ソウル市、コロナ関連で3112人を対象に「警察と一緒に自宅まで追跡(自宅訪問追跡)する」宣言

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

そろそろこのネタも終わりにしたいところですが・・昨日お伝えした「7000人」のうち、ソウル市が確保している名簿は約5517人分です。その5517人の中、3112人と連絡が取れず、その3112人に対して、ソウル市が『警察とともに自宅追跡まで行う』と宣言しました。

まず、ニューシースの記事『連絡杜絶の3000人、自宅追跡まで敢行』から部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<パク・ウォンスンソウル市長は11日、ソウル龍山区梨泰院(イテウォン)クラブで発生した新型コロナウイルス感染症(コロナ19)と関連して、「イテウォンクラブ訪問者の中で連絡が届かない人には、警察と一緒に自宅訪問を追跡も辞さないだろう」と明らかにした。今2405人と連絡ができず、コロナ19診断検査を案内し、残りは名簿を虚偽記載したか、故意に電話を受けないでいる」と指摘した・・

 

・・パク市長は「(彼らに)自発的協力を勧告しており、緊急災害メッセージ継続的に送信してコロナ19の検査を受けるように誘導している」、「(検査をしても)個人的に不利益があるのではないかと検査を受けない人がいるようだが、身分が明らかにされたりしない。私たちは公然と知らせる理由もない」と強調した。

パク市長はそれでも連絡ができない場合、警察と協力して強力な追跡措置に出ると明らかにした。彼は「4月24日から5月6日の間に梨泰院クラブ行ったり、周辺にいた人は、症状がなくても選別診療所に行って検査を受けなければならない」とし「連絡が取れない場合は、警察庁と協力して、強力な追跡措置に乗り出す計画だ。クレジットカード使用内訳、CCTV基地局など使用して、その時間に訪れた人の自宅訪問追跡まで行う」と述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20200511090025015

 

「身分(誰なのか)は明らかにしない」というけど、彼がいつどこでなにをしたのか全てネットで公開してしまうから、簡単に特定されてしまいます。通っている会社もすぐニュースに出るし。

しかし、こういう話が何のためらいもなく出てくるあたり、K(警察)防疫の真髄を見た、な気がする内容でした。K(来るな)防疫かも。同じ話が続いていて、次こそは別ネタにしたいところですが・・

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。5月10日の文春オンラインで紹介される予定です!

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (122)

29 Replies to “ソウル市、コロナ関連で3112人を対象に「警察と一緒に自宅まで追跡(自宅訪問追跡)する」宣言”

  1. 自粛要請があったわけでも無く
    違法なことをしたわけでも無い
    ここまでされる理由って?
    ウリ以外には何でもOKな国ですなぁ

  2. コロナ再発での死亡者よりも、暴露での自殺者の方が上回りそう。

    ゲイ疑惑に留まらず、ビックリするくらい自分の娘に幻想を抱いている男親が多い(狭い私の交友関係調べ)韓国で、クラブ通いを暴露されると家庭の危機な女子も多そう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。