韓国、10年続いた北朝鮮への独自制裁を事実上の廃棄

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

ニュース1の記事です。最近、韓国に米空軍の大型輸送機が2日間で5機も相次いで展開された、とのことです。特に、その中には悪天候の中でわざわざ韓国に来た輸送機もあり、『北朝鮮を狙った独自の軍事訓練があるのではないか』という予測が出ています。

少し前にお伝えした『大統領府が軍事訓練関連の報道を統制している』という内容と繋げて考えると、米国が独自に何かを示そうとしている可能性も高いでしょう。

以下、ニュース1から引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<19日、コールサイン(callsign:CANUK78)など航空機追跡Twitterによると、過去17〜18日の2日間、朝鮮半島には少なくとも5機の輸送機が展開された・・

※17日にC-17グローブマスターIII 2機、18日に日本の横田基地から在日米軍所属C-130Jスーパーヘラクレス(スーパーハーキュリーズ)2機、C-5Mスーパーギャラクシー。18日は悪天候の中での展開※

 

・・一部では、米空軍が北朝鮮を狙った軍事訓練を単独で準備しているではないかという観測も提起されている。先立って17日オサン基地に着陸したC-17は、米空軍軍需補給基地があるアラスカから出発したのに基づいた分析だ・・

・・北朝鮮の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の試験発射準備の動向が注目されている中、でドナルド・トランプ大統領が大統領選挙を控えて北朝鮮発リスク遮断のための準備を本格化しているというものである・・>

https://news.v.daum.net/v/20200519144543844

 

時期的に、2つ、気になることがあります。一つは文政府が総選挙で圧勝、軍事訓練などの報道統制を強化したこと。もう一つは、韓国の左派勢力がかなり重要視している6月15日(金大中氏と金正日氏の南北共同宣言の日)が近いこと。

そして、偶然かもしれませんが、今日、韓国統一部が、天安艦爆沈の後に李明博政府が出した韓国独自の北朝鮮制裁措置、『5・24措置』の事実上の廃止を宣言しました。ここは朝鮮日報から引用してみます。

 

<政府が、5・24対北朝鮮制裁措置について、「南北間の交流・協力を推進する上に、もはや邪魔ではない」とした。ヨサンギ統一部スポークスマンは20日の定例ブリーフィングで、実施10年を控えた5・24措置について、「歴代政府を経て柔軟化と例外措置を経た。だから、事実上その実効性の相当部分は喪失した」と明らかにした。5・24措置は、李明博政府が2010年、天安艦沈没事件の責任を問い、北朝鮮に加えた制裁で、「開城工業団地を除く南北経済協力の全面禁止」、「北朝鮮船舶の私たちの領海航海不許可」などを骨子とする。歴代政府を経て、いくつかの内容が緩和されたことはあるが、公式に廃止されたことはない(※2018年平昌冬季オリンピック当時、北朝鮮高官級代表団と応援団の訪韓のために一部緩和したりしましたが、それは「一時的措置」と明記していた、とのことです)・・

・・政府周辺では、「総選挙圧勝で鼓舞された政府が、積極的・多角的に南北交流・協力事業を準備し、5・24措置を事実上の死文書化・無力化させたようだ」「事実上、5・24措置の廃棄宣言ではないか」という言葉が出てくる・・>

https://news.v.daum.net/v/20200520111053773

慰安婦合意と同じく、明確に破棄とは言わず、そのまま無力化させるやり方だと言えるでしょう。李明博政府の524措置も、米国側と話し合って決めたもののはずです。タイミング的に、偶然なのか、それとも・・でもコロナ模範国だからきっと大丈夫でしょう。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (111)

32 Replies to “韓国、10年続いた北朝鮮への独自制裁を事実上の廃棄”

  1. ちなみに昨日は沖縄でもC130やオスプレイの他に戦闘ヘリまで参加したヘリボーン作戦の訓練をしてました。
    F35Bが参加してないのを見ると陸軍単独の演習かな?
    内容や投入した兵器からいろいろ想像できる演習…

  2.  未だにサッパリ分からないのは、韓国が金氏朝鮮とどのようにして「統一」とやらを遂げるつもりなのかということですね。
     現実的に可能であるのは、現状の体制を保持したまま何らかの形で連邦制に移行することですが、そうなると、人口比で1/2、経済力で比数十分の1の弱小勢力であるはずの金氏朝鮮が韓国と同じ発言力を持つ局面が生じますし、一応民主主義国である韓国は金氏朝鮮発の世論工作に弱いという弱点があることからすると、実質的には韓国が金氏朝鮮に振り回されることになりかねない。
     しかも、形の上でも統一がなされてしまうならば、金氏朝鮮の復興や経済援助に係る重い負担は第一義的には韓国が負わなければならない。
     ・・・という種々の問題があることを考慮すれば、韓国にとって最も無難な選択は現状維持であるはずですが、そうなると、今度は核武装したテロ国家である金氏朝鮮と対峙しなければならないという問題が生じてしまう。

     どう考えても頭が痛い状況であるはずですが、韓国人たちはそのような灰色の未来を見たくないのでしょう。今は「統一」の美酒に酔いしいれて、金氏朝鮮との関係改善に動いていますが、宴が終ったあとはどうするつもりなのかを考えていないのは、いかにも愚民国家らしい。もしも金氏朝鮮がキバをむいてきたときはどうするつもりなのでしょう。

     拉致被害者の関係者の皆さんにはまことにお気の毒なのですが、わが国のアホマスコミがそのような統一熱に侵されないですんでいるのは、拉致被害者問題が喉に刺さったトゲとして存在するからでしょう。わが国は、金氏朝鮮は明確に敵であると認識していますし、それでよいと思います。
     

    1. その通りですね。
      ーSHO-さんの分析以前に、北側が統一を希望していないという現実があります。

      北側は、国外から入る情報を制限して、なんとか体制を維持しているというのが現実なところです。
      統一どころか、交流が実現して大量に情報や人が入ってきた時点で、体制が大きく揺らぐ(崩壊のリスクが高まる)事は間違い無いので、統一には全く興味が無い。
      金を巻き上げるカードとしてフリはするかもしれませんが。。。

      統一を望んでいない相手と、統一が可能だと考えるロジックが全く判らない。

    2. >未だにサッパリ分からないのは、韓国が金氏朝鮮とどのようにして「統一」とやらを遂げるつもりなのかということですね。

      朝鮮人の話をきちんと聴こう。中国が超大国となったときの、中国の傘の下の連邦制でしょう。統一費用は日本に払わせれば良いのです。

      これは朝鮮人の言ってることですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。