超展開のK防疫・・米国よりコロナ死亡者が少ないから、もう在韓米軍は必要無い?

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

この前お伝えした518関連米国文書で、韓国社会が結構怒っているようです。なんか、妙な理屈で『コロナも解決できない米国の軍隊など、民主主義国家の韓国には必要ない』という結論になる記事までありました。

以下、京郷新聞の記事、一つ紹介します。ちなみに、引用部分にウィッカムという人の名前が出てきますが、『韓国民はレミングスみたいだ。民主主義には向いていないのではないか』と話したことで有名(?)なジョン・ウィッカム氏(当時在韓米軍司令官)のことです。

・1980年8月ウィッカム当時在韓米軍司令官は、韓国人は、「米国が理解している民主主義を行う準備ができていない」と述べた。しかし、民主主義の準備をしていないのは米国の方だった。秘密解除された米国防総省の文書を見ると、米国は光州市民の正当な抵抗が1979年のイラン革命のような事態に展開されないように全斗煥の新軍部を支援した

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・光州市民の血は無駄ではなかった。韓国の民主主義は、コロナ19対応の世界模範となる動力となった。一方、韓国の民主主義に文句を言っていた米国は、コロ​​ナ19の死者が最も多い国となった

・米国は健康保険も無いし貧富の格差もひどく、ワクチンを開発しても、アメリカ人の中で、社会的に脆弱な層は適切に接種を受けることができないないだろう。このような状況では、米国はコロナ19の問題を解決できるはずがない。米国は世界的次元の問題の解決者ではなく、問題そのものになったのだ

・米国はなぜ民主主義を準備できなかったのだろう?米国が軍事主義だからである。米国は自国の国益を主に軍事力で貫徹しようとする国だからだ

 

・米国はコロナ19危機を前に、もはや軍事主義の矛盾に耐える余裕など無い。トランプ大統領が最初に在韓米軍駐留支援費で韓国に5兆ウォンを要求したのは、彼が商売に長けた人だからではない。それほど米国の軍事主義の矛盾が深刻だからだ。米国がコロナ19事態を解決するためには、軍事主義を克服しなければならない

・全国民健康保険を行い、米国が国民の健康な生活の自由を保証するのは米国が民主主義を準備する過程である。同時に、韓国は、米軍のない民主主義を準備する必要がある。5・18民主化運動40周年を迎える今、米軍のない民主主義を考えるべきである

https://news.v.daum.net/v/20200513204913636

韓国人にとって、「K防疫」がどれほどのパワーを持っているのか、よく分かる内容でもあります。

・・・・本当は、なんかもっと面白いことを書いて〆たいけど、オチが思いつきません。ただ、一つだけ言えるのは、ジョン・ウィッカム氏こそ、韓国をちゃんと見ていた、ということだけです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (142)

76 Replies to “超展開のK防疫・・米国よりコロナ死亡者が少ないから、もう在韓米軍は必要無い?”

  1. ただの独裁を「K-防疫」と呼びかえることで国民の自尊心を
    くすぐり逆に支持に結びつけたのはなかなかの手腕ですね。
    外から見れば煽動でもうちにいる彼ら韓国人にとっては
    頼もしい「先導」なんですよね。

    独裁者というのは民衆に選ばれ支持されることで
    生まれるんだということを改めて実感した気がします。

  2. 未だ戦争中の分断国家のクセに(笑)
    韓国憲法的には、無法者が不法占拠しているのでしたっけ?
    民主主義?面白いですね~。 
    感染も死者も出てない(と言う事になってる)北でも見習えばよくない??

  3. >・米国はなぜ民主主義を準備できなかったのだろう?米国が軍事主義だからである。米国は自国の国益を主に軍事力で貫徹しようとする国だからだ

    小学生並の文章(要約だとしても小学生並の見解)
    日本では地方紙(ほぼ全部左翼)の記者とは、
    全国左派紙に就職できないレベルの人材と、勝手に思ってるのですが、
    韓国でも同じなんでしょうかね?

    と思って調べたら、京郷新聞って全国紙なんですね
    中道左派の論調だが、昔は保守紙で、今でも産経と提携関係がある
    カオスというかパンクというか・・

  4. 在韓米軍が撤退すれば北は喜ぶでしょうね。廬武鉉政権のときのように南北の交流団が相互訪問するでしょうし、南から北に人道援助を口実に北が要求するものを次々と送るでしょうね。国連決議などあれこれ言い訳しながら無視ですよ。開城工業団地も再開され、そこで製造された製品はMade in Koreaとして輸出されます。しかしそれはアメリカがおとなしく撤退したときの話です。
    オフレコですが、アメリカ政府・軍の高官がアメリカが韓国から手を引くときは韓国を焦土化すると明言しています。火をつけるのではなく韓国経済を潰すということですね。放っておいたら北朝鮮を助けるでしょうから。
    韓国の社会インフラへのハッカー攻撃はもちろん、大統領以下の政府高官や政治家たちの情報漏洩、金融締め付けなどありとあらゆる方法で。韓国経済はダウンしてしまうでしょう。北への援助などできないほどに。アメリカはそこまでやる国ですよ。

    1. 米軍の「アジア太平洋軍」の最高司令官を
      ソウルに「大使」として送り込んだことが
      どういう目的でありどういう意味だったのかが、
      韓国人にも、ようやく明らかになるのでしょうね。

  5. 朝鮮人は「民主主義」を「先進的」という形容詞の同義語と思っているきらいが有る
    単なる政治システムの種類を示す名詞に過ぎないという理解が無さそう

  6. 欧米では医療関係者の死者がとても多いらしいですね。イタリアなどではお医者さんからバタバタ倒れて