『相手を悪いというな。私が偉いと言え。そうすると嫌われることもない』???

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

一応、朝鮮日報の記事からの部分引用になりますが、本エントリーとソース記事の趣旨はまったく別となります。ソース記事はリンクだけしておきます。外部リンクにご注意ください。

韓国で論客とされるチン・ジュングォン(陳重權)氏が、未来統合党にアドバイスした内容、ということになっていますが・・引用し、少し文章を直してみると、こうなります。

「相手より自分が優れているとしないといけない。相手を『悪い奴』にするのではなく『劣っていっる奴』にしないといけないのだ。罵るのではなく、相手より私が前を走っているという感じを与えなければならない。そうすると、自分は嫌悪・忌避の感情を受けずに済む」。一行で、「相手を『悪いやつ』ではなく『劣っているやつ』にしろ」、というのです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「あいつは悪いやつだ」というと、「そんなこと言うなよ」と批判されることもある。しかし、「あいつは劣っている」、言い換えれば「私はあいつより偉い」という感じを与えると、批判されずに済む、という内容になりますが・・いや、いくらなんでも、これはちょっと。

ちょうど今月7日、本ブログは「あいつは落後(落伍)している。私と意見が違うのが根拠だ」というエントリーで、「韓国社会では、自分と意見が違う人を『落後している』と決めつける」と書いたことがあります。大学教授が、対日政策で意見が違う人たちを「落後している」と表現している、そういう内容でした。

 

そういえば、最近韓国で発売された日本関連書籍に、『日本、悪い国ではなく痛い国だった』という題のものがあります。韓国の通販サイトから書籍の要約を読んだだけなので本そのものに対する評価はできませんが、基本的に『悪いという価値すら無い。むちゃくちゃな痛い国だ』というものでした。

実はこれ、新刊となる『高文脈文化 日本の行間~』でも似たようなテーマを書いています。韓国では『悪い』というのも結局は上下関係の一つの現れでしかありません。だから、「お前は悪い」は「お前は『下』のやつだ」という意味になります。どことなく、社会の人間関係そのものが、「お前は惨めなやつだ」と相手に植え付ける、イジメ問題の心理とも似ています。

暴力で殴るのではなく、言葉で相手を蔑視します。「お前はダメなやつだ、お前はダメなやつだ」。それで、自分が相手より優れた人間になれたような、そんな快楽を味わうことができるからです。日本を「悪い国ではなく痛い国だ(悪いという価値もない、ただ嘲笑え)」としたのも、似たようなやり方かもしれません。

 

「相手を悪いやつだというのではなく、私が優れていると示せ」。しかも文章のニュアンスが、優れている『感じ』を与えろ、すると批判される(嫌われる)こともない・・となっていて、さらに困ったものです。ある意味、相手を上下関係に弱い韓国社会ならではのアドバイス、すなわち韓国で有効といえば有効なアドバイスだと言えなくもないでしょう。しかし、こういうのを『こうすると批判されずに済む』というのは、さすがに、悲しすぎないかな・・そんな気もします。こんな文章を書くと、しばらくはかなりキツイです。まだまだクモリ経験値が足りないようです。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (164)

“『相手を悪いというな。私が偉いと言え。そうすると嫌われることもない』???” への79件の返信

  1. だから日本の不幸を嗤い(大震災の時)
    デマで足を引っ張り(放射能汚染)
    相手を落として上に行きたいんだ
    自分が憐れにならないのかね?
    そんな人間が集まっているなんて
    地獄に落ちた人間が生まれ変わる場所だね
    おーこわ

  2. 儒教、朱子学の影響の自覚を持てたらちょっとは変わる…かも?無理か…?

  3. 「痛い◯◯」という表現の仕方自体が日本語的と感じるのだけど、違うのかな。「痛い奴」とか「痛車」とか。

  4. 「悪い」と「劣ってる」の区別をするのかと思ったら違った。しかも「悪い」ほうが、まあそう言うなと庇われるらしい。

    ここ、うちは逆ですかね。劣ってるとは違いますが、未熟だったり至らないとか、本当に出来ない場合のほうが庇われましょうか。それで可能なら涵養したいものです。

    言わんとする所は何でも対決姿勢で批難や反対、レッテル貼りに傾注するのではなく個別の事例の問題点の指摘の方に力を入れろということ、罵倒合戦には益が薄いといったお話かと思うのですが、劣っている、後進的だという「感じを与える」ってのはまた別のレッテル貼りか印象操作でしかない様にも受け取れますね。

    印象操作でも親日派だの積弊だの叫んでどうにかしようとするよりは思慮を巡らせようという意見でもあると思います。

    まあなんですか。千里の道も一歩からと言いますし、そんなに気落ちしなくても宜しいのでは……だとといいな。

  5. いみわかんねぇー

    幼稚というか、馬鹿というか
    世界が違うんだな~w

  6. いやもう日本人からしたらちょっと何を言ってるかわからない
    韓国人からすると謙虚こそ最大の悪手なんでしょうね
    文化と言えばそれまでですが、日本と韓国の間に海があってよかったです

    1. >韓国人からすると謙虚こそ最大の悪手なんでしょうね

      本当にそれ。
      日本人が謙虚であることが、朝鮮人ととても相性が良すぎるのです。

  7. いたよ。そんな主張する人が職場に。みんなに嫌われてた。
    ババ抜きのババ扱いで職場を変わって行った。

コメントは受け付けていません。