韓国、金正恩健康異常説を主張した脱北者二人が袋叩きに・・「フェイクニュース」「国家の亡身(大恥)」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

今回、金正恩氏の健康異常説を強く主張していた人たちに、韓国大統領府や与党などが、『国家的亡身』としながら、猛攻撃を続けています。特に、脱北者出身で国会議員に当選したテ・ヨンホ、ジ・ソンホ氏の二人が、ターゲットにされています。

意見が外れたのは事実ですが、なぜこれが国に恥をかかせたことになるのでしょうか。韓国では、恥を「かかされるもの」としか認識しておらず、恥は私を亡ぼそうとする誰かからの攻撃またはその名分のようなものであり、「亡身(マンシン)」が「恥をかかされる」と同じ意味になっている・・と、前にも書いたことがあります。多分、そういう心理があったのではないか、と思われます。

簡単に言うと、「脱北者国会議員など存在そのものが迷惑だから、もう黙っていろ」ということでしょう。以下、ニューシースの記事から抜粋・引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

大統領府、統一部、与党・与党側の国会議員及び当選者たちが話したことをまとめてみますと、こうなります。

・「テ・ヨンホ、ジ・ソンホ当選者の無責任な発言のせいで混乱が生じた」(大統領府関係者、二人の実名を言及)

・「北朝鮮と関連した根拠のない内容で、私たちの経済、安全保障、社会など様々な分野で、不必要な混乱とコストが発生した」(統一部関係者)

以下、国会議員及び当選者たちの主張

・「国会議員は、無責任な偽ニュースを乱発するためのものではない」

・「あなたたちを暖かく受け入れた大韓民国の国民に、虚偽の情報、偽りの宣伝・扇動をお返ししたことを、心から謝罪しなければならない」

・「脱北者の偽ニュースが、これからは今国会を通じて流布される危険性がある」

・「自分だけの亡身だけでなく、国家の亡身だということを今でも気づいたならもう今後は自制したらどうか」、などなど

https://news.v.daum.net/v/20200502191622704

 

いや、そこまで言いますか、普通。特にテ・ヨンホ氏は、「私の指摘が外れたことを認めざるを得ない。しかし、今回の北朝鮮の対応には率直に違和感があった」と話しましたが・・(ジ・ソンホ氏は未確認です)

もう、「脱北者」という理由だけで「フェイク・ニュース」扱いされることが増えるでしょう。先も書きましたが、特に現政権では、脱北者国会議員など、存在そのものが迷惑なのですから。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。5月10日の文春オンラインで紹介される予定です!

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (123)

38 Replies to “韓国、金正恩健康異常説を主張した脱北者二人が袋叩きに・・「フェイクニュース」「国家の亡身(大恥)」”

  1. 金正恩が生きていようと影武者であろうと関係無いと思います。金正恩自身が現在の体制を作ったわけでもないし、その就任で何か変わったわけでも無い。まあ現代的両班が支配構造を形成しているわけで、党派抗争も見えないだけ。脱北高官はその抗争に負けたんでしょう。
    今の金正恩がフェイクだとしたら、次に誰を立てるか抗争中なんでしょう。
    フェイクなら案外、韓国は知らされてるんじゃないかな。だから必死に抑える。その場合、当然アメリカも知っている(トランプには知らせていない。すぐバラすから)。北のどの勢力が勝つか、継承者が誰になるかで見えてくる。主席不在の空白期間ができたら、米中韓はなんらかの動き、あるいは態度をはっきり示さなければならない。これは現状いい迷惑。コロナの先(国単位でなく)が見えないことには変に動きたくない。見なかったことにしましょう。

  2. 黒電話「オラァ、多分3台目だから、、。
    こういう時、どういう顔をしたらいいか、分からないニダ、、、。」

    北ウォッチャー「笑えばいいと思うぞw」

  3. そりゃ北の首席報道官が大統領を務める韓国ですからね、脱北者が国会議員というのは北に対して面目が立たないことなのです。彼らの言ったことが外れたことは格好の攻撃の口実になります。
    でもね、この2人も口が軽すぎる。国会議員ですからね。発言には慎重であるべきで、相手には絶対付け入る隙を与えてはいかんのです。

  4. 公開された映像は影武者です。
    理由は次の3点。
    1.独裁者としての緊張感がない。
    2.愛想振り撒き過ぎ。
    3.笑顔が違う。

    整形しても、性格までは整形できません。
    動画だと、性格がもろにでます。とくに、笑顔や怒りに性格がでます。トランプ大統領と会った人間とは別の人間です。

    この影武者の行動を見ていると、彼自身、「正恩は亡くなった。」又は、「再起不能」な事を知っていますね。逆鱗に触れる心配が無くなったので、伸び伸びと振る舞っています。「やっと、俺にも運が巡ってきたか!」と舞い上がっているように見えます。

    しかし、北の政権はどうするつもりですかね。直ぐバレる嘘で、問題を先送りして。

    1. いや、ようやくこれまでの影武者を始末して、本物が退院できたのではないか? だからこその笑顔なのだろう。

コメントは受け付けていません。