胸張ってブタ箱入れ。
    もっと過激になれなかったことを反省した悔し涙だという解釈もあるが、それならそれで1票。次は頑張れ、って、やらないだろうけど。
    ただ悔し涙の反省なら実刑、前科も免れるという計算、裁判長との馴れ合いの可能性も高い。そんな裏まで考える自分が嫌になってくる。
    あー胸糞悪い。

    1. 以前から感じているのですが、韓国人にとっての「悪口を言ってやった」は日本人にとっての「5、6発ブン殴ってやった」と同じような気がするんです。なんか悪口を言うことに対する評価が過大なのではないかと。小中学生の頃にいますよね、友達同士で話すときだけ先生を呼び捨てにする子。あれと同じレベルに感じます。
      そんな韓国人に対して「ほっとけ、どうせ口だけなんだから」と言う人も多いですが、私も八木さんと同じタイプなのかな、そのみみっちさに無性に腹が立つんです。「たかが悪口だよ? 聞き流せばいいじゃん。肝っ玉の小さいやつだな」という言い訳を用意して悪口を言ってる。大した悪事じゃないからバレても許してもらえると思ってる。殴られる覚悟がないのに集団に紛れてヤジを飛ばす。そんな感じ。
      「悪いことだとわかっていましたがどうしても許せないので殴りました」の方がまだマシです。

      1. ふむふむ様

        リプライありがとさん。
        ふーむ、あの学生さんたちも、あれで火炎瓶でも投げたくらいのつもりなのかな。怒り狂ってコメント書きましたが、実のところ、韓国人に腹立ったのではないですね。老人ですから、「近頃の若いもんはテロのやり方も知らん」それだけといえばそれだけ。日本の右翼を称している若いもんが似たようなことをやったら、やっぱり怒り狂うと思いますね。
         ちょっと笑い話ですが、これだけ昨年夏から(ま、それ以前でも)日韓関係険悪とか言われて、韓国でいろいろ騒ぎがあるのに、なんで日本の右翼は?(右翼とか左翼とかもう意味不明ですが)。
        韓国大使館に街宣車で突っ込むとか、中国に旅行して安重根記念館?に放火するとか。ちょっとしたアイデアならいくらでも。慰安婦像の軒並み倒しまくり旅行したら?
         まあ、昔っからそんな根性なかったけど。日本国内に限って言えば、右翼はどこいった?韓国のいうところの極右はどこにいるの?
        もうまっとうな左翼もなく、エセ市民団体(旧社会党系の枝葉らしきもの)だけ。これはこれであまり健全な状態ではないとは思っている。それはさておき、
        わたしゃ、どちらかといえば韓国絡みにかかわらず聞き流しのできないタイプで。つまらないことでも、なんで?どして?と突っ込みすぎて飲み屋で喧嘩する、追い出される鼻つまみ者。
        でも正直な話、ホントに日韓問題に興味なかったんです。ましてや韓国での反日とか日本での嫌韓論とか。
        昔、呉善花さんの愛読者でして、もともと古代史が好きで、どうも朝鮮半島がよくわからんと。そしたら呉善花さんの本で、へえー現代の韓国人ってこうなんだ、と面白がってました。
        俎上に登っている主な案件(慰安婦とか)や併合そのものについて詳しいわけではありませんが、自分の中では整理がついているので、よほど新たに事案が出てこない限り、まあ「聞き流し」って態度、いや特に胸に迫ってきませんでした。
        あまりにもパターン化したスローガンや上下問わない画一的な発言。聞き流すというか、文字でも音声でも無意識のままにスルーですね。
        徴用工の話が出た時は、少し耳を傾けました。これだけ問題にするんだから、なんか私が知らないこともあるのだろうと。結果、なにもありませんでしたね。
        徴用工はついては私の親父が戦時徴用工だったので。と言っても電気技手だったので強制労働には当たりません。それからたまたま郷里には昔から朝鮮人が多く、同級生にも2世、3世がいました。
        なぜ朝鮮人が多いのか(比べようもないので当時多いとか少ないとは思っていませんでした)。父母祖父を含めた戦争世代の親戚知人、古いところでは明治20年代生まれのばあちゃんなんかもいて、実際に存在する資料とどう整合性があるかわかりませんが、郷里周辺に関する限り、大正時代以降での朝鮮人について、ほとんどまた聞きとはいえ、かの地の慰安婦なり徴用工なりの方々よりももっと豊富な話、見聞に触れています。
        すいません、また話が飛びました。
        先方がどうであれ、韓国人からの悪口を私を含め日本人が対して気にしないのは、言霊じゃないですけど、日本人の琴線に触れるような表現、または痛点ですか、そこを全然突けてないって感じもします。ワザとではないでしょうね。大頭領が世界中で日本の悪口言いまくっても、日本で耳障りにもならなかった。
        ま、そんなこんなで聞き流し日本人が増えているんじゃないですか?
        私個人では、類型化された言明や理屈には反論しませんし(そういうレベルではないので)、逆にたまには変わったことを言ってほしいと思っています。
        ただし誤解なきよう。実効ある言動、行為、事態については別です。殴りましょう。
        すみません、長々と。

      2. >以前から感じているのですが、韓国人にとっての「悪口を言ってやった」は日本人にとっての「5、6発ブン殴ってやった」と同じような気がするんです。

        「ええーい、今日のところは引き分けにしといてやる~っ!」って、現実世界でやるとは。しかも犯人と社会と裁判所が結託して。
        マンガの世界かよ。

  6. 多分これらもウリ・ナムなんでしょうね
    ウリたちで決めた正義←これに異見がある人はナム
    分かりやすい
    判事がしてもいない発言を足す
    ←庇ってウリにしてあげる
    ←ジョンがある
    なんでしょう
    わたしだったら絶対お断り

  7. 自分の意見を主張するのに闘争って言葉を用いるような人種は
    高確率で建設的対話が不可能です。闘いと言いつつ勝利条件を
    設定していないのでそもそも交渉自体が成立する余地がない。

    要求内容も要求の対象も不明瞭。したがって要求の正当性も謎。
    取引相手に何のメリットも提示せず、何かを妥結する気も皆無。

    それが韓国の標準的かつ典型的な正義なんですよね。
    世の中の改善には何一つ寄与しません。

    1. >闘いと言いつつ勝利条件を設定していないので

      私は、彼らの言う「闘い」においての勝利条件とは、「彼らの過激派では、内ゲバで殺人まで行った」という過去の事例を鑑みるに敵の殲滅(少なくとも自分と違う意見の破壊は必須だろうか)である、と考えています。

      であるからこそ、交渉や妥協が成立しないのはとうぜんではないかと。

コメントは受け付けていません。