本物の「検察掌握」が進行中の韓国、「安倍が検察掌握に失敗」と盛り上がる

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国側では、『安倍の支持率急落!』『検察を掌握しようとして大失敗!』というニュースがかなり目立ちます。レームダックだとか、「韓国に支援を乞わなかったからコロナ対応に失敗し、日本国民に怒られた。だから検察掌握も失敗した」というSF小説を書いているところもありました。

・・ですが、妙なことに、本ブログが今朝エントリーしようとしていた内容が、文在寅大統領の検察掌握関連です。不思議な国です、本当に。

本ブログでも何度か紹介した高位公職者犯罪捜査処というものがあります。基本的に、高位公職者(大統領含め)を捜査することになったら、検察はこの高位公職者犯罪捜査処に事前に知らせないといけません。去年12月、検察は「検察の捜査の過程で発見された高位公職者の犯罪情報は、まず高位公職者犯罪捜査処にかならず通報しなければならない」としながら反発しました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

普通、検察は高位公職者の捜査に関しては法務部・大統領府に事前に捜査を知らせることはしなかった、とのことでして。記事によると、検察は「高位公職者犯罪捜査処」が捜査情報を大統領府や与党と共有する可能性を指摘し、「事実上の捜査検閲になる」と主張しています。詳しくは過去エントリーを御覧ください

この高位公職者犯罪捜査処、いよいよ7月には始まるということになっていますが・・・なんと、政府庁舎と同じ建物に入ることがわかりました。

 

YTNの記事によると、「今年下半期スタートする高位公職者犯罪捜査処が、果川(クァチョン)の政府庁舎に入ることになりました。敷地の規模とセキュリティなどを考慮した選択だというけど、独立性毀損という議論も起きています・・・立法・司法・行政のどこにも属さないという高位公職者犯罪捜査処が、行政部が管理している庁舎に入るのは独立した捜査機関という趣旨に反するとの指摘も出てきます。特に、政府庁舎に出入りする際には、訪問者の身元を必ず記録するようになっており、誰が高位公職者犯罪捜査処の調査を受けるか、政権にさらされる懸念も提起されています」、と。

https://news.v.daum.net/v/20200513223713737

 

いや、これちょっと露骨すぎないか・・と思いましたが、それだけでもありませんでした。法務・検察改革委員会というところが検察人事改革案(そのまま検察庁法改正案となります)によると、『法務部(政権が掌握済み)長官が検事の任命を大統領に要望するとき、検察総長(対立中)の意見を取り入れる』とする内容が消されていて、検察総長の意見とは関係なく法務部長官と大統領だけで任命できるようになっている、とのことでして。

https://news.v.daum.net/v/20200519054800999

こんな中、アベガー検察をーというニュースが溢れています。本当に安倍という言葉は万能ですね。ひょっとしてコロナ治療(韓国限定)にも使えるかもしれません。『韓国でコロナ患者が増えると安倍が喜ぶぞ』と言うと、すぐ治ったりして・・・

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (122)

60 Replies to “本物の「検察掌握」が進行中の韓国、「安倍が検察掌握に失敗」と盛り上がる”

  1. >ウルさんへ

    定年退職延長自体は、おそらく与党も野党も
    賛成だったんですよ。

    人生100年時代を前にして
    公務員の定年退職を引き上げたい。

    そしてそれは
    官僚トップからじゃないとできない。

    なので、なんとか前例を作りたかった。

    それはむしろ自治労を支持母体に持つ
    民主党政権が果たさなければならないことなんです。

    今回はやりかたが悪かった。

    共産党を除いて、ほぼ全員が望むことであっても、
    筋を通さず、周りに有無をいわせない手続きを踏まずに
    やったことが失敗の理由。

    だから、安倍政権はさっさと撤回したんです。
    どのみち、自治労は自民党の支持母体じゃないしね。

    麻生さんが前にいってたわ
    「労働組合は、陳情だけは自民党に持ってくるくせに、
    支持母体は民主党なんだから、ばかばかしくてやってられねぇ」
    って。

    あと森大臣は更迭でいい。

    手続きを軽視する人が、法のトップであっていいわけない。

    1. >今回はやりかたが悪かった。
      >共産党を除いて、ほぼ全員が望むことであっても、筋を通さず、周りに有無をいわせない手続きを踏まずにやったことが失敗の理由。
      >だから、安倍政権はさっさと撤回したんです。
      >どのみち、自治労は自民党の支持母体じゃないしね。

