デイリー新潮に記事が載りました

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

今度はデイリー新潮に記事が載りました。短いですが、ぜひお読みください。

<文在寅も高笑い「慰安婦婆さんニセ者」説に踏み込めない保守勢力のジレンマ>

https://www.dailyshincho.jp/article/2020/05160557/

ヤフー版はこちらになります。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200516-00628818-shincho-kr

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

こちらは、前にも紹介しましたが、文春オンラインの方です。

まだの方はぜひお読みください。

 

「返してほしければ、お前が『下』であることを示せ」なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(#1)・ヤフー版はこちらです

金を借りるのは当然の権利……韓国に蔓延する「ウリ意識」の底にあるものとは?(#2)・ヤフー版はこちらです

デイリー新潮、文春オンラインの方々、ありがとうございます。

 

ちなみに文春オンラインの方は、さっそく韓国の某紙に『日本のメディアがシンシアリーの本を引用して韓国人は借りたお金を返さないと言った』と記事にされ、叩かれまくりました。リンク紹介だけで恐縮ですが、今朝はこれにて失礼いたします。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (150)

33 Replies to “デイリー新潮に記事が載りました”

  1. 「慰安婦婆さんニセ者」説……ねぇ……

    連中に言わせると
    旧日本軍はJeepに乗っていたそうですから

  2. 自分もまた後頭部を殴られたって、本気で言ってるんですか?w ひょっとして日本に来てから後頭部が再生したとか?

  3. 「もっと根本的なスタンスの変化に繋がる指摘を、韓国の保守系言論に期待していた私もまた、後頭部を殴られたのかもしれない」
    シンシアリーさん甘すぎる。
    まだ少しでも希望を持ちたいのでしょうか?
    日本人の私から言わせてもらうと
    「馬鹿に付ける薬はない・・・馬鹿を治す方法はない。馬鹿者は教え導く方法がない」です。

  4. 言うても、新潮にしても文春にしても、
    商売のためなら同じ雑誌の中で真逆の話を同時掲載して、
    両方からのアクセスを稼ごうとする
    中央日報みたいなもんですから

    アクセスした中の一人がワシなんだけど

  5. 日本のコメントでも多くの人が言及していましたが、シンシアリーさんの、韓国の人はお金を返さないという指摘に対して、いや、そんなの嘘だ、俺は返してるし、返さない奴はいない!とか、そもそも、すぐにカネを借してくれなどということなど韓国ではおきえない!と言った反論が皆無だっだのには思わず笑ってしまいました。

  6. 韓国人、激オコwwww!。
    韓国の人に比喩的表現って通じないみたいですね。
    メディアの人にも通じないのか、敢えて そう捉えているのかww。
    前者だと報道に携わる資格無し!。

  7. えー?アノ文春に続いて
    アノ新潮って…
    さすがシンシアリーさん
    有り得ないバランスの良さ(;^_^A
    おめでとうございます。
    御身御無事お祈り致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。