(レナスレ)レナ、ストールを巻く

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

明日の朝もまた「キムチの汁」関連記事になりそうで・・息抜きの意味も含め、レナスレ、行きます。ドール写真だけのエントリーになりますので(韓国関連内容は一切ありません)、苦手な方はご注意ください。韓国関連エントリーは明日の9時~9時半頃にまたアップします。

さて、偶然、スカーフにも小さなサイズ(ミニスカーフ)があることがわかり、レナからするとちょっと大きめのストールになるのではないか、と思いました。ドールサイズのストールまたはショールは、あるにはありますし、レナも持ってはいますが、さほど種類が多いわけでもないので、柄を選ぶなど到底無理です。もしネットで普通に買えるミニスカーフが使えるなら、バリエーションが大幅に増えるのではないでしょうか。とりあえず、生まれて初めて、スカーフを買ってみました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ミニスカーフを、折って、また折ります(一方の長さが4分の1になる)。リングは、ストール留めです。マスキングテープを何枚か重ねて(接着面は露出していない)作りました。スカーフは結んで固定することもできますが、結び目の大きさは人間もドールも変わらないので、どうしてもレナには不自然になります。

 

ミニスk・・ストールを肩にかけて

 

背中の方に回して、マスキングt・・ストール留めで固定。緩くても全然OKです

 

出来ました。K(かわいい)コーデです。

 

ここからは、4月になってから少しずつ撮った写真を載せてみます。

↑こちらはドール用のショールです。別の巻き方になります

 

コロナ騒ぎが収まると、また撮影スタジオにも連れていきたいものです。車で移動+スタジオ貸し切りで利用すれば問題無い気もしますが・・やはり、自粛ムードが大事ですから。後で、また後で。

それでは、また明日のエントリーでお会いしましょう(・∀・)ノ

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5