日本「韓国が検査キットを支援するなら、まず日本内での性能評価が必要です」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

日本厚生省が、『韓国が検査キットを支援するなら、まずはその検査キットの性能を、日本内で検査する必要がある』と話しました。当たり前のことですが、韓国としては「後頭部」事案です。

以下、聯合ニュースの記事から部分引用します(元ソースは朝日新聞、とのことです)。

<日本政府は、もし韓国が、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)検査キットを提供する場合、まず性能評価を試みなければならないという立場であることが分かった。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

朝日新聞は、韓国が遺伝子増幅(PCR)検査キットを支援する場合、日本国内で使用するには、国立感染症研究所の性能評価が必要であることが、日本厚生労働省の立場でると、28日報道した。

韓国の検査キットについて、具体的に把握していない状況であり、自国で実施するPCR検査と同等のレベルの精度があることを確認しなければ、使用することができないというのが日本政府の見解ということだ。

また、PCR検査に使用される試薬などは、一部のメーカーの物量が不足してはいるが、日本当局は、全体的に不足になるとは予想していない、と朝日は付け加えた。

 

日本政府は、コロナ19と関連し、韓国に正式に支援を要請してなく、韓国政府も支援を検討していないと知られている。報道に照らしてみると、もし支援を推進しても、日本国内の手続きなどの問題で協議が簡単にはいかないと推測される。

先に朝日は韓国政府が検査キットを日本に支援することを検討していると、韓国政府高官の発言を引用して報道している・・>

https://news.v.daum.net/v/20200428084614684

ソース記事には9500を超えるコメントが付いており、「なまいきだ」「物乞いが官吏のふりをしている」などのコメントが多くの支持を得ています。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (165)

101 Replies to “日本「韓国が検査キットを支援するなら、まず日本内での性能評価が必要です」”

  1. 朝日の扇動は効いているようだ。
    慰安婦報道から30年近く経ったが、朝日-韓国人の連携プレーは変わってないね。
    今回はショボすぎるが。

  2. いや普通、検査精度をテストするのは当たり前でしょう。何度も試験検査をやってみてそのデーターにもとづいて採用の可否を決める。正確を期すためにはそれだけのことはしなければならない。だって人の命にかかわることなんですから。

  3. >韓国としては「後頭部」事案です。
    韓国の善意は、国際社会にとっては迷惑、詐欺、人災である。
    ここでも『韓国人は相手を理解することができない』能力が発揮されている。

コメントは受け付けていません。