どちらが裁判なのか

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

去年12月、全斗煥氏の像を紹介したことがあります。その像が、光州広域市の旧全羅南道道庁建物前に登場しました。おもちゃのハンマー(ピコピコハンマー)がついていて、人々が像を殴ったりできるようになっているそうです。

画像キャプチャーのソース:ニュース1

https://news.v.daum.net/v/20200426115751488

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

さらに問題なのは、明日に予定されている全斗煥氏の裁判に合わせて、裁判所の前にこの像を移す、とのことでして。

<・・像をピコピコハンマーで殴った李氏(38)は、「82年生まれだから5・18民主化運動を直接経験したわけではないが、5・18を経験しなくても多くの国民が、全斗煥が悪い人だというのは、みんな知っている。40年が経ったが、まだ正常に5・18が明らかにされなかったのが本当に残念だ」と述べた。

 

小学校の教師イ・ヘジュン氏は、「5・18の40周年を迎え、私たちの子供たちが5・18を容易に理解できるように、脱出ゲームコンセプトのコンテンツを制作した。教科書だけでなく、このような像やコンテンツなどを介して、将来の世代の子供たちが5・18に関心を持って、記憶して欲しい」と語った。

5・18団体は、チョン氏が裁判に出席する27日、光州地方裁判所の前にひざまずいた全斗煥像を移設した後、全斗煥厳重処罰と5・18真相究明を要求するパフォーマンスを行う予定である・・>

https://news.v.daum.net/v/20200426115751488

 

心が曇っている私には、この像こそが韓国社会のメイン裁判で、明日の公式の裁判はサブにすぎない・・そう見えます。

どうしても繋げて考えてしまうのが、この前紹介した「2018年の改憲案」です。憲法改正案第28条第1項「すべての人は、憲法と法律に基づいて、裁判所の裁判を受ける権利を有する」。過去エントリーにも書きましたが、「『職業裁判官による』裁判」とは書いてないのが重要でして。過去エントリーのソース記事だった『未来韓国』は、「人民裁判みたいになる」としていました。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5