日本紙「日本は輸出管理厳格化の撤回を」/韓国ネチズン「要らない」「いまのままがいい」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

いつものパターンです。韓国政府が何か話す→日本政府はこれといって反応無し→日本のマスコミが韓国政府とほぼ同じ主張を記事にする。

今回の「日本は今月中に輸出規制(管理厳格化)解決方案を出せ」でも同じパターンになっています。ただ、韓国のネット世論は、『要らない』が主流のようです。

以下、聯合ニュースの記事、久しぶりにコメント訳付きで紹介します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<日本の朝日新聞は、安倍晋三内閣が、昨年、韓国に適用した貿易(輸出)規制を直ちに撤回し、韓日関係を改善する必要があると主張した。進歩(※リベラルのこと)性向の朝日は13日付の「コロナと韓日、危機を足場に協力を」というタイトルの社説でこのように明らかにし、4月の総選挙で圧勝した韓国のムン・ジェイン政府も「残りの任期中、対日政策において大胆な決断をしなければならない」と助言した。

新聞は新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の対応と関連した韓国の経験と対策が日本を含め国際社会に重要な事例となっているが、韓日両国間の「目に見える協力が不足して、嘆かわしいな状況が続いている」と診断した。

それとともに「韓国で医療物資を日本に支援しようとする動きがある。しかし、韓国政府は、一部の市民の反対運動を無視できない状況」とし「日本政府も韓国に支援要請をすることに慎重な姿勢を曲げていない」と指摘した。新聞は韓日協力を阻害する背景の一つとして歴史問題と、それによって続く葛藤を挙げた。

しかし、コロナ19事態に直面して消耗的な論争に陥っている余裕がないというのが朝日の主張だ。新聞は「両国政府は防疫問題の政治化を避けるべきである」とし「体面にとらわれずに情報を共有し、物資を互いに融通しながら危機を克服しなければならない」と主張した・・>

https://news.v.daum.net/v/20200513101141649

 

随分前に見た「クレヨンしんちゃん」のコミックにで、こんなシーンがありました。電車の中で、しんちゃんの友だちが、立っている御老体に「ここに座ってください」と自分の席を譲って、先生に褒められます。それを見たしんちゃんが、別の席にちゃんと座っている御老体のとこに行って、「あそこ(しんちゃんが座っていた席)に座ってください」と言い、その御老体が「もう座っているからいいよ」と冷や汗を流しながら答えます。韓国関連で支援、支援という話が出るたび、それを思い出します。

 

最後に、この記事に対するコメント、『支持(賛成)』が多い順で紹介します。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。5月10日の文春オンラインで紹介される予定です!

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5