韓国外交部長官、ドイツの放送で『私生活は絶対的な権利ではない』

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

最近あまり目立たない(あまり文大統領から信用されてない?)韓国の外交部長官、カン・ギョンファ氏。彼女が、ドイツの公共放送の一つ「ドイチェ・ヴェレ(Deutsche Welle)」に出演し、コロナ対応で私生活の侵害がやりすぎたのではないか、という質問を受けました。

ドイツの公共放送でこんな質問を受けたということは、フランスだけでなく、すでにドイツでも結構注目されているということでしょうか。

そこで、カンギョンファ長官は、「私生活は絶対的な権利ではない」「私生活は法律で制御されるべきだ」という趣旨を話しました。本エントリーのオチは、カンギョンファ氏が言った内容そのものではなく、ちょっとズレたところにありますが、それは最後に書くとして・・まず、記事を引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

まず、マネーSの記事です。

<・・カン・ギョンファ外交部長官が、ドイツ公営放送に出演して、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)防疫と関連して「患者の私生活を保護することと大衆を危険から保護することのバランスを取らなければならない」と強調した。

カン長官は13日(現地時間)、ドイツ公営放送ドイチェ・ヴェレに出演して「韓国のコロナ19患者の追跡システムが過度に私生活を侵害するのではないかという対談番組の司会者の質問を受けて、「私生活は重要な人権であるが、絶対的な権利ではない」と述べた。カン長官は「私生活は制限されることもり、法の枠内で制限されなければならない」と答えた。ドイツなどのヨーロッパの一部のメディアは、これまでコロナ19確定者と接触者の韓国追跡システムにプライバシー侵害の問題があると指摘してきた・・>

https://news.v.daum.net/v/20200514091617929

 

「世界から褒められている」はずの韓国の外交部長官に対して、なぜドイツの公共放送がこんなことを聞いたのでしょうか。おかしいですねー(棒

他にも、性的少数者への差別などについても質問を受けていますが、「差別なんかしていない」という趣旨で答えています。

さて、本文では「私生活(プライバシー)」としていますが、これを「人権」という一般的な単語に変えてみると・・カン・ギョンファ氏はもちろん、韓国政府の公式立場は、『慰安婦問題は人権問題であり、条約などで解決できるものではない』です。

しかし、必要なときにはまた手のひらを返し、『人権は法で制御されなければならない(法の範囲内で制限される)』とする・・これがダブルスタンダードに見えるのは、私だけでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (166)

111 Replies to “韓国外交部長官、ドイツの放送で『私生活は絶対的な権利ではない』”

  1. 日防疫に世界は戸惑っているようですね。

     やっている事は生ぬるい中途半端なもので、感染拡大防止効果は限定的としか思えない。けれども人口当たりの死者数などを見れば、欧米各国より桁違いで少ない。???が相当付くけれど、結果だけで見れば、防疫に成功した国に入るのは間違いがない。なんで???。

     文化や生活習慣の違いに原因を求めているようですが、それがどれだけ効いたかは解らない。要するに良くワカランけれど、感染拡大防止は出来ちゃった。そこに戸惑いがあるようです。

     法律だけではない、全体としての調和を取る方向に動けたということでしょう。個々に見ればはみ出し気味の所もあったでしょうけれど、全体的に概ね上手くやれる素地を持っていた。一朝一夕に出来る事ではなく、長い歴史と伝統の積み重ねのなせる技だと思います。

     日本の外務大臣が同じ事を聞かれたとしても、回答は全く別のものになったでしょう。日本の法体系では個人の権利に踏み込める限界があります。何でもかんでも法律という強権発動をしなくとも、破綻はせずに社会は概ね望ましい方向に進んだ。良く解らないので、理解されにくいし、マネも出来ない。どこかの国の防疫体制のように世界標準にはなり得ませんが……。

     何かを切り捨ててよいなら、それに見合う何かを得るのは簡単なんですよ。日本は全体の調和を重んじて、大きくは切り捨てずに同等の結果を得た訳です。この点は世界に誇っても良いかなと思います。何事も裏目に出る場合があるので、どこかの大統領のように手放しで自画自賛はしませんが。

  2. 人権は、全ての事柄に対して必ずしも優先されるものではない。
    例えば、Aさんの人権とBさんの人権がぶつかる事もある。
    だからこそ、より多くの人の権利を守るために、法律によって明文化してコントロールされている。
    当然の事を言っただけ。

    な・の・に、国内の実態が伴っていないからブーメランなのが笑える。
    お得意の、選択的〇〇というやつですね。
    二枚舌は信用されない。

  3. コロナ対策で韓国はドイツより上の国ニダ! 秘訣を下賜してやったニダ。
    ドイツ人たちは感謝し、テハンミングクマンセーを叫んだニダ!
    という報道ですか?

  4. 全ての事は犠牲に出来ますがそれに見合うものがあればと言う条件があります、韓国のコロナ禍の場合コロナウイルスを抑えきるのならと言う条件がクリアできるのであればプライバシーなんて犠牲に出来ます、韓国が一度沈静化して次に罹患者が出てきた時に見合うものはないなと韓国国民は理解したんでしょう、ゲイであったとしても1度目なら隠さなかったかもしれません、それでこのコロナ禍を制圧できると思っていたんですから。

  5. 人権派弁護士が大統領の国なのにねー
    北の人権にも関心ないしねー
    二枚舌、三枚舌は当たり前だしねー
    そんな国の大臣がなんで欧州のメディアに登場したの?
    自爆行為でしょうか?

  6. 人権屋ほど人権をおろそかにする奴はいない。自分の人権は守るべきものだが、他人の人権は利用するものぐらいにしか考えていない。そして利用できない他人の人権は制限されるべきものとして扱う。

  7. えーと、
    私生活は重要な人権・・・ これどういう意味なんだろうか。
    う~ん、鞭? じゃなかった無知?
    お? あ! そうなんだ、これは鞭なんだな。
    右手に鞭、左手に蝋燭? 文ばかとらを象徴しているということなんだな。

  8. 日本の緊急事態宣言一部解除に対して、なぜか韓国が大騒ぎして非難の嵐。日本は、この先、感染者が再び爆発的増加を示して滅びるのだそうだ。
    いやいや、別にそんな心配してもらわんでも。
    それほどこっち見ているヒマがあったら、自分とこのグラブ感染ルートを何とかしたら?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。