      わざとでしょ?森大臣はおそらくスケープゴート。
      裏でシナリオ書いたのが誰かは知らんけど。

  2. まぁ、韓国政府は上手くやってるのに、安倍政権は失敗したと言われればそうだろうね・・・日本の方は「検察掌握」と言うと大げさだが。
    ただ、今回の法案に反対する人を左翼と決めつけるようなコメントがチラホラ見かけられたのは、少し不安になったな。親安倍政権であれば、出す法案総てに賛同しなければならないような言いざまは、それこそ韓国的な「ウリ」「ナム」の考え方に毒されてるんじゃないかと心配になる。
    検察組織が組織体系的に内閣の下に属し、内閣が任命・罷免権を持っているとしても、方向的に独立性は高めていくべき組織であり、今回の法案はそれに逆行する法案であったことは確か。
    「たかが最長3年の延長で」と思うかもしれないが、時と場合によってはそれが大きな意味を持つこともあり、任命・罷免と違って「延長の同意」は目立たない為、大なり小なり悪用される可能性は充分にある。
    まぁ、次回はちゃんとした修正案を出してくれると信じているが、安倍政権支持者も法案への賛否を支持故に決めるのではなく、内容によって決めて欲しい。
    もちろん、内容を吟味したうえで今回の法案に賛成だったなら、それは個人の意見として何の問題も無いが。

    1. >親安倍政権であれば、出す法案総てに賛同しなければならないような言いざま

      そんな意見は非常に少数。日本のサイレント・マジョリティはそれほど馬鹿じゃない。
      それよりも、野党であれば出す法案全てに反対しなければならないという硬直した考え方が未だに支配的であることに、呆れる。現政権の不支持者の大半が「支持政党なし」であるのも納得です。野党は野党で法案に反対するなら、もう少し利口な方法で反対するべき。

      >内閣が任命・罷免権を持っているとしても、方向的に独立性は高めていくべき組織であり

      そんな変化の必要なし。現状でも独立性は十分だ。これ以上、検察の権力を高めることには反対。引退したOB達が「定年延長をエサにされて、検察全体が政治家の手下になってしまう」などと考えているような、そんな志の低い官僚集団に強大な政治権力を与える必要はないよ。
      衆愚政治の方がまだマシだ。

  3. >「安倍が検察掌握に失敗」

    首相就任前に言ってた靖国参拝すらできない奴を
    どう見てるんでしょうね?

    私からすれば不安定な神輿の上でやっとバランスを取ってる人
    に見えるんですがw

    二階や額賀が好き勝手やって、今回も「重要な隣国」って
    復活してるし。

  4. 日本の安倍首相周りの状況に関しては、元検察庁高位者OBの爺様達が、「検察の独立性を脅かし政府の権力強化に結びつくので反対」と署名までして反対運動しているのに笑えた。
    ってえことは何だ? あんたら検事は、「定年を延長してやるから言うことを聞け」などと政府に言われただけで、その通りに動くんか? ずいぶん安いバーター条件だな。民間に比べりゃ再就職先なんぞいくらでもあるだろうに。覚悟のない爺さん達だ。
    現職の検事達も本当にそう思っているのかな?
    安倍首相は公務員(検事含む)の定年延長にさほど興味がない、これは本当だろう。もしかして、今回の件をキッカケに、自治労から今後の支持に関して約束でも取り付けたか。それにしても立憲民主党のアホども、結局は左翼メディアと心中するつもり?

    韓国についてはブログ主と同じ見解。
    >本物の「検察掌握」が進行中の韓国、「安倍が検察掌握に失敗」と盛り上がる
    などと、まー民度の低さと言うか、馬鹿な連中と言うか、さすがに煽動されやすい単細胞国民だけのことはある。あきれて物も言えん。

  5. スンシルゲート事件によって朴槿恵が失脚した直後に、日本で森友騒動が始まりました。
    後者の仕掛け人は「為政者が個人的な友人に対して便宜を図っている」という筋書きで、韓国の政治劇を日本で再演しようと目論んでいたのだろうと推察することができます。

    今回の筋書きは「にっくきアベが自分に都合の良い人物をトップに据えることで検察を支配しようとしている」というものです。
    もうお解りですね?
    今回の騒動は韓国の曹国スキャンダルの再演なのです。

  6. え”? あれは検察を掌握しようとしたのか?
    あれは単に定年を延長しただけの話しだと思ったが違ったか?
    民間でも定年延長があるというのに何が問題なのかがわからなかった。
    能力のある人は、やはり政府に居てもらったほうが良いのではないか?

