慰安婦団体問題、なぜか「NO 安倍」フレーズが拡散

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

慰安婦団体、正義記憶連帯問題・・尹美香(ユン・ミヒャン)問題とでも言いましょうか。その問題に、なぜか「NO安倍」というフレーズが拡散されているとのことです。

ユン・ミヒャンを攻撃するやつ=土着倭寇=親日=安倍が悪いという流れになるからです。安倍総理、万能すぎます。この理屈だと、韓国の社会問題ほぼ全てをNO安倍で分析できそうです。

以下、国民日報の記事から部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<ユン・ミヒャン21代国会議員当選者は、正義記憶連帯の運営に関する疑惑が浮上すると、先週SNS文を通じて「家族と知人の全ての情報をバラされたジョグク前法務部長官が思い出される。怖くない。堂々と対抗する」と明らかにした。進歩(※左派)陣営がチョグクのように自分を庇ってほしい、メディアも自分を同じ級で扱ってほしいという意味なのかどうかは、よく分からない。

とにかく「正義記憶連帯を攻撃するやつは土着倭寇だ。NO安倍」という文と絵がTwitter等で広がるのを見ると、国を二分したチョ・グク事態のようになる可能性はある・・

 

・・まず、敵と味方がハッキリ分かれた。進歩と保守陣営に分かれ、それぞれ、言いたいことだけ言って、認めたいものだけ認める。いわゆる『選手』たちが量産されたのも似ている。オンラインコミュニティーでも戦いが加熱されている。「土着倭寇・シーズン2」に見える攻勢が始まり、保守側では進歩団体の疑惑と不透明性を攻撃する・・

・・正しいから正しいのではなく、私の味方だから正しいというその幼稚さが、すべてを無茶苦茶にしてしまう。>

https://news.v.daum.net/v/20200518040200708

 

最後の文章は、それはもうごもっともですが、韓国では成立しないでしょう。そもそも韓国で言う「正しい」は自分または自分側(ウリ)に得になるかどうかであるため、「『正しい』とは、自分が損をしながら主張するものではない」からです。ユンミヒャン氏もそうだし、慰安婦もそうだし、右も左もそうです。「ウリだから正しい」を無くすなら、それはその時点で韓国ではありません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5