韓国検査キットメーカー「日本が韓国製品の評判に傷をつけた。日本には売ってあげない」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国の検査キットメーカーが、「日本が意図的に製品の評判に傷をつけた」「日本は輸出の優先順位で最下位だ」などと話していることがわかりました。

中には、(まだ成立もしてないけど)日本への輸出が出来たとしても、世論が怖くて公開もできそうにない、と率直に話すところもあります。それは、ま、K(キムチ汁)世論がこんなに盛り上がってしまうと、メーカーとしても親日と叩かれたくはないでしょう。

マネーSの記事、部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<国内診断キット(※日本で言う『検査キット』)業界が、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)診断キットの輸出対象国において、日本を後順位とした。ただでさえ物量が不足している状況で、最近、日本政府が韓国産の診断キットの精度を疑う立場を明らかにしたことに対する措置だと解釈される。

1日、診断キット業界によると、日本厚生省は先月28日、韓国産コロナ19の診断キットと関連して、自国の分子診断(RT-PCR)キットと同等レベルの精度を確認していないと使用できないと明らかにした。

世界の主要首脳が先を争って「韓国産の診断キットを購入したい」と要請するなど、品薄状態さえ起きている中で、このような日本政府の態度は、(※製品の評判に)故意に傷をつけようとする意図があるというのが、国内メーカーの指摘だ。

 

企業は、特に診断キット輸出契約締結前のサンプルを提供してテストに合格しなければならないのが一般的な手順であり、輸出計画を検討する前に、日本が性能評価を云々するのはとんでもないという反応である。

診断キットメーカーA社の関係者は、「現在までに、韓国産の診断キットの性能に何の問題提起されていなかったのに、意図的に言いがかりをつけていると判断している」とし「物量も足りない状況で、今のところ、日本に輸出する計画はない」と言い切った・・

 

・・たとえ日本との輸出契約を締結しても、発表しないという立場もある。 C社の関係者は、「診断キットは、生命と直結した問題であるだけに、人道主義の精神で助けなければならないという意見もある」とし「国民情緒などを考慮すると、日本に輸出すると発表すると、企業イメージに悪影響が及ぶこともあるから、輸出するとしても非公開で行う」と明らかにした・・>

https://news.v.daum.net/v/20200501064604373

 

いや、しかしすごいですね。隣国にモノを売るためには、ただでもなく「売る」ことなのに、「人道」を言い出さないといけないし、しかも後が怖いから発表もできない、と。

引用部分の『特に~反応である』の部分ですが、厚生労働省が話したのが、そのサンプル検査のことではないでしょうか。韓国が検査キットを支援するという記事が出るから、『そう簡単な問題ではない』という趣旨で、そう話したのでは。

なんか、もうK(起承転結)展開はどうでもよく、ただ『日本はおかしい。日本は痛い国!』と大声で叫べば、それで愛国になる、そんな流れになりました・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あ、前からそうだったかな。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。5月10日の文春オンラインで紹介される予定です!

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5