『親日』とされる人を襲い、YOUTUBEで儲けか

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

最近、同じ扶桑社ということもあって、『ソウルの中心から真実を叫ぶ』という本を読みました。反日種族主義の著者の一人、イ・ウヨン(李宇衍)氏の本です。

本は2部構成となっていて、2部には(朝鮮半島出身の元・)徴用工問題に関する様々な資料が載っており、1部は(2部に比べると)イ・ウヨン氏の個人的な話が載っています。4月30日からすでに発売中です。

ソウルの中心で真実を叫ぶ ※アマゾンリンクです

その中で、特に驚いたのは、親日とされる人を襲い(襲わせ)、それを撮影、YOUTUBEで金儲けをする人たちがいるという話です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

イ・ウヨン氏曰く、彼らは金儲けのためにイ・ウヨン氏を襲い、それを撮影、YOUTUBEに載せるといいます。数十万PVになる、とも。

特に、イ・ウヨン氏は水曜集会(慰安婦デモ)の近くに、水曜集会に反対する立場として少数人のリレー形式でデモを行っており、そんな類の連中からターゲットにされやすいのではないか、とも思われます。建物の中に入って人を殴る場合、違法侵入となりますから。

警察はイ・ウヨン氏を保護してはいるものの、イ・ウヨン氏が襲われ、殴られることを阻止はできず、『とても軽微な事案』として加害者とイ・ウヨン氏を同じパトカーに乗せたりする、とのこと。

イ・ウヨン氏はこの前、国連の人権理事会で日本側の市民団体側に立ち、軍艦島は強制労働なんかじゃ無かったと主張したこともあります。確かに、「国賊」と思われていることでしょう。

 

この話の中でもう一つ注目すべきは、市民団体が「専門職」になっている可能性です。いくらなんでも、人に暴力を使って、社会的に、その人に良いことがあるとは思えません。その人、『実行犯』とでも言いましょうか。彼らに将来を保証して、彼らを受け入れるところが無いと、そんなことはしません。

韓国の市民運動家たちの間で、『学生運動で逮捕されたこと』が、自慢すべき履歴として機能しているのと同じです。相応の問題を起こしてこそ、将来が保証される、そんな仕組みがあるのでしょう。いや、本にはこんな内容はありません。個人的な邪推です。じゃ・す・い。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。5月10日の文春オンラインで紹介される予定です!

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5