    1. 延長するかしないかの判断基準が明確でない、というのが問題視されていますね。組織を操るには人事権を掌握するのが一番。定年延長も人事の範疇だから、今の法案で本当に延長の判断を恣意的に行えるなら、確かにちょっとまずいかなという気はする。
      任命権とかに比べると定年延長だけでは検察をコントロールするには全く弱いと思うけど、話の筋としては法案への批判意見もまちがってはいないというのが私の印象。基準をしっかり定めれば良い。
      安倍政権が実際に検察のコントロールを意図しているかどうかはさして重要じゃなくて、多少でも悪用される余地、可能性がある制度は防いでおくのが良かろうと思いますけどね。将来どんな奴が政権握るか分からないのだから。

  7. ぎゃー、違う記事にコメント書き込んでる!

    (´・ロ・) 最終確認という労力を省略した結果、誤爆によりみかげ社(株)の労働者1名が火だるまになりました
    (`ロ´;) 「現場猫(仕事猫)」カイナ…
    (黄色いヘルメットかぶって「ヨシ!」とか言ってるネコ)

  8. 韓国ができた時の行政、司法、立法の機関システムは占領期のGHQの指導もあったとは思いますが、日本と同じく戦前までのシステムを基盤としています。
    朝鮮で戦前までのシステムと言ったら併合時代のシステムしかないわけで、まあトップついてはなんの経験もない臨時政府の何某をおいたにしても、日本が去った後にも人々の生活は続くわけですから、GHQの占領下法令だけでで済むはずもないし、いわゆる六法では戦前の日本の法令が基礎というかそのまま法律になっていますね。
    日本の法律は明治はじめに江藤らが欧米法を片っ端から翻訳発布してさらにボアソナード(フランス法)他、明治憲法発布、議会発足に至るまで、欧米法を中心に整備していきましたから、韓国でも併合時代はもちろん、解放後でも使えるものだったわけです。
    その中には、検察の独立というのも当然あって、現在でも検察官は一人一人が独立官庁です。検察庁はその事務手続きを行うだけ。一人で捜査権も訴追権も持っています。これはアメリカのFBIではないですが、ここを握ったらある意味なんでもできちゃう。
    検察の独立性を担保するのは司法の独立とほぼ同義に近い。
    行政府がここに影響力を持とうしても、人事面(しかも定年延長で恩を売る)程度では無理無理なので、安倍さん、考えなしに身内(ウリかな)の圧力だか忖度をしてしまって思わぬ反発を受けてびっくりした、ってところですかね。安倍さんは脇が甘いのですが、自民党はもちろん日本をひっくり返しかねないようなネタは抱えていないし、そんな行動もできない。自民党的優等生で安心。
    検察を掌握しようとは大それた野望で、近代国家への挑戦です。
    安倍はできなかったけど、韓国ではできそうだって言うんですかね。勝手に日本の誰かの意図を捏造してまたは受け売りして、日本はできなかったけど、ウリできるぞ、えらいだろうって言いたい?
    「お前にはできないだろうが、俺は立ちションベンできるぞ」かな?

  9. 根本的な原因は簡単で、安全より利益を企業が選び、それを社会が容認してきているから。いろいろとそうした負の要素が重なりあえばセウォル号になるし、ならなくても小さな事件、事故は起こっているのです。
    安全にかけるコスト<利益、なのです。
    そうした選択をして、コストの競争力を上げてきたのです。
    労働組合の力が強くても、組合も会社が安全に投資する金額があるなら自分たちにまわせという組織ですし、例え長期的に労働者自身の安全に繋がったとしても、そうしたことを考える組合や企業は、コストという競争力で他の競合より一歩遅れてしまうわけです。(淘汰される可能性もあり。日本と韓国の企業がそれぞれが同じものを作った時、100円で韓国企業はつくれるのに日本は110円、120円かかってしまうのはそうした環境や安全へのコストであったりもします。事故や大きな問題が起こらなければ、市場において日本側が淘汰されます。)

    また法律を厳格にしようが処罰を重くしようが、企業や社会がそれを選ばない現状では、絵に書いた餅なのです。

    国格?
    何も関係ないです。読者に訴えかけるために使っている言葉でしょうか。
    「反日」にしたほうが食いつきが良いかもしれませんね。

    1. 日本企業(先進国の企業)はQ(品質)C(コスト)D(納期)を基本におきます
      適正な品質の物を適正な価格で安定した納期でと
      品質には安全性も含まれますしブランドも品質の一部です
      これを浸透させるには時間と手間、信用が必用です
      駐韓の企業が安全コストを削り信頼のないものでも売りまくり逃げ出すのは信頼に対して長期間の商売を考えないからです
      駐韓には老舗といわれる店は少ないのをみても分かります
      又、コーヒー屋やチキン屋と皆同じ事するんで価格競争となり共倒れするんですよね

    2. 「安全」を「国益」に、「利益」を「私益」に、「企業」を「政府」に替えると、
      まったく違和感の無いコメントになる。
      不思議だねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。