韓国、『ついに安倍が手を伸ばした。そして韓国はその手を握ってやった』

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

29日、国会の参議院予算審議委員会でのことです。中央日報日本語版の記事からちょっとだけ引用しますと、安倍総理がこんな発言をしました。

<安倍晋三首相が29日、新型コロナウイルス感染症への対応に関連し、「韓国と情報、経験の共有をしたい」と明らかにした。安倍首相はこの日、参議院予算委員会で韓国系の白眞勲・立憲民主党議員が新型コロナへの対応をめぐる韓国との関係を尋ねると、このように答えた・・>

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200430-00000004-cnippou-kr

他にも、いつもの「重要な国」「隣国」などの単語を使った、となっています。あまりにも普通のことなので、日本ではさほど話題にならなかった、と記憶しています。ですが、この安倍総理の答弁、韓国では昨日あたりから、「安倍がついに韓国に協力を申し込んだ」という事になり、各マスコミが大いに盛り上がっています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

題だけだともっとも傑作なのがマネートゥデーの記事で、『危機に追い込まれた安倍が伸ばした手、握ってくれた韓国』です。以下、部分引用してみます。

日本が、結局、コロナ19(新型コロナウイルス感染症)関連で韓国との協力要請を明らかにした中、私たち防疫当局と外交部、は協力するという立場を明らかにした。コロナ19の特性上、国際的な協力が我が国防疫のためにも重要であると判断からだ・・

・・外交部当局者は「日本は私たちの隣国」とし「韓国政府は、コロナ19対応など必要な分野で日本と協力していきたい」と述べた。防疫物品支援の可否については、「日本政府への、韓国政府レベルでの防疫物品支援は、現在、打診したり、要請を受けたりしていない」と述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20200501192421253

 

他にもソウル経済が「外交部が、手を伸ばした安倍に協力することにした」、ハンギョレ新聞が「いまになって協力を言い出した安倍」という題の記事を載せるなど、まさしく『勝利を祝う』雰囲気が半端ありません。

いや、私の記憶違いでないなら・・安倍総理だけでなく世界中が各国間の共助を強調しており(これは、国家間の入国制限を『共助』としておく意味もあります)、安倍総理も、韓国との協力(具体的な話は無かったけど)についても過去何度か言及していると思いますが。

多分、韓国各紙は、「性能評価」関連の流れが、熱くなりすぎたと、負担を感じていたのではないでしょうか。そこで、ちょうど安倍総理がそれっぽいことを言うから、「勝った!」ということにして、流れを抑えようとする・・そんな意図もあるのではないか、そうも思えます。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。5月10日の文春オンラインで紹介される予定です!

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5