何も変わらなくても「国格」は上がる?それはありえない

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

大勢の人命被害が出たある事故のことで、『国の格は上がったのに、何も変わっていない』という言葉が出てきました。

妙なことですね。国の格が上がったなら、それは『何かがいろいろ変わった』、基本的には『良くなった』結果であるはずですが、なんで国の格が上がったのに何も変わっていない、という文章が成立するのでしょうか。

先月29日、韓国のインチョンというところにある冷凍倉庫で火事が発生し、38人が亡くなりました。その件について、アメリカ3M安全環境研究所先任研究員で、韓国産業安全保険公団理事長でもあるパク・トゥヨン氏は、こう話しています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

『あの時と同じだ。国格は上がったのに、何も変わっていない』。あの時とは、2008年のことです。同じインチョンの別の冷凍倉庫で火事が発生、40人が亡くなりました。パク理事長は当時も産業安全保険研究院長として、その件を担当しました。

2008年も2020年も、根本的な事故原因は同じです。事前に問題を指摘されても、事故が起きたわけでもないから直さず、また指摘されて、また放置して、そしてその問題に起因した事故が発生するパターンです。

他にも、安全基準を会社と労働組合が話し合って決めようとする慣例(パク理事長は、安全はそんなふうに妥協できるものではないとしています)、安全事故の量刑が軽すぎる(処罰出来る法律そのものは世界でもっとも厳しい方なのに、実際に裁判所の判決は弱すぎる)、変わらない安全意識、などなど。そういう点にいて、パク理事長は、『何も変わっていない』とします。ソース記事は中央日報です。

https://news.v.daum.net/v/20200519003954031

 

パク理事長の主張には(現実性があるのかどうかはともかく)同意できるところも色々ありますが・・変わってないなら、国格も上がってないはず。

繰り返しになりますが、国の格が上がるというのは、そう短い間に出来ることではありません。少しずつ蓄積され、上がるべくして上がる、上がるべきでないならいつになっても上がらない、そんなものでしょう。言わば、少なくとも本題のテーマにおいては、『いろいろ変わった結果』が格の変化であるはずですが・・

ふっと、曇った心の私の目に、『国格は上がったのに、何も変わっていない』が、こう見えました。『何も変わっていないのに、国格は上がっていないといけない』。安全に対してここまで肯定的な話が出来る人でも、この『~でないといけない』の呪縛からは逃げられないのでしょうか。

そう考えると、韓国が「格」という言葉に一々焦る・・まさに一喜一憂する姿とオーバーラップするようにも思えます。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (146)

78 Replies to “何も変わらなくても「国格」は上がる?それはありえない”

  1. 国の格が上がる?
    何がどうなると格が上がるのかを明確にしないで言う。
    これこそが妄言というものでしょうに。

  2. 基本的に、「自分たちは最上位である」という精神状態と、そうではない現実とのギャップで常に恨を募らせているから、そのギャップがわずかでも埋まったと(または埋まったと錯覚)認識できれば国の格は上がるのでしょう…彼らの中では

    前提条件の「自分たちは最上位」を捨てれば幸せになれるのに

  3. いいことばかりはありゃしない、、、
    かっこ悪くて、情けなく、涙もでやしねえ。
    見栄っ張りだから平気な顔してるけど、、、

  4. 格上になること自体が自己目的化している。で、格が上がったかどうかのネタをいつも探している。
    問題が起きた時にも、どう解決するかとかなぜ起こったかを論ずる前に、上がった下がったを言わないと次に移れない。往々にして上がった下がった、だけで終わることが多い。

    多分ですが、ねじくれた華夷秩序の中にいる。
    清王朝に隷従しながら、「あいつら北狄、今や本当の中華はウリなのだ」とうつうつ。
    清からひっぺがされて、あまつさえ東夷に組み入れられて、さらに放り出されて、なんと今度は中国軍に攻め入れられた。
    こりゃあ、グレるよな。
    書いていてかわいそうになってきた。
    いいもん、俺が中華なんだもん国格がどんどん上がってるんだよ。

  5. 国の格が上がると、どうなると朝鮮人は考えてるんですか?
    おそらく相対的に格が下がった国、およびその国の人間??が何かをウリにしてくれると、思ってる?
    具体的に、どの国(の誰)が朝鮮の誰に何をするようになると考えてるんですか?

    国の格って何?

    1. 朝鮮式価値観の基礎は、
      「格上は、格下に、何をしても良い」ですから、
      「韓国人が考える『国の格』」が上がれば、国際社会で、それだけ「居丈高に振る舞い、傲岸不遜に横車を押す」ことが出来るようになるのです。
      つまり、今「中華人民共和国」がやってるように、出来る。
      これまで、「イギリス」や「フランス」や「ドイツ」や「アメリカ」や「ソ連」がやって来たように、出来る。
      あの「本来ウリナラより格下であるべき『日本』でさえ」も、そうして来た、なじぇウリナラがそうしてはいけないニカ?
      そう、思っているのでしょう。

      大国は「好き勝手に」振る舞っているようにしか、韓国人には見えません。実際、そういう側面は有りますから。
      しかしその裏で、大国は「覇権国家またはそれに準ずるもの」として「国際社会の枠組みを維持するために」コストをかけ、ノブリス・オブリージュを果たしています。
      そのコストの事は、多分、韓国人は考えていない。
      いわんや、ノブレス・オブリージュにおいてをや。

      1. 食えない飯には灰を入れろ
        が諺の国です
        ノブレスオブリージェなどは…
        英国王室が軍隊に入るのは理解できないでしょう
        兵役逃れが賢いんですから

  6. >安全に対してここまで肯定的な話が出来る人

    まさに口だけなら何とでも言えるってことです。
    シンシアリーさんが書かれてますが、問題点を指摘されても実際の対策を何もしてないので何度も事故を起こす。
    韓国の場合、この事故は必然的に起きたと言えるでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。