『日本を批判したことが無い韓国人』が意味するもの

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

面白い(面白くないけど)理屈・・理屈もどきがあったので、紹介します。まず、韓国のアイドルグループのメンバーであるCさんが、インスタに、『北朝鮮軍、韓国軍側に銃撃』記事を紹介しました。今日、軍事境界線を挟んで、北朝鮮軍から韓国軍に銃撃がありました。マニュアル的に対応(対応射撃など)した、とも。

Cさんがやったのは、自分の意見などを書かず、その記事を紹介しただけですが、これだけで結構『叩かれている(by朝鮮日報)』とのことでして。

理由は、『文政府に不利な記事を拡散させようとした』というものですが・・この場合、Cさんが「安保などを気にして、この記事を紹介した」のか、それとも「現政権に不利な内容を拡散するために紹介した」のか、どうやって判別するのでしょうか。

ソース記事の一行にすぎませんが、とてもとても率直な論理(?)が書いてありました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・北朝鮮軍が韓国軍GPに数回の銃撃をし、韓国軍が対応射撃をしたという記事だった。Cさんの投稿したニュースは、事実だけそのまま伝えた速報に過ぎなかったが、Cさんのインスタグラムは様々なコミュニティーで話題になった。親・与党ネチズンが主導する「ポンプ」などのコミュニティーの利用者の一部は、彼女を「イルベ(※保守派サイト)の女神」などと非難した。「Cは日本を批判する文を一度も上げたことが無い」などの論理も出た。結局Cさんは、記事を投稿を数時間後に削除した・・(朝鮮日報)>

https://news.v.daum.net/v/20200503175814987

 

繰り返しになりますが、『一行』にすぎないけど、本当にこの『日本を批判する文を一度も上げたことが無い』は、率直でうまい表現だな、と思いました。いや、褒めてるわけじゃありませんが。韓国的に、とてもとてもよく出来た作文です。

すなわち、『日頃の行い』でわかるという論理(論理とも言えませんが)です。日頃、日本を批判する内容を載せたことが無い。それが彼女の『正体』がわかる証拠だ、と・・

 

旧ブログのときですが、こんな内容を書いた記憶があります。「韓国で日本の家電や映画のレビューを書くときには、『私も日本が嫌いだが』『私も独島は韓国の領土だと思うが』などの文章をレビューに含めないと、袋叩きにされる」、と。

反日・・韓国社会に『日本の悪口』を反日だとする自覚すらももう無くなって久しいですが・・反日は、韓国という『ウリ』の踏み絵です。愛国とも言います。

『北朝鮮軍が銃撃してきた』を論ずる資格がある人間。それは、日頃、日本を批判する文を載せた人であるべきだ。それが出来てないなら、現政権への攻撃にすぎない。本当に、呆れるしかない、まるで赤ちゃんみたいに率直な、だからこそ恐ろしい、『論理』です。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。5月10日の文春オンラインで紹介される予定です!

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5