韓国紙、ほとんどが「安倍が対国民謝罪」を強調

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

私の気のせいなら気のせいで構わないし、私の「器」のせいなら器のせいで構いませんが・・・

日本で、今回の緊急事態宣言延長において、『首相の謝罪』にフォーカスを置く人はどれぐらいいるのでしょうか。確かに、安倍総理は『(延長することになって)国民の皆様にお詫び申し上げたい』『断腸の思い』と言いました。しかし、今回の宣言延長を『対国民謝罪』と受け止める人はそういないでしょうし、私もそういうものではないと思っています。

ですが、韓国では、右も左も無く、ほとんどのメディアが『安倍が謝罪した』を集中的に報道しています。内容はそれほどでもありませんが、ほとんどの記事の題に「謝罪」の字が入っています。

以下、朝鮮日報のものを一つ引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<安倍晋三首相がコロナウイルス感染症(コロナ19)拡散に基づいて、当初6日までであった緊急事態を今月31日まで延長することに決定したことと関連し、国民謝罪をした。安倍首相は4日、「当初予定した1ヶ月で緊急事態宣言を終えず、国民に謝罪する」とし「(緊急事態を)延長する必要は断腸の思い」と述べた。全国緊急事態宣言の延長を決定した日本のコロナ対策本部会議の直後の記者会見でこのように謝罪したものである・・>

https://news.v.daum.net/v/20200504204258169

 

うーん・・繰り返しになりますが、記事内容はさほど間違っていません。ありのままではありますが、どうしてこうも違和感があるのでしょうか。

『安倍が悪い』というイメージをさらに強くし、日本で反安倍デモでも起きてほしいのでしょうか。それとも、『内容なんかどうでもいいから安倍が謝罪した』という文が書きたかっただけなのでしょうか。

どちらにせよ、韓国側の報道で見られる『イルボン』という本当は存在しない国の話にしては、まだマシなほうではありますが・・・妙な違和感があったので、エントリーしてみました。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。5月10日の文春オンラインで紹介される予定です!

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5