またスーパースプレッダーか・・『嘘つき講師』発で25人感染、関連接触者は数千人か

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

シンシアリーの周辺でも、再開または再開予定の店が増えつつあります。嬉しいことです。安倍総理も櫻井よしこさんとの対談で言ってましたが、『欧米のような強制力は無いが、日本人が力を合わせると出来る』ということ、まさに皆さんの力です。

しかし、油断大敵。本ブログでも何度か紹介していますが、K(こうであってはいけない)防疫シリーズ、今日は仁川(インチョン)の塾講師の話です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

1週間前にも同じ趣旨のエントリーがありましたが、そのときも登場した塾講師のA氏。A氏から始まった感染が、広がりつつあります。得に、感染者にはタクシードライバーが二人、学習誌講師(※自宅を訪問して自社の教材で子供に勉強を教える人たち)などが含まれていて、感染可能性がある人は数千人に及ぶとのことです。

<本人の身分と動線のことで嘘をついた仁川(インチョン)の学院講師確診者と関連する感染事例が急速に増えている。特にこの講師と2次感染者などが利用したカラオケ、ネットカフェ、タクシーなどの利用客が数千人にのぼると推定され、これらの中で確診者はさらに増える可能性がある。19日仁川市によると、塾講師A(25歳)氏と関連感染者、同日8人が追加され、25人になった。追加確診者はカラオケ4人、カラオケと同じ建物のネットカフェ1人、タクシーの乗客2人、タクシーの運転手の孫1人などである・・>

https://news.v.daum.net/v/20200519173559012

 

A氏と同じ塾の講師B氏が感染→B氏が利用したカラオケでタクシードライバーC氏と息子Dくんが感染→B氏、DくんからDの母親、学習誌講師のE氏が感染・・の流れになっています。

ちなみに、この仁川での件以外は、梨泰院発感染関連の記事が急減しました。先週金曜日あたりに『まだ2000人以上と連絡ができずにいる』とされていましたが、急に『もう検査するところは全部検査した』『山場とされていた週末が過ぎたからもう大丈夫』なムードになっています。本当に収まったならそれでいいですが・・なんか、急に記事が無くなって、逆に不自然な気もします。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (159)

63 Replies to “またスーパースプレッダーか・・『嘘つき講師』発で25人感染、関連接触者は数千人か”

  1. 大丈夫です。
    韓国には文大統領と K”防疫、先進国に与えられる”検査キット”があります。
    追加でキムチ汁を飲めば完璧です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。