ガーディアンなど、韓国の嫌悪差別を報道・・『ゲイども、ガス室に入れて殺してしまえ』

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

マネートゥデーが、『韓国の対応を褒めていた外国言論、梨泰院感染の問題指摘、何で?』という記事を載せました。いや、何で?と言われましても、反応に困りますが。

とりあえず、ちょっと引用してみますと、<韓対の応法を賞賛していた外信、イテウォンクラブ感染指摘、なぜ?>という題で、「最近イテウォンのクラブでコロナ19集団感染が発生したことと関連し、複数の海外メディアが問題提起をしている。防疫問題ではなく、性少数者を接する一部の韓国メディアと大衆の態度に焦点を置いたメディアもある・・」としながら、いくつかの記事を紹介しています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・ロイター通信・・「いくつかの韓国メディアが「ゲイクラブ」と記事を書いたことで、性的少数者の差別につながると批判」、「マスコミはゲイクラブ、ゲイバーなどの言葉を修正したものの謝罪は無かった」、「同性愛は韓国で違法ではないが、差別されており、嫌悪犯罪の苦痛に苦しんでいる」

・ガーディアン・・ロイターと似たような指摘。「韓国のコロナ19検査能力と確定者の動線の追跡などが広く賞賛を受けているが、プライバシーへの懸念がある」、「韓国では性的少数者への差別が強く、彼らは家族にも事実を隠している」

・ビジネスインサイダー、Advocate・・「韓国内の性的少数者への差別、憎悪の懸念が生じる」など

https://news.v.daum.net/v/20200510160137419

 

繰り返しになりますが、普通に当たり前の内容を書いた記事だと思いますが・・これが何故「何で?」になるのでしょうか。ひょっとして、『K防疫の韓国を責めるなんてありえない』『褒めておいて、なんで言葉を変えるのか』『韓国を褒めるのが当たり前なのに、何で?』とでも思っているのでしょうか。「か、韓国を責めるなんて・・(震え声」、とか?

ちなみに、性的少数者たちのコミュニティーに、ユーチューバーなどが入り込み、会員たちの情報を公開しようとする(仲間のふりをして個人情報を聞き出して、公開する)ことも多い、とのことでして・・また、問題になったクラブに通ったことがある、あるIT企業の社員は、仲間たちが『ゲイ共をガス室に入れ込んで皆殺しにすべきだ』と話すのを聞いて怖かった、と証言しています。この件も、カーディアンに載っています。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。5月10日の文春オンラインで紹介される予定です!

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (174)

115 Replies to “ガーディアンなど、韓国の嫌悪差別を報道・・『ゲイども、ガス室に入れて殺してしまえ』”

  1. 韓国人はナチュラルに差別主義者ですから、差別に対する不感症は日本人の比ではない。相当、自覚が無いものと思われるし、差別問題に対する認識も甘いのでしょう。差別が日常的に当たり前になり過ぎていて、国際世論が差別に対して何故そうまで神経質になるのか、本質的に理解できていないように見えます。

    1. ナチュラル・ボーン・レイシストなんですよね
      自分では自然に差別発言を繰り返すんですが
      自分が不快な言論等は「シャベツニダー!」と大騒ぎする
      外国人が朝鮮人をツリ目?と言っただけでもね
      米国スタバやサッカー選手等、日本人なら笑って済ますのも
      激昂しますから
      自分に余裕と自信が無い民族なんでしょうかね?

  2. > サイコパスは、反社会的な人間ばかりがいる訳ではありません。
    > 社会性を身につけている人の方が多い。

    それが、何らか私の意見に対する反論なのですか?
    わたしの主張していることは、
    > 「サイコパス」というのは「社会へ害をもたらすか否か」という観点からの評価が非常に大きな意味を占めているので、希少性の点だけで、同じように扱うべき問題ではないと思う。
    なんですがね。

    「社会性を身につけている」けれども、「社会へ害をもたらす」ような人間は、たくさんいますよ。
    もしかすると、私なんかその典型例かもしれないし。(論理性の高いイリーガル・エイリアン?)
    あるいはまた、他人が書いた文章を必要最低限のレベルで正確に読み取れずに、的外れな反論をすることにより周囲に混乱をもたらすような人間も、ある意味、「社会へ害をもたらす人間」であるかもしれないね。

    1. 同じように扱う理由を書いただけで、別に反論というのではないです。

      脳を見てみれば、サイコパスはサイコパスの特徴を示し、ゲイはゲイの特徴を示す。そういう観点から、同列に扱っているだけです。
      「社会的」ではなく、「脳科学的」な観測です。

      希少性というのでもないですね。
      希少性とは、欲望される量に比べて利用可能な量が少ない状態を言います。
      サイコパスも同性愛者も、希少とは言えません。
      乱暴な言い方ですが、
      「いなくてもいいはずの者が、何故いるのか?」
      という問いです。

      そこから、個人というよりは、集団にとって何らかのメリットがあるのではないか、と考えられているという一例があると、紹介しただけです。

      1. >「いなくてもいいはずの者が、何故いるのか?」
        という問いです。

        集団にとってメリットがなければ、存在してはならない、存在する意味がない。と考えるcieという存在は、ものすごく傲慢だとわたしは思うのですよ。

        それが共産主義の、民族優越主義の傲慢な考え方ですからね。
        役に立たないものは、いなくていい。性的少数者は、いなくてもいいはずの者だっていう、考え方がね。

        1. 七誌さん

          >>乱暴な言い方ですが、
          って、前置きしてるじゃないのよ。w
          >>一例があると、紹介しただけです。
          とも言ってるでしょ。

          ホンマよう読んでおくれよし。w

          1. 論理の集合とか命題って習ったでしょ。
            あれ、七誌は理解できてません。七誌の中では、逆・裏が真になるし、一部が全体になります。
            思考そのものに価値を見出さず、言論を主張・思想の発露だと考えるから、それでいいのです。

            そうすると、「乱暴な言い方」や「一例」は、思考実験のための限定ではなく、「いなくてもいいはずの者が、何故いるのか?」という主張を和らげるための修辞として捉えられてしまうわけです。

      2. 下にもちょっと書いたのですが、
        必要な傾向を持った者が生まれてくるようになるというのではなくて、不利な傾向を持った者が淘汰される…というのが正しい見方だと思うんです。

        ですから、有利か不利か、必要か不要かなど関係なく、様々な傾向の人がいつも自然発生的に存在していて、場合によっては得意な人として見なされたり有能な人と見なされたりするということではないでしょうかね?

        集団にとってのメリットを考えると、人知を超えて多様性があることそのものがメリットなんだと思うんですけど…違う?

        >希少性とは、欲望される量に比べて利用可能な量が少ない状態を言います。

        ここは「希少性」ではなくて「特殊性」くらいに読み替えて良いんじゃないかと思います。違うのかなw

        1. また来たよさん

          この話し、遺伝が関わっているのです。
          サイコパスも同性愛も、協力者さんの親族を調べると、結構な確率で ( 協力者さん以外にも ) いるそうなのです。

          なので、常にランダムに発生しては消える、というのでもないようなのです。
          運び屋である遺伝子が淘汰されてしまわなかったことから見て、集団にとっての何らかのメリットがあるのだろう、というお話しです。

          とは言え、私には結論めいたことは言えませんし、これ以上引っ張るつもりはありません。
          ここで終わりにします。

          1. >この話し、遺伝が関わっているのです。

            う〜〜む、そうであっても不思議ではないのだけど、そうであったとしても、やはり傾向の話の範疇のような気がする。生殖に関わる話だから余計にね…

            では、この話はこれまで。

    2. イリーガル・エイリアン様も私もサイコパスかもしれません。
      サイコパスは具体的に社会へ害をもたらした時に、その動機とか目的から分別されているわけで、日常特に問題を起こしてなければそのように認定されることもありません。ゲイの多くは顕在的であるし、カミングアウトすることで存在感を示します。同列にできるとすれば、相対的に希少であるということと、その存在自体の原因がよくわからん、という点でしょうか。
      LGBTに対してはその国において反社会的行動と見られるものも、その目的や動機自体はいわゆる「ノーマル」な人たちでも理解できます(承認)でなくても。これはイスラム過激派のテロが理解できる(その教義から意味がわかる)のとほぼ同じようなものです。
      ですがサイコパスは常に潜在的で、社会に害をもたらしたことがはっきりしても、その目的や動機がさっぱり理解できない、という点に特徴があり、そうしたものを総称してサイコパスと呼んでいる気がします。
      サイコパスは一般に知能指数が高く、教養もある人が多いとの認識です。ですから、日常どんな反社会的行為を行っていても隠蔽できます。Law & Orderをしっかり理解できていますから。
      よくシリアルキラーなどサイコパスとされることが多いのですが、これは一連の殺人に通常考えられる動機や目的(利益を含む)が見えないためです。
      現在ドラキュラタイプはサイコパスではありません。一種の宗教的犯罪です。個々の事件の共通点がわかり、その心理的背景も想像ができます。
      サイコパスと言われるとき、それはたいてい事後です。なぜこんなことをしでかしたのか、他からはわからないケースです。わかるのは、せいぜい法および一般的な倫理観や道徳観を無視していること。でも、わかる人にはわかる(賛成できないにしても)。『羊たちの沈黙』でのハンニバル・レスターとその後の『ハンニバル』でその関係が描かれている。
      サイコパスはくどいようですが、どの民族、国民にも一定数存在します。簡単に言ってしまえば、自己の心理的欲求あるいは正義を満たすために行動する、あるいはしようとし、その際現実の法体系は下位に置かれます。現在の視点で読めば「罪と罰」でのラスコーリニコフの心理過程はサイコパスにいたる過程の一端を示しています。
      知性的かどうかは別として、私もサイコパスでしょう。とはいえ、警察に拘束されるほどの犯罪で満たされる欲求はありませんから、まあ無事です。
      日本での無差別殺人「誰でもよかった」の犯人はサイコパスでしょうか。違います。ただ自己を被害者と見て復讐しようとし、加害者が特定できなかったから「誰でもよかった」なのです。とっても理解しやすい。サイコパス犯罪の目的、動機は余人にはなかなか理解できるものではありません。
      日本でも猟奇犯罪としていろいろ起こりました。どれがサイコパス的かといえば、まず計画性、そしてその犯罪からどんな利益が得られるのか理解不能と言ったところでしょう。趣味でやったとしか言いようのないような(実のところ本人にとってはとても合理的な行動なのですが)。宮崎くんなんかそうなのかな?
      まあ、自分の不満や不利益になりそうなところで、特定の敵を見つけ何かの利益を引き出そうとする、韓国のことですが、これはサイコパスとは言えない「誰でもよかった」に近いんですが、日本だけがネタだとかなり弱いと思います。
      呉善花さんやシンさんが分析してくれるまで韓国はサイコパスだと思っていた人は多いんじゃないでしょうか。
      内的な欲求に引き裂かれ=「恨」、他者に「情」を押し付ける。これがうまくいかないとますますエスカレート(と言っても対日だけですが)。国際関係は韓日だけではないですから、結局自分の首を締める流れしか作れてません。
      韓国、サイコパスを見習え。理解されようがされまいが心理的・論理的整合性を整えればまだ道はあるぞ。

      1. いつもながら、長くなってしまい、そのくせたいした知見や情報もありませんから、無視してください。

        1. 人類とcovid19もサイコパスと同じにずっと付き感じでしょうか? サナダ虫、寄生虫とかは宿主が死ぬような行為はしないのだからcovid19も人類と共存を、いえ韓国人はサナダムシと共存できているのだから、ゲイと共存する事も出来る筈ですよね。
          韓国人は共産主義が脳に沸いたから共存は許せなくなったのかな?

          1. >いえ韓国人はサナダムシと共存できているのだから、ゲイと共存する事も出来る筈ですよね。

            無理。あなたのおしりを狙っているゲイと同じ家で共存は出来ない。
            朝鮮人も同様。

            家から追い出して、断交してこそむしろ共存は可能なのです。わたしが断交を訴えるのは、朝鮮人と共存するためです。

          2. 共存するかどうかは、人類同士なら拒否も排除も抹殺も出来ますが、生物としてのレベルであれば「共生」していくのが基本になりますね。ゲイもサイコパスも、どの世代でも一定数生じるのであれば、これはいくら個人的に嫌いでも共生するしかない。できれば互いに傷つけ合うことなく。covid19と同じと行ったら差別的ですが、人類がcovid19の免疫を得るというのは、共生できたということでもあります。
            妄想を広げると、進化論は検証できないものの、人類も遥かさかのぼれば、生物同士の共生を通じて現生人類になってきたんでしょう。
            コロナウィルスとの共生から新しい種が生まれるのかもしれない。思えば近年の様々なウィルスの蔓延みたいなことは進化の過程で度々起こったのでは?なんちゃって。
            小松左京さんの『復活の日』が売れているそうです。60年代のSFでは予想というか想定された設定で、じゃあその時人類はどうするか?どうしたかの方がメインテーマです。
            同じような設定でも、昔のSFは昨今のアメリカ映画のようにホラーではなく、スペキュレイティブですから、ゾンビは出てきません。
            嘘か誠かわかりませんがミトコンドリア・イブみたいな話が大好きで、あと1万年くらいしたら細胞にコロナ19を持った人類(?)が現れるのかなとか思うと、ちょっとワクワクします(不謹慎)。妄想です。

        2. 適度に興味がありますから、書いて下さるのはいいと思うんですけど、ブログ主さんも「話が大幅に本題から外れるときは議論なり雑談なりでどうぞ」という感じだと思うので、そっちに上げるとよいかも…と思います。

          でも、両方検査話になっちゃってますけど…

          雑談ネタで色々読ませてもらえると面白いのですけどねw

  3. >『韓国の対応を褒めていた外国言論、
    >朝日新聞は7日、「(日本の)コロナ対応に海外から批判続出 政府、発信力強化に躍起」
    >Yahoo!ニュースには「(日本の)政府のコロナ対応、海外から批判続出『終結は困難』」

    どういうこっちゃ???

    1. 匿名さん

      気にすることはありません。
      韓国を褒めるなら、他にも褒めるべき国はいっぱいありますし、韓国が褒めてーというから褒めてみただけでしょう。自国のやり方への批判のダシに使ったくらいな感じです。
      日本への批判なんて「お前が言うかい」に近い。
      我が国は万全なんてノーテンキなことを行っているのは韓国くらい。終結は困難?なら終結できた国やらどこで終結とするか断言できる国や研究機関がありますか?

  4. K防疫の強い個人動向追跡性とコンボで同性愛者を奈落に追いやる副作用についても書かれていたような。
    それに対する韓国人の反応が、「防疫失敗国は自国の心配をしろ」、「韓国に対する人種差別」といういつもの言い掛かりと論点ずらし。
    急所を突いたんだな、と納得しました。

  5. >『韓国の対応を褒めていた外国言論、梨泰院感染の問題指摘、何で?』

    何で?も何も原因は明白で、この件はたまたま性的少数者の問題とかち合ったから出てきたけども、彼らのプライバシー問題と韓国の防疫政策とはどう考えても相容れない

    という指摘ですよね。

    日本でもネット等一部では指摘されていた韓国方式の問題点がようやく明るみに出たことなので今後韓国方式を賞賛する日本のマスコミは減るといいですね。

      1. > ほとぼりが冷めるまで黙って我慢する

        その通りだ。メディアには相当な数の草が入り込んでいるわけですねw

  6. LGBT が、マジョリティになる事は決してないけれど、常に一定数いるのは何故か?
    ( 欧米などでは ) 宗教に基づいて禁じて来たにも拘らず、いなくならなかった。
    ということは、サイコパス同様、何らかの必然があるはずなのではないか?

    というのが、今現在の欧米の研究者のスタンスです。
    解明に至っている訳では、もちろんありませんが、面白い研究も進んでますよ。
    研究となったら、協力者も多いのが欧米の特徴ですね。

    ( 欧米人は ) 自分たちが迫害し、その価値観を他国にも押し付けて来た過去があるので、罪悪感を拭いたいのもあるようで、性的マイノリティの問題には、めちゃくちゃ煩いですよ。
    それも価値観の押し付けだとは、彼らは考えない。w

    とにかく、LGBT に対する価値観は転換していて、韓国は周回遅れってこと。w
    逆走してるって話しもあるね。

    1. LGBTに関して言うと、まあ、ノーマルな人間の性的嗜好は、人類を人類たらしめている特徴というほどには、固定的でないということでしょうね。LGBTに分類される人間よりも、手が4本だったり目が4つあったりする人間の方が、ずっと少ないということです。

      なお、「サイコパス」というのは「社会へ害をもたらすか否か」という観点からの評価が非常に大きな意味を占めているので、希少性の点だけで、同じように扱うべき問題ではないと思う。

      1. >LGBTに関して言うと、まあ、ノーマルな人間の性的嗜好は、人類を人類たらしめている特徴というほどには、固定的でないということでしょうね。

        ノーマルな人間の性的嗜好は、人類を人類たらしめている特徴だね。日本人全員が同性愛者になったら、その時点で日本は滅び、韓国大勝利。

        ただし、わたしは社会が同性愛を許容すること、同性愛を許せる余地余裕を持つことは、必要なことだとは思うんですよ。同性愛者の結婚制度にはもちろん反対だけど。

        韓国は他人の悪い趣味、社会にとって悪い趣味は赦さないって世界だから、こうなるのです。

        ここにも悪いことを言うことは絶対許さないって馬鹿がいるけど、悪いことを言うことが許されるように、自由な社会では悪い趣味も許されるべきです。

        1. 「悪い趣味」は許されてもいいけど、
          「趣味が悪い」のは、許されない。

          例えば「だれかれ無しにバカ呼ばわりして、自分の間違いは絶対に認めない」みたいな「趣味が悪い行ない」は、許されません。

          許されません、と言っても「批判されるだけ」で、「狩り立てられ」はしませんが。
          ここが日本で良かったね、趣味の悪い七誌さん。

          1. 意見が違っても、文章をきちんと読める奴は歓迎だわさ。

            あんたには批判をする自由がある。

        2. >ノーマルな人間の性的嗜好は、人類を人類たらしめている特徴だね。

          ここまでは、まあ、そういう考えもあるだろうな、という点で同意はできるのだが。

          >日本人全員が同性愛者になったら、その時点で日本は滅び、韓国大勝利。

          ふーん。ここまで読んで、あんた自身が、あんたの考えを信じている訳じゃない、単なる自己の感情的主張をしたいがために反論してみたのだと、確信したよ。目的と手段が逆になってる。
          余計な感情は知性を曇らせるだけだ。
          島国でも半島国でも、やはり地球人は愚かだな。

        3. 七誌様
          私もこの辺あまり詳しくないんだけれど、
          >日本人全員が同性愛者になったら、その時点で日本は滅び、韓国大勝利。
          100%でないにしても7割方そうなったら、子供はできないから滅びる、って話ならそうだと思いますよ。でもそうなったら、
          >同性愛者の結婚制度にはもちろん反対だけど。
          じゃなくて、むしろ同性愛者の結婚制度を確定し、海外含め養子を迎えて日本の文化や歴史を伝えていく方が大事じゃないかな。あ、その場合結婚制度は必ずしも必要はなく、子供の養育権さえ認めてもらえればいいのだけれど。

          さらにはファンタジィ的ですが、LGBTの中には性同一性障害って概念も入っているはず。例えば生物学的にはオスと産まれたけれども自覚としては社会的な女性と自分を認識する、それと同じくメスと産まれたけれど、男性と自分を思う。この両者がカップルになれば、子供が生まれる可能性は高い。まあレアケースでしょうが。
          性同一性障害がなぜ起こるか、まだ謎です。遺伝子の中に含まれている可能性を言う学者もいますし、実際、性同一性障害の場合、幼少期から自らの身体的特徴に違和感を持ってしむ例が多いのです。
          「女性は女性として生まれるのではなく、女性として育てられるのだ」みたいな主張はフェミニストの決まり文句ですが、どうもそれだけではないらしい。
          「俺は男だ。けれど男が好きだ」または女でも。という場合と性同一性障害は違うし、トランスジェンダーももちろん。バイセクシュアルはまあ趣味の問題かもしれない。
          >ノーマルな人間の性的嗜好は、人類を人類たらしめている特徴だね。
          意見として、はまあ常識的ですから反論する気はありませんが、人類ってそれだけのもんでしょうか? LGBTが一定数、どの国にも存在するっていう事実がかえって人類を人類たらしめている特徴ではないかと思うのです。韓国だろうが日本だろうがLGBTは存在するし、今後も消えない。
          ノーマルな人間と自己規定した人たちがそれとどう向き合うのか。民族なり国民なりの未来はその態度にも関わってくると思います。
          で、ちなみに、私は日本人及び日本を血統で考えていません。日本が滅びる時とは、それは日本の文化や歴史を受け継ぐ人間がいなくなり、培ってきた価値観や生活習慣(良きにせよ悪しきにせよ)が全く失われた状態をさしています。
          日本が沈没しても日本は残ると思っています。
           

          1. >日本人及び日本を血統で考えていません。日本が滅びる時とは、それは日本の文化や歴史を受け継ぐ人間がいなくなり、培ってきた価値観や生活習慣(良きにせよ悪しきにせよ)が全く失われた状態をさしています。
            日本が沈没しても日本は残ると思っています。

            八木淳一の望みは、まさに朝鮮人の望み通りですね。

            朝鮮人は日本を滅ぼしたいのではない。朝鮮人は日本人と結婚し、日本いう血統を滅ぼして、日本を乗っ取りたいのです。文化や歴史ごと。

            だからね、日本人には朝鮮人を受け入れろという、一方で自分たちは絶対に日本人を受け入れない。

      2. イリーガル・エイリアンさん

        サイコパスは、反社会的な人間ばかりがいる訳ではありません。
        社会性を身につけている人の方が多い。
        彼らは、情に流されることなく、合理的な判断が下せるので、集団に於いて役立つ場面も多々あったのです。
        それ故に、常に一定数が存在して来たのだと考えられています。

        生物として不利であるはずの、同性愛者が常に一定数存在し続けているのも、その個人ではなく、何か集団にとってのメリットがあるのではないか、という視点での研究があるのです。

        私が、上の2例を同じように扱っているのは、別々の論文なのですが、双方ともに脳科学的に分析されている記事を読んだからです。
        それによると、やはり同性愛は、ただの「趣味」とは言えないようです。

        ノンケの男女の「タイプ」とかも、自分で選んでいるようでいて、実は生物学的に分析できてしまう訳なので、同じと言えば同じですけどね。

    2. >cieさん
      >LGBT が、マジョリティになる事は決してないけれど、常に一定数いるのは何故か?

      例えばこんな風に考えられないだろうかと思う。

      LGBTを一括して考えるのではなくて、同性愛傾向と同一性障害傾向くらいに分けて数値化するとする。
      つまり、程度の問題はあれど、世の中全員傾向をもっていて、その程度が顕著に表れる人をLGBTと分類しているのだとする。
      なぜ、そういう人が現れるかと言うより、寧ろそういう傾向の程度があることの方が自然であると考え、どこかで線引きして分けるからLGBTという分類があるのだと考えるとする。
      そう考えると、傾向には数学的な分散があるはずだから人数の増加に応じて偏差値的に、極端な人が少数存在することになる。
      だから、LGBTと分類される人とLGBTとは対極的に存在する人が同程度存在することになる。

      例えば同性愛傾向を偏差値的に考えて70点以上がL又はGであるとすると、30点以下の人達はL,Gを敵視するような存在になるのかもしれない。この点数で言うと70点以下は、いわゆる分類上は普通に異性を愛する人と言うことになるけど、実は70点以下にもかなり差があるので、Bの人や同性愛に近い傾向が認められる人もいるというわけ。
      これは同一性障害的傾向でも同じように説明ができそうな気がします。

      繰り返しになってしまうけど、なぜいるのか?ではなくていることが当たり前で、分散の仕方で極端な人が現れると言うことだという解釈です。

      もう一つ、七誌さんが仰る
      >ノーマルな人間の性的嗜好は、人類を人類たらしめている特徴だね。<
      について、これを語るには先ず、人類ってなんだ?が先にあるから、いきなりこの言葉に言ってしまうのは極端かな。
      「ノーマルな人間の性的嗜好は、人類を生物たらしめている特徴」だとするなら正しいと思う。つまり人類が必ず生物でなければならないのなら、繁殖できないのは定義から外れるので、人類が人類たらしめる特徴であるとしても誤りではないのだけれど、人類が必ずしも生物でなくていいなら、「ノーマルな人間の性的嗜好は、人類を人類たらしめている特徴」であるとするのは誤りになる。

      私的には、人類は末永く生物であってほしいので、「ノーマルな人間の性的嗜好は、人類を人類たらしめている特徴の一つ」ということになっていてほしいと思うし、実際に人間社会を動かす多くな原動力の一つだと思う。差別的な意味は全くありませんけどね。

      1. >LGBTを一括して考える

        ま、その辺が、現代文明人類の識別能力の容量の限界でしょうね。
        例外だけを集合させて、その集合にラベルを貼るのは原理的に不可能。既に前世紀において論理数学の分野で証明済みです。

      2. また来たよさん

        私が考えているのではなく、欧米の研究の一例をあげただけなのです。

        ただ、日本だと、また来たよさんの仰るような、傾向の数値化で考えるのも有りだと思うのですが、
        欧米では、宗教的に迫害されて来た歴史があるにも拘らず、一定数が存在し続けて来ました。
        それは何故か? という考えになるのです。

        あと、「同性愛」と「性同一性障害」は別のものです。
        男として男が好きというのと、男の自分に違和感があって女になりたいのでは、違いますよね。
        トランスジェンダーは、( 男だけど ) 女として男が好きだし、自分が女になりたいだけで、男 ( 恋愛 ) には興味がないという人だっています。
        最近は性転換手術で、本来(?)の性を取り戻す(?)方も多いですよね。

        男性を例に取りましたが、女性も同様です。

        1. >cieさん
          >欧米の研究の一例をあげただけなのです。

          そのつもりで読んでますから大丈夫ですよ。
          実は数値でどうこうってのがキモではないのです。

          数値化できるって前提は「自然発生的に捕らえる」ということなんです。だから、

          存在し続ける→継承される、伝搬する→遺伝または文化的に維持する力が働いている。と言う見方ではなくて、

          いつだって、一定の確率で発生している。いつだって多様な人間が生まれてくるっていう見方。

          「同性愛」と「性同一性障害」のことは、あくまで私の陳腐なモデル化のためにピックアップしただけで、考え抜いた意味があるわけではありません。実際にはもっと沢山のパラメータがあって、様々な傾向がくみあわさっているんだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。