『相手を悪いというな。私が偉いと言え。そうすると嫌われることもない』???

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

一応、朝鮮日報の記事からの部分引用になりますが、本エントリーとソース記事の趣旨はまったく別となります。ソース記事はリンクだけしておきます。外部リンクにご注意ください。

韓国で論客とされるチン・ジュングォン(陳重權)氏が、未来統合党にアドバイスした内容、ということになっていますが・・引用し、少し文章を直してみると、こうなります。

「相手より自分が優れているとしないといけない。相手を『悪い奴』にするのではなく『劣っていっる奴』にしないといけないのだ。罵るのではなく、相手より私が前を走っているという感じを与えなければならない。そうすると、自分は嫌悪・忌避の感情を受けずに済む」。一行で、「相手を『悪いやつ』ではなく『劣っているやつ』にしろ」、というのです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「あいつは悪いやつだ」というと、「そんなこと言うなよ」と批判されることもある。しかし、「あいつは劣っている」、言い換えれば「私はあいつより偉い」という感じを与えると、批判されずに済む、という内容になりますが・・いや、いくらなんでも、これはちょっと。

ちょうど今月7日、本ブログは「あいつは落後(落伍)している。私と意見が違うのが根拠だ」というエントリーで、「韓国社会では、自分と意見が違う人を『落後している』と決めつける」と書いたことがあります。大学教授が、対日政策で意見が違う人たちを「落後している」と表現している、そういう内容でした。

 

そういえば、最近韓国で発売された日本関連書籍に、『日本、悪い国ではなく痛い国だった』という題のものがあります。韓国の通販サイトから書籍の要約を読んだだけなので本そのものに対する評価はできませんが、基本的に『悪いという価値すら無い。むちゃくちゃな痛い国だ』というものでした。

実はこれ、新刊となる『高文脈文化 日本の行間~』でも似たようなテーマを書いています。韓国では『悪い』というのも結局は上下関係の一つの現れでしかありません。だから、「お前は悪い」は「お前は『下』のやつだ」という意味になります。どことなく、社会の人間関係そのものが、「お前は惨めなやつだ」と相手に植え付ける、イジメ問題の心理とも似ています。

暴力で殴るのではなく、言葉で相手を蔑視します。「お前はダメなやつだ、お前はダメなやつだ」。それで、自分が相手より優れた人間になれたような、そんな快楽を味わうことができるからです。日本を「悪い国ではなく痛い国だ(悪いという価値もない、ただ嘲笑え)」としたのも、似たようなやり方かもしれません。

 

「相手を悪いやつだというのではなく、私が優れていると示せ」。しかも文章のニュアンスが、優れている『感じ』を与えろ、すると批判される(嫌われる)こともない・・となっていて、さらに困ったものです。ある意味、相手を上下関係に弱い韓国社会ならではのアドバイス、すなわち韓国で有効といえば有効なアドバイスだと言えなくもないでしょう。しかし、こういうのを『こうすると批判されずに済む』というのは、さすがに、悲しすぎないかな・・そんな気もします。こんな文章を書くと、しばらくはかなりキツイです。まだまだクモリ経験値が足りないようです。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (164)

“『相手を悪いというな。私が偉いと言え。そうすると嫌われることもない』???” への79件の返信

  1. >日本を「悪い国ではなく痛い国だ(悪いという価値もない、ただ嘲笑え)」としたのも、似たようなやり方かもしれません

    いやぁ~

    ( ̄▽ ̄;)寄生虫に言われても
    どうすればいいんでしょうかねぇ……
    何を思おうと勝手ですが
    韓国だけで自立できる様になってから
    やって欲しい訳なんですけどね、こちらとしては

  2. >今までずっとここに取り上げられていることを韓国人はみんな納得しているのですか?一部の人だけの言い分ではないのですか?

    納得しているかどうかで言えば、韓国人の全員ってわけじゃないでしょう。しかしながら「一部の人」という表現も正しくないように思います。
    強いて言うなら「かなり多くの人は」「多数派は」だと思うね。

  3. >「相手より自分が優れているとしないといけない。相手を『悪い奴』にするのではなく『劣っていっる奴』にしないといけないのだ。

    「私はおまえよりも知能指数が20は上だ」

    何が違うのだろうw
    言ってることは同じ主旨w

    で、ソレを証明できないwココではなw

    コッチは「めんどくせw ◯大卒ってことにしといてやるよ」って思ってるだけだし。
    ◯大出てれば偉いのか?(大笑い)
    ただ、高校時代に勉強だけできただけじゃんかw

    経験上、いわゆる「下」の大学卒でも尊敬できる人もいた。
    「記憶力だけは優秀だが、仕事ができない早慶クラスの人」もいた。

    学歴自慢はせいぜい30歳まで。

    文章を読めばわかる。
    難しいことを難しく書くのは、賢いとはいえんw
    難しいことを誰でもわかるように簡単に書ける人は「偉い」と思う。
    揚げ足取りなんか気にしない。
    ポイントを抑えて、まず主張を理解させる、、。

    いるだろ?
    「結局何言ってるかよくわからない」ってのw

    1. 「ポイントを抑えて」

      「ポイントを押さえて」
      かな。
      訂正。

    2. 「何言ってるのか分からないけど、間違っているのだけは明白」なのは、いますねwww

      私は、小学生の頃に気付きました。
      1「記憶力が優れているのと、賢いのは、違う」
      2「知能が高いのと、賢いのも、違う」
      中学生の頃、真剣に悩みました。
      「記憶力が衰えてきた。自分はバカになったのだろうか?」
      そして気付きました。
      「オレは、知能が高いだけで、元々バカだった。まあしょうがない、少しはマシなバカでいよう」

      それ以来、あいつは頭が悪いから、という理由で他人を見下したことは、無いです。
      私が他人を見下す理由は、「品が無い」「論理が破綻している」「無責任」「卑怯」などです。さすがに「いっさい他人を見下さない」というほどは人間ができていません。
      自分がそういう行いをしたと気付いて、自己嫌悪に陥る事も有ります。

      しかし「自分の方が先を行っているから偉いのだ、という理由で他人を見下せば、批判されない」という世界が在るとは…すごいですね。
      全然、思いつかない。

      1. >私は、小学生の頃に気付きました。

        やっぱり気がつく人いるんですね。私も中学生くらいの頃、同じように自分の記憶力が少し落ちたことに気がつきました。
        もともと勉強はあまり好きじゃなかったんで、社会とかの教科で丸暗記の能力が少し落ちたかもと思ったときには焦りました。
        時間をかけて少しずつ、しかも大人になってからこれに気がつく人は多いと思っていましたが、子どもの頃からそれに気がつける人の話って、あまり聴かないのでちょっと驚きました。

        何時の頃だったか、筋肉の多い人が重たいモノを持ち上げるのと、そうでない人が持ち上げるのとでは労力が違うというのを聴きました。
        その頃から、では合理的に考えて、体力のあるものは体力を使うことが、知力のあるものは知力を使うことが正しいと思えるようになりました。優れているならそれを提供できることこそ素晴らしい。

        それは当然他の能力にも当てはまり、体力にも持久力や瞬発力の違いがあるように、知力にも様々な能力があることに気がつきました。それぞれが持てる個別の能力を、それぞれの提供できる形で発揮することが素晴らしい。

        私も人間ができていませんし、こびり付いた偏見のコレクションから正しさを見いだそうとしたりしますが、本当はそんなものはつまらない話なのかもしれませんね。

        でも、全く偏見のない人間なんて、本当に信用に値すると思いますでしょうか?それが本当に人間と言えるのか…程度の問題こそあれ、人は皆あらゆる能力に偏りや差があって補い合いながら生きています。

        知能と賢さについては、私には両者の違いがよく分かりませんが、知能指数と知能/賢さには、少し違いがあると思います。そういう意味では人の知能が簡単なテストで計れるほど単純なものではないとは思います。一方で、単純なテストで計れる能力もあると思いますけどね。

        1. また来たよさんへ
          「知能と賢さは違う」
          このテーマで、雑談しましょう⇒雑談ルームへ

  4. >優れている『感じ』を与えろ、すると批判される(嫌われる)こともない

    日本では、のべつ悪口を言っている人はもちろん、自慢話ばかりする人も嫌がられると思うので、どちらにしても嫌われるんじゃないでしょうか。

  5. まず朝鮮人は、この上下関係の世界を嫌っている。だから国外へ逃亡するし、在日朝鮮人は帰らない。皆がこういう世界を嫌いだという。

    一方で、朝鮮人が甲になれば、必ずこういう世界を作る。じぶんが甲になれば、それは甲の横暴ではないのです。

  6. おはようございます
    シン様ご指摘の通り、これ、いつものウリナム甲乙を「ちょっと柔らかく(韓国基準)」で言っただけですね
    それで「偉そうにすればいいと言うが、それを相手が認めなかったらどうするんだ?」という相対的な考察が一切ありません
    こういう所でも、「韓国はそうぞう力(創造・想像)がない」と言われる部分を発露するとか、どうしようもないですね
    そりゃ韓国の常識なんぞ知らん韓国外からは「ナニ言ってんのお前?」ってなりますよ

    なお、ちょっとおかしい、と言うところからは「理解しよう」という興味を持って、そこから「愛」に進むことはありますが、
    「どうしても理解できない、共感も出来ない」という相手に対しては最初は不快、ついで恐怖からの反発、ついには憎しみ、攻撃対象に発展しますよ
    生物にとって一番の恐怖というのは「理解できないモノが関わってくる(おそらくはそいつらは生命に危機を与えると感じる)」ことなんですから
    #ジャパニーズホラーの基本でありますな、最近じゃあ海外モノでも理解不能な対象をモンスターとするようになりましたし

    今現在韓国が叩かれ始めているのは、ようやくそれまで興味のなかった国々、人々がやむなく関心を持った結果、この「理解も共感も出来ない」事を理解し始めたからでしょう

  7. > 韓国では『悪い』というのも結局は上下関係の一つの現れでしかありません。

    じゃあ面倒だから、下を意味するものは全部「お前は下だ」でいいでしょ。言い方を変えてもつまるところ言いたい事はそういう事なんだよね。

  8. >『相手を悪いというな。私が偉いと言え。そうすると嫌われることもない』

    メンツ(面子)の社会で、Identityを保とうとしている行為

    ※私なら、他人と会わずに引きこもっていたほうがいい(笑)

  9. 韓国人は、善悪、好き嫌い、偉い偉く無いなど、全部別々のところを、上下だけで一括りにしか理解出来ない。
    偉い=善い=好き、以外は無いのだろう。
    大統領が、捕まる国だから、現実とは乖離している、
    儒教思想の様に、価値観を固定化する事で、愚民が理解しやすくなり、権力者が支配しやすくなるのでしょう。

  10. 今までずっとここに取り上げられていることを韓国人はみんな納得しているのですか?一部の人だけの言い分ではないのですか?民主主義教育を受けたり海外との交流も自由にできたり、少しは近代化している国なのになぜこんな人道的にも社会的にもひん曲がった考えを持ち続けるのですか。それこそ民度の低い、低い国民なんですね。友達にこういうのがいたら誰も相手にしませんよ。

    1. 韓国人が、やる事だし、やってる事だと思いますが。
      こうしたら得をする、相手を騙しやすくなるという、詐欺師講座の入門編みたいなものです。

    2. >それこそ民度の低い、低い国民なんですね。

      同質的な文化や価値観、方言はあっても言葉は通じる、意思疎通もそれなりにできて安定してる。そんな島国で暮らしていると、われわれ日本人には中国や韓国が異質に感じます。でも、意外と世界中こんな「野蛮」な連中ばかりかもしれません。武力でも経済でも常に世界中に「紛争」があります。それこそ至るところ「人道的にも社会的にもひん曲がった」やつらばかりです。

      もしかしたらそっちの方が「世界標準」なのであって、ひとり「異質」なのは日本の方かもしれません。

コメントは受け付けていません。