在韓米軍の韓国人職員に、給料の一部を韓国政府が支払いか・・米国は何も答えず

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

数千人の韓国人職員が『働いてはいけない』状態になっている件、続報がありました。過去エントリーでも紹介しましたが、在韓米軍側は「無給休職期間中は非給与の状態で、志願して勤務することは許されず、勤務先から外れなければならない。その期間中に業務に関連したいかなる仕事も実行禁止となる」としており、あえて極端な書き方をするなら、「働いては負け」じゃなく「働いたら犯罪」のような扱いとなっています。

この件で、韓国政府が『給料の70%を韓国政府が支給する』としている、とのことですが・・そもそも在韓米軍側が彼らを無給休職状態にしたのは韓国政府を圧迫するためです。こんな状態で韓国政府が給料を払うと言っても、意味ない気がします。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

以下、朝鮮日報の記事からの部分引用です。

<防衛費分担金交渉の長期化で、在韓米軍韓国人労働者の無給休職が一ヶ月近く続き、政府が彼らの賃金を先に支給すると、米国側に通報したことが26日分かった。政府はこれまで、米国との防衛費の交渉過程で「労働者の給料をまず支給しよう」と提案したが、米国は「一括交渉妥結をしなければならない」と拒否してきた。

青瓦台の関係者はこの日、本紙との通話で「無給休職状態である韓国人労働者について、韓国政府が賃金を先に与え、今後防衛費の交渉が妥結されると、この費用を除いて、米国側に支払う案が推進されている」とした。これと関連し、政府は彼らに、元の賃金の70%水準を支給する案を検討していることが分かった。米国が在韓米軍の労働者に「無労働無賃金」の原則を適用しており、事後の賃金支払いを拒否した場合に備えて、雇用保険制度を活用した賃金を与えるという趣旨だ・・

 

・・政府は、すでに米国が拒否した案を、韓国政府が通知形式で押し通すことについて「在韓米軍韓国人労働者の問題を迅速に解決するという意志」という解釈も出ている。しかし、このような政府の通報も、米軍が拒否または無視すると効果がない点から、「在韓米軍労働者の不満をなんとかするために、政府が『何かをするふり』をしているだけだという分析も出ている・・>

https://news.v.daum.net/v/20200426193202900

韓国政府はこの件を米国側に『一方通知(原文ママ)』したものの、米国側は何の反応もない、とのことです。

しかし、日本との問題でもそうですが、韓国は『一度言ってダメだと分かっても、同じ案をまた言い出し、それでもダメなら押し通す』ことが多いですね。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (142)

42 Replies to “在韓米軍の韓国人職員に、給料の一部を韓国政府が支払いか・・米国は何も答えず”

  1. 交渉が膠着すると相手側の主張を骨抜きにして集中力を発散させるような既成事実の積上げをよく仕掛けてくる気がしますね。それも組織的に。 なんでそんな汚い工作を組織立ってできるのだろうといつも不思議に思うのですが教育なんでしょうかね。

  2. 相手があること
    韓国政府が、良かれと思っていても
    アメリカの思惑・利益・公平性・・・・・?
    日本人の私たちは、トランプノートを見る権利は、ありませんから
    韓国劇場をワクワクしながら見て笑う準備をしながら待ちましょう

  3. > 『一度言ってダメだと分かっても、同じ案をまた言い出し、それでもダメなら押し通す』

    ことわざにもあるくらいゴネ得を文化として備える。
    それを属国の分際でやったら”掃滅命令”出されても文句言えないと思いますがね。
    朝鮮人って大陸から抑圧されてきた、っていいますけど絶対嘘ですよねw
    甘やかされてきたんだよ。
    自業自得の愚行の結果を他者の、他国の、宗主国のせいにしてきただけ。

    ま、それも文化的特徴のようですが。
    このブログで学んだところによると。

  4. おはようございます

    これねえ、悪手もいいところですよ
    本邦の労働者にも、雇用保険に基づく休業補償金の支払いはあります
    ですが、それってちゃんと雇用主の確認が取れている状態で、という場合であって、勝手に賃金相当をばらまくのならそれは雇用主には全く関係のない事になります
    つまり、アメリカ軍・政府側にとっては「勝手にしとけ」でしかないです、そりゃ反応しないですよ
    しかも一種の「ロックアウト破り」に取られますから、心証としては悪化の一途でしょう、既に準敵国扱いだってのに
    今後は在韓米軍基地はもっと南の海沿いに縮小後退して、いつでも撤退可能なレベルにまで落とす、良くても橋頭堡扱いでしょう
    フィリピン、って言う米軍撤退後のしっちゃかめっちゃか例があるってのに、学ばない連中です

    >韓国は『一度言ってダメだと分かっても、同じ案をまた言い出し、それでもダメなら押し通す』ことが多いですね。

    これ、「押し通して」るんですかねえ?
    そういうのって利があるなら分かりますが、これって結局韓国側だけがあらゆる意味で大きな損を被るだけでしょう
    イアンフ合意の件でも、事実上の破棄をやった結果、ありとあらゆる協定から排除されて韓国の産業はいくつも立ち行かなくなっていると聞きますよ?
    当然、全部に関わる通貨スワップも絶賛()頓挫中ですし
    一昨日くらいにコメントした通り、「韓国は学ばず、嘘だけをつく、その結果はいつも自分のクビを絞めるだけ」ですねえ

  5. 泣く子はひとつ余分に餅がもらえる

    朝鮮のことわざですよね。

    ごね得を肯定する国ですよね。
    だけど、親が相手なら通用するけど、
    外国相手にこれを行えば、外国から相手にされず
    信用も失うだけですが

    さすが、朝鮮は日本以上の鎖国国家だっただけのことはある。

  6. >韓国は『一度言ってダメだと分かっても、同じ案をまた言い出し、それでもダメなら押し通す』ことが多いですね。

    相手が駄目だと言うと、相手が嫌がっているので外交カードとして有効である、と思っている節がありますね。

  7. 米国に関係ない賃金補償を、米国に通報しても、米国も「???」で返答しようがないですわな。w

  8. 在日米軍基地の日本人従業員の給与は日本政府が支払っています。韓国もそうすればいいのですよ。そしたら少しは交渉材料になるでしょう。

  9. もう在韓米軍基地の大幅縮小迄はアメリカ側は覚悟して居る様ですね。韓国がアメリカの要求額を全部呑むか大幅縮小。
    基地労働者の過半数はレイオフ。残りの労働者のサービスでやっていける規模まで縮小。但し米軍全面撤退とか米韓同盟解消は考えていない。必要とあれば(朝鮮戦争当時と違い)米本土からでも派遣出来る輸送力や航空機能力はある。
    韓国政府が嫌がっても最後まで在韓米軍基地自体は置き続ける。キューバにだってグアンタナモ基地を米軍は置き続けて居る。インド洋にもディエゴガルシア基地がある。

  10. >日本との問題でもそうですが、韓国は『一度言ってダメだと分かっても、同じ案をまた言い出し、それでもダメなら押し通す』ことが多いですね。
    他人の言う事を聞かない傲慢さが良く現れた態度だと思います。
    すでに交渉どころか会話もできないレベルの国になってしまった韓国。

コメントは受け付けていません。