YTN「検査キットがほしければ、日本は先ず『日本人でごめんなさい』と言うべきだ」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

※もしまだでしたが、出来れば、昨日の「厚生労働省の発言」と「日本はキムチの汁を飲むな」エントリーを先にお読みください。

「もし韓国が日本に検査キットを支援するなら、まずは日本内での性能評価が必要だ」。そもそも日本は検査キットが足りない状況ではないし、支援を要請したこともなく、厚生労働省のこの発言の前にすでに韓国政府が「支援を検討したことは無い」と話しています。厚生労働省のこの発言は、一部の記事に対して『そう簡単な問題ではない』という趣旨で話したものだ、とも言えるでしょう。

でも、昨日の夜の更新もそうでしたが、韓国側の反応は、反日大国・韓国としてもさすがに不自然なほど、ヒートアップしています。まるで、『こういうのを待っていた』な反応です。

今回は、ニュース専門チャンネルYTNが、「検査キットがほしければ、日本はまず『日本人でごめんなさい』と言うべきだ」とする、明らかな民族嫌悪発言を堂々と放送しました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

以下、YTNの『苦しむ日本、悩む日本』という報道(アンカーリポート)です。

<今日、このニュースのせいで『いったい何の話だ』と思われる方も多かったことでしょう。「韓国がコロナ19診断キットを提供する場合、まず性能評価からだというのが日本政府の立場」。しかし、私たちの政府と日本政府の間に議論されたのは何もありません。

じゃ、なぜこのような議論が起きているのか。なにより、日本防疫診療の専門家たちが、韓国のシステムと診断キットの導入を欲しがっているからです。そんな中、日本の進歩(※韓国で言うリベラル、左派の意味)メディアの朝日新聞が、一肌脱ぎました。

 

朝日新聞は、日本政府が意図的に韓国の検査方式を導入すべきだとする要求を無視していると批判しています。目をそらし理由は何だろう?朝日新聞はこのように分析します。(※画像)『朝日新聞:韓国からコロナ19関連支援を受けた場合、日帝強制徴用被害賠償問題や輸出規制など外交的事案で(※日本が韓国に)譲らないといけなくなることを、警戒しているのだ』

 

日本政府と日本のメディアが、韓国の能力と成果を努めて無視する理由が、分かる気がします。なのに、一体何なんですか、今回の件は。

日本が、先に言う必要があります。「日本人でごめんなさい」、「太っ腹な支援をお願いします」、「今からでも協力の扉を開けましょう」、そう出なければいけないのです。ニュースがある夕方、ビョン・サンウクのアンカーレポートでした。>

https://news.v.daum.net/v/20200428200414889

韓国が夢見ている「先進国」なら、真っ先に大問題になるはずの発言ですが・・そんなこと気にもかけず、ただ『反日』が何より上位にある自己ルールを突き進む、いつもの韓国です。

「韓国人でごめんなさい」と書こうかな・・とも思ったけど、同じ穴のムジナになってしまいそうでやめておきます。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

 

+1

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5