韓国の大学教授「学界は『反日種族主義』に反論しない。敵に塩を送るだけだからだ」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国が絶対視している「反日」歴史観に、異論を提起している人たち。韓国としては「異端」でもある彼らの歴史観に対し、『積極的に反論すると、異端を喜ばせるだけだ』とする主張がありました。案の定、記事の最初から最後まで反論は一行もありません。『反日種族主義』に関する内容で、韓国聖公会大学、カン・ソンヒョン教授の弁、韓国日報から部分引用します。

<・・記者「(反日種族主義著者たちなど、韓国でいわゆる極右とされる人たちは)実証的根拠、ファクト(fact)での戦いを打ち出す」

教授「脱・真実時代、代替的事実を作ろうとする企みだ。歴史否定論は、厳格な実証主義を掲げる。その実証主義とは、通常、『犠牲者の記憶が不正確である』、『政治的に歪曲されて操作された』という印象を人為的に作り出すイデオロギーにすぎない。被害者に被害事実を自ら証明するように脅したり、証拠が出せないから嘘だと烙印を押す。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

同時に、知識生産の脈絡を考慮せずに、複数の統計数値だけを示し、『これが基本的な事実だ』と強弁する。既存の研究、他の研究は見ないで、自分の言葉だけ並べるのは学問ではなく、扇動だ」。

 

記者「そんな軟弱な論理なのに、なぜ熱狂する人たちがいるのだろうか」

教授「私たちの社会を二分した陣営の対立、YouTubeなどニューメディアの影響である。右派にとって、光化門の太極旗の集会(※保守右派集会)に出る人たちにとって、反日種族主義は一種のバイブルである。

刺激的なコンテンツは、YouTubeでいい金儲けの手段でもある。だから、若い人たちの間では『第2のイ・ヨンフン』を夢見る人も現れる。日本のネット右翼も食らいついて、巨大な右派のネットワークが構築された」

記者「学界が積極的に対処しないといけないのではないか」

教授「反論したところで、敵に塩を送るだけになる恐れが大きい。昨年、反日種注意議論の当時にも、歴史団体はこれといって討論会のようなものをやらなかった。しかし、無対応が能ではないとも見ている・・・>

https://news.v.daum.net/v/20200519044227232

 

 

何度も引用した記事ですが・・京郷新聞1975年3月13日付の記事にて、ソウル大学文理学部のキム・チョルジュン教授は、「併合時代の資料は価値が無い」「新しい民族史観を定立しないといけない」としながら、次のように主張しています。

「植民地近代化の排泄物にすぎない文献考証学者らは、歴史学を文化全体を認識するための道具ではなく、単片的な資料を考証すればいいものだと勘違いし、それを科学的な認識だと主張している」。今日のエントリーで紹介した教授の主張と、ほぼ同じです。研究成果を元に「証拠」や「事実」を求めることは、そのまま『部分的なところだけ持ち出す正しくない歴史』である、と。半面、映画を証拠のように話すことは多い(文化的証拠だとします)韓国ですから、わけがわかりません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (146)

80 Replies to “韓国の大学教授「学界は『反日種族主義』に反論しない。敵に塩を送るだけだからだ」”

  1. 「証拠や事実を求めることは、部分的なところだけを持ち出す正しくない歴史」

    へぇ――(  ̄▽ ̄)
    それが韓国の学者の基本姿勢なんだ。
    初めから何もかも歴史学という学問に対するスタンス
    すら、学者とは言えないレベルじゃないですか?

    部分的であっても事実を突き止めて、集めて、ひとつひとつ検証して積み上げていくのが学問でしょ。
    こんなの、基本中の基本じゃないの?
    「事実が部分的だから正しくない歴史」
    学者がこれじゃあ、正しいことをしようとする人がいなくなるのも無理ない。
    あ~もう絶句。

  2. 考古学の分野では日韓の学術交流が盛んです。朝鮮半島の考古学は日本の考古学者が始めたものであり、京城帝大で後進を育てました。ですから韓国の研究史ではこの当時の研究が大事なのです。ところが最近、韓国の考古学者の書いた本を読んでいて驚いたことがあります。それは、当時の百済古墳群の発掘調査は、日本の植民地支配を合理化するために行ったものだと書いていたのですよ。その人の書いた本や論文をしばしば引用してきただけに驚きでした。
    京大の故有光教一名誉教授は終戦後も韓国に残り、後進の育成と韓国考古学の発展に寄与した人ですが、その人の書いた本や論文を読めば、そのような政治的な要素はまったくなかったことが分かるはずですがねぇ。

    韓国の考古学研究者は主観的要素が深く介在するためか、一方的な見方をする場合が少なくないのです。例えば、革綴の甲冑は鋲留の甲冑より古い様式です。古墳時代の日本列島では鉄を産しないので朝鮮半島から手に入れていました。したがって甲冑の
    様式も日本列島と朝鮮半島とではタイムラグがありました。ところが朝鮮で出土した
    ある革綴の甲冑は、共伴遺物と地層からみて朝鮮半島では鋲留でなければならない時期なのです。日本の研究者は日本列島で製作されたものではないかと問題提起したのですが、韓国の研究者たちはその可能性を否定しました。理由は、文化は高きから低きに流れるからであり、その逆はあり得ないということでした。
    ところがその後、韓国での発掘調査が進むにつれて韓国の考古学界を揺るがすものが次々と出てきたのです。例えば全羅南道高興の野幕古墳は倭の様式である墳丘を葺石で葺いており、出土遺物のほとんどが倭製もしくは倭系の物だったのです。また栄山江流域から海南にかけて前方後円墳が発見され、韓国の考古学界からはこれこそ日本の前方後円墳のルーツという声が上がったのですが、発掘調査をしてみると、5世紀後半から6世紀前半にかけて造られたことが分かりました。畿内では前方後円墳が造られなくなる時期です。しかも墳丘の築造方法も埋葬施設も日本の前方後円墳とはまったく別物でした。
    日本では文化の相互性というのが当たり前なのですが、韓国ではまだまだそれが受け入れられていないのが実態です。
    文献史学界ではいまだに宋学の影響から抜け出すことができず、正邪の二元論。もちろん韓国が正であり日本は邪に分類され、それにたいする異論は認められない。だから実証主義を目の敵にするのですね。

    1. 匿名様
      「歴史的事実の考古学の教え」有難う御座います。
      しかし、今の南北超汚染国では、
      「歴代の日本人の先人の教えた考古学は死滅したのです」
      非常に良い例が、全羅南道の前方後円墳が良い例ですが、
      「埋葬者は絶対倭人の統治者なのですが、絶対に認めません!」
      また前方後円墳を壊して円墳に改造していて、虚実を教える始末!
      筑波大学の古田教授の著作本に詳細が記載されています。
      超汚染人曰く「イルボンに愛は無いニカ!」
      古田教授:「そんなモノ、ねーよ!」
      非韓3原則ニダ!

  3. 韓国の学術研究が世界的に高い評価を受けないのはなぜだろうという疑問がずっとあったのですが、シンシアリーさんのこの話で分かりました。韓国の学術界は実証主義に否定的なのですね。だから韓国人研究者の論文は引用できないのですね。しかし自然科学にしろ社会科学にしろ、すべて実証主義の立場に立った研究をするのですよ。客観的資料にもとづいた研究は日本や欧米ではごく当たり前なのです。韓国は違うのですね。そりゃノーベル賞をはじめ世界的な学術賞とは縁がないのも無理はない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。