韓国内日本企業の『資産現金化』に関連、日本は少なくとも10個の措置を用意

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

なにか大きな動きがあったわけではありませんが、現状報告という意味も含めて『現金化(韓国内日本企業の差し押さえ資産売却)』関連ニュース、1つ紹介します。

ほぼ同じ内容が朝鮮日報と聯合ニュースに載っていますが、本エントリーは朝鮮日報からの引用です。『日本が少なくとも10個以上の報復措置を用意している』、と。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<日本政府が、強制徴用問題と関連し、韓国の裁判所が差し押さえ中の日本企業の資産が売却される場合、二桁の報復オプションを検討しているという報道が出た。

日本の産経新聞は30日、日本政府が韓国の裁判所が日本製鉄(旧新日鉄住金)と三菱重工業などの強制徴用訴訟被告企業の資産を売却した場合に備え、韓国側資産差し押さえと韓国製品の関税引き上げなどを含めて、二桁に達する対応措置案を検討していると報道した。日本政府が、少なくとも10個以上の報復オプションを検討しているということだ。

 

韓国最高裁は、過去2018年10月と11月に日本製鉄と三菱重工業の強制徴用被害者の賠償請求権を認める勝訴判決を確定したことがある。現在大邱(テグ)地裁浦項(ポハン)支部は日本製鉄、大田(テジョン)地方裁判所は三菱重工業の資産をそれぞれ差し押さえている。外交筋は、韓国の裁判所が差し押さえ中の日本企業の資産売却を「いつ行ってもおかしくない」と述べたと、産経新聞は伝えた。

産経新聞はまた、日本外務省幹部は、日本企業の資産売却の時、日本政府がとる措置について、「どのような措置を発動するかは、最終的に政治的判断」と話し、「安倍晋三総理が文在寅政権の対応と日本経済への影響などを最後まで見守った後、決断するだろう」とした・・>

https://news.v.daum.net/v/20200430170710791

 

そもそも、日本政府は最初から「日本企業に実害が発生した場合」を一つのレッドラインとしていました。韓国政府としても負担はあるでしょうけど、いつまでもやらなかったら、それこそ『政権が傾く』事態になるかもしれません。コロナ19騒ぎがもう少し収まったら、何かの動きがあるのではないか・・そんな気もしますが。

朝鮮日報の記事にはコメントがほとんどありませんが、同じ内容の聯合ニュースの記事(https://news.v.daum.net/v/20200430162751239)には「あいつらは全員コロナで死ぬべきだ。絶対に助けるな」というコメントが、なんと19400個の支持を得ていました。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。5月10日の文春オンラインで紹介される予定です!

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (156)

41 Replies to “韓国内日本企業の『資産現金化』に関連、日本は少なくとも10個の措置を用意”

  1. 神戸大学の木村教授は下記のように記しておられます。
    このような判決は日本としては絶対に受け入れられません。
    また、韓国政府も司法府の判決を尊重せざるを得ないでしょう。韓国大統領が誰になってもこの判決を無視出来ないでしょう。
    また日本側もこの判決が韓国側で取り消されない限り例え野党が政権を握っても、韓国制裁は現政権から引き継がれるでしょう。
    木村教授は日韓関係はこれを期に安楽死を迎えると言われています。

    PRESIDENT Online2018/11/29 15:00

    木村 幹神戸大学大学院 国際協力研究科 教授
    判決が大きな影響を持った理由はこの判決が採用した法的論理そのものにある。第一はこの判決が徴用工を巡る問題を、請求権協定の外に置いたことである。すなわち、同判決において韓国大法院は、請求権協定に至るまでの交渉過程において日本政府は朝鮮半島の植民地支配の違法性を認めることなく終始しており、それゆえに請求権協定には、日本政府および日本政府の施策に従い企業等が行った不法行為に伴う慰謝料は包含されていない、と主張した。すなわち、これにより韓国大法院が認める植民地期のあらゆる不法行為に伴う慰謝料は、請求権協定の外にあることが確定したことになる。

    第二は、これと併せてこの判決が、「不法な植民地支配」という語を採用し、いわゆる植民地支配無効論の立場に実質的に立ったことである。これにより日本の植民地期における法行為はその大部分が「不法」なものとなり、結果、この不法行為に伴う慰謝料請求権は、当時を生きたほとんどの韓国人が有することとなる。すなわち、韓国大法院の判決は、植民地期を生きた韓国人の日本の植民地支配に伴う慰謝料の個人的請求権を、請求権協定の枠外としたのみならず、その不法行為の範囲を極めて広く認定することにより、広範な人々が日本による植民地支配に伴う慰謝料請求権を有することを実質的に認めたことになる。

  2. 安倍総理の 韓国への姿勢が、言われて
    いるほど強行でなく、むしろ融和を重視
    した外交・政治の姿勢に一抹の不安を
    覚えるのは決して私くしだけじゃ無いと
    思います。
    この分だと、通貨スワップも結局!
    やっちゃうんじゃー 、、 と 常に国民は
    不安視。 ナンダカナー!。

    1. 麻生大臣が失言さえしなけりゃ、実行に移されるようなことはないと思うよ。

  3. 日本人の感覚として、二桁あると言われれば、50以上、控えめにとらえても二、三十と考えるんだけど、お隣さんは謙虚ですなぁ。

  4. 米露中による分割管理の話し合いが暗礁に乗ってしまったのかね。日本としては統一された半島にびた一文も出さない構えだが、米国の反応を気にしすぎなような気もします。世の中は諸行無常。変化にはしなやかに対応すべき。
    さて、自然体で韓国はけしからんと世界に粛々と広報すれば良いと思う。そうしないと日本の国民情緒は制御不能になるかもよ。国民の我慢強さに政治は胡座をかいてはいけません。時折り怒声を投げかけるだけで済む話だと思う。

コメントは受け付けていません。