韓国、求人倍率0.38・・拡張(体感)失業率は15%、青年は26.6%

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

K防疫!文在寅大統領!先進国先進k(吐血)・・韓国が「そういうことになっている」または「そういうことでないといけない」のはよく分かります。でも、本当は「どうなっている」のでしょうか。本当にそこまで盛り上がるほど、コロナ問題を、国民の実生活・・例えば経済などで、良い成績を出しているのでしょうか。

「どこの国も大変」という前提のもと、韓国の失業率がどうなっているのか、そして、求人倍率はどうなっているのか。この2つの側面から、『実像』を追ってみます。

まず、日本でも韓国でも重要な数値とされているものの、日本ではよく発表されるけど、韓国ではあまりニュースにならない、求人倍率から見てみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国関連ニュースを結構チェックされる方でも、韓国側のニュースで「求人倍率(구인배율)」という言葉を目にされることは、そう無いんじゃないでしょうか。韓国にもまったく同じ言葉、同じ意味、同じ数値があります。求구人인倍배率율です。

何でこの言葉が出てこなくなったのか?正解かどうかは分かりませんが、日本の求人倍率が高いからです。求人倍率が1というのは、『求職者100人に仕事も100個(ヶ所)ある』という意味で、0.9は100人に働き口が90だけ、すなわち足りないという意味になります。日本はこの求人倍率が1を上回ることが多いですが、韓国は、文在寅政権になってからも、0.6を超えることはありませんでした。日本経済は衰退した!日本人は貧しい!としなければならないのに、日本の求人倍率が高いと矛盾するじゃないですか。それに、この0.6という数値ですが、失業率4%台を維持している韓国としては、ちょっと低すぎます。そんな理由もあって、韓国の経済関連ニュースでは、求人倍率という言葉はあまり出てきません。一部の親日(笑)メディア以外は。

じゃ、3月時点で、韓国の求人倍率がどうなっているのかというと、4月13日「韓国経済」の記事によると、『政府公式求人求職ネットワークの統計によると、求人倍率は2018年3月の0.60から、先月0.38に低下した。100人が求職しているのに、雇用は38人分しかないという意味だ』、とのことでして。同じく3月時点で、日本は1.39です。コロナの影響で、日本も(世界も)求人倍率は低下しつつあります。

https://news.v.daum.net/v/20200413173945546

・・・余談ですが、この記事の2週間後、『アジア経済』は『日本の求人倍率が1.39まで下がった!雇用市場が大混乱!』という記事を載せたりしました。ある意味、大した愛国心(?)です。

 

じゃ、次は失業率です。韓国は、失業統計には含まれない人が多すぎで、失業率と雇用率が両方上がる(普通、失業率が上がると雇用率は下がる)現象も珍しくありません。コロナ19の影響で『無給休職』が増えたこともあり、一時休職の人が148万5千人(去年同期比で113万人増加)もいる現状では、この統計の歪みがさらに増えていると見ていいでしょう。彼らは『失業』には含まれません。

そこで、『拡張失業率』といって、実際には失業者状態である人たちの分まで、ある程度はカバーした概念が必要になります。いわゆる体感失業率の一種だと言えましょう。この数値だと、韓国の(拡張)失業率は、14.9%。青年失業率は26.6%です。ハンギョレ新聞、5月13日の記事からの引用となります。

https://news.v.daum.net/v/20200513084602782

 

これらもまた、韓国が『世界から褒められている』『日本に勝った』などのフレーズに拘る、一つの理由でありましょう。繰り返しになりますが、どこの国も大変でしょうけど、さすがにこの問題に『K防疫』などのドーピングを使っているのは、韓国だけではないでしょうか。

それでは、おやすみなさい。22日朝の更新はちょこっと遅くなるかもです。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (120)

40 Replies to “韓国、求人倍率0.38・・拡張(体感)失業率は15%、青年は26.6%”

  1. 電気管理士の雇用を拡大します。1人に対してスイッチ1つです。一部屋にスイッチが2つあれば、二人雇用します!!
    どやっ!!
    冗談はさておき、世界経済は不安要素しかないのです。新たな生活様式が喧伝されてますが、元に戻るのはいつ?みたいなメディアの論調はウンザリ。
    ど深夜帯&アルコールで愚痴が止まらないわ。お山の大将が多すぎるんだよ日本には。ITも理解できない時代遅れの老害はさっさと退場しろよ。
    バブル崩壊前から寄生するする中小企業の延命なぞ糞食らえ!
    韓国?我々の祖父母を貶め、父母の財を吸った見栄とプロパガンダしかないカスは、半島内で引きこもっとけや!!

    ごめんなさい。寝ます。

  2. 全国平均で0.38なら、特に景気が悪い地方は地獄そのものでしょう
    餓死者が出ても驚かないレベルって事になりますが・・

  3. 0.38ですか・・・すごいですね
    計算方法が少しは違うのかも知れませんが、
    日本ではリーマンショック直後の2009年で過去30年で最低の0.45です
    0.6でもかなり景気が悪い時の水準です
    https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/s3-ten-navi.com-wpimg/hacks/wordpress/wp-content/uploads/2019/04/active_opening_ratio_01.png

    おとといのプライムニュースで鈴置・真田両氏が言ってましたが、
    「韓国はコロナ対処では手法はともかく好成績を収めた」
    「しかしアフターコロナの経済の舵取りはかなり苦しむだろう」
    という事になる可能性はかなり高そうとしか思えません

  4. 雇用大統領たる文大統領が新たな雇用を産んで下さるので、大韓民国人民は大船(セウォル号)に乗ったつもりで待つが良いよ。

  5. コロナゲイバーの件も
    金が無いから売りたい人が
    沢山居るからでしょうね。
    誰も報道しませんが。

  6. これは職安での統計ですね
    青年の体感失業率が高いのは新卒の就職率が低いんでしょうか?
    韓国では内定制度は無いと聞きます
    ムンムンは公務員増で数値改善?

  7. おかしいなぁ、自ら雇用大統領と名乗り、執務室に雇用メーターなるものを設置している筈なのに(笑)。雇用対策として数十兆ウォンをばら撒き、大学の教室の電気を消して回る電気管理士や、庁舎の清掃等に高齢者を短時間のバイトとして雇う。空き缶を集めている高齢者も雇用に含めるとか、非常に画期的な失業対策をして嵩上げしているのになぁ。今は新型コロナとの闘いに勝利し、世界が韓国を羨む、国格が上がったと信じてやまない韓国人が、現実に気付かされるのはいつだろうな。まあ、文ちゃんは国会で60%の議席を確保したから、左団扇で御の字だよ。

  8. 電気のスイッチを50万個新たに作ればいいよ
    電気点灯士で50万人
    電気消灯士で50万人
    電気点灯監視員で50万人
    電気消灯監視員で50万人
    電気…..
    雇用大統領にかかればいくらでも増えるだろう

  9. この時期に武漢肺炎のおかげで天下御免で入国制限できるのは
    まぁ必然か僥倖かわからんが悪くはないな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。