韓国、求人倍率0.38・・拡張(体感)失業率は15%、青年は26.6%

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

K防疫!文在寅大統領!先進国先進k(吐血)・・韓国が「そういうことになっている」または「そういうことでないといけない」のはよく分かります。でも、本当は「どうなっている」のでしょうか。本当にそこまで盛り上がるほど、コロナ問題を、国民の実生活・・例えば経済などで、良い成績を出しているのでしょうか。

「どこの国も大変」という前提のもと、韓国の失業率がどうなっているのか、そして、求人倍率はどうなっているのか。この2つの側面から、『実像』を追ってみます。

まず、日本でも韓国でも重要な数値とされているものの、日本ではよく発表されるけど、韓国ではあまりニュースにならない、求人倍率から見てみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国関連ニュースを結構チェックされる方でも、韓国側のニュースで「求人倍率(구인배율)」という言葉を目にされることは、そう無いんじゃないでしょうか。韓国にもまったく同じ言葉、同じ意味、同じ数値があります。求구人인倍배率율です。

何でこの言葉が出てこなくなったのか?正解かどうかは分かりませんが、日本の求人倍率が高いからです。求人倍率が1というのは、『求職者100人に仕事も100個(ヶ所)ある』という意味で、0.9は100人に働き口が90だけ、すなわち足りないという意味になります。日本はこの求人倍率が1を上回ることが多いですが、韓国は、文在寅政権になってからも、0.6を超えることはありませんでした。日本経済は衰退した!日本人は貧しい!としなければならないのに、日本の求人倍率が高いと矛盾するじゃないですか。それに、この0.6という数値ですが、失業率4%台を維持している韓国としては、ちょっと低すぎます。そんな理由もあって、韓国の経済関連ニュースでは、求人倍率という言葉はあまり出てきません。一部の親日(笑)メディア以外は。

じゃ、3月時点で、韓国の求人倍率がどうなっているのかというと、4月13日「韓国経済」の記事によると、『政府公式求人求職ネットワークの統計によると、求人倍率は2018年3月の0.60から、先月0.38に低下した。100人が求職しているのに、雇用は38人分しかないという意味だ』、とのことでして。同じく3月時点で、日本は1.39です。コロナの影響で、日本も(世界も)求人倍率は低下しつつあります。

https://news.v.daum.net/v/20200413173945546

・・・余談ですが、この記事の2週間後、『アジア経済』は『日本の求人倍率が1.39まで下がった!雇用市場が大混乱!』という記事を載せたりしました。ある意味、大した愛国心(?)です。

 

じゃ、次は失業率です。韓国は、失業統計には含まれない人が多すぎで、失業率と雇用率が両方上がる(普通、失業率が上がると雇用率は下がる)現象も珍しくありません。コロナ19の影響で『無給休職』が増えたこともあり、一時休職の人が148万5千人(去年同期比で113万人増加)もいる現状では、この統計の歪みがさらに増えていると見ていいでしょう。彼らは『失業』には含まれません。

そこで、『拡張失業率』といって、実際には失業者状態である人たちの分まで、ある程度はカバーした概念が必要になります。いわゆる体感失業率の一種だと言えましょう。この数値だと、韓国の(拡張)失業率は、14.9%。青年失業率は26.6%です。ハンギョレ新聞、5月13日の記事からの引用となります。

https://news.v.daum.net/v/20200513084602782

 

これらもまた、韓国が『世界から褒められている』『日本に勝った』などのフレーズに拘る、一つの理由でありましょう。繰り返しになりますが、どこの国も大変でしょうけど、さすがにこの問題に『K防疫』などのドーピングを使っているのは、韓国だけではないでしょうか。

それでは、おやすみなさい。22日朝の更新はちょこっと遅くなるかもです。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (120)

40 Replies to “韓国、求人倍率0.38・・拡張(体感)失業率は15%、青年は26.6%”

  1. >コロナ19の影響で『無給休職』の人が148万5千人もいる(去年同期比で113万人増加)
    は誤りですね。
    元記事には
    「就業者に属するが無給休職などでしばらく仕事を休む一時休職者は148万5千人に、昨年より113万人に急増した。」
    とあるので、
    【コロナ19の影響で無給休職などを含む『一時休職』の人が148万5千人もいる(去年同期比で113万人増加)】
    が正しいですね。

    統計庁の資料を見ても無給休職者の統計が無く、何をもとにしているのだろうと元記事をみると「一時休職」でした。就業時間ゼロの人の統計はあるので、納得しました。
    http://kostat.go.kr/portal/korea/kor_nw/1/1/index.board?bmode=read&aSeq=382415

      1. ありがとうございました。

        先に書いたのは自動翻訳でおかしかったですね。
        「就業者に属するが無給休職などでしばらく仕事を休む一時休職者は148万5千人に、昨年より113万人に急増した。」

        「就業者に含まれるが無給休職などでしばらく仕事を休む一時休職者は、昨年の113万人から148万5千人に急増した。」

  2. >どこの国も大変でしょうけど、さすがにこの問題に『K防疫』などのドーピングを使っているのは、韓国だけでは

    失業率・就業率の統計数値に「K防疫」でドーピングできるとは、知らんかった。さすがは新興先進国。

  3. 陰で、中韓が人との往来を再開しろと日本に迫っているみたいね。
    それを首相は突っぱねているから、さぞかし憎いだろうwww

    ここで交流再開したら、ニダーが職を求めて殺到しそうだ。

    日本もコロナ解雇が多いから、マジで来るなよと言いたい。

  4. 今時新たに求人する企業は限られるだろうから、
    今の求人の多くはコロナ前の不景気の中でも猫跨ぎされていたものだと思う。文字通り「命がけ」のものが多いのでは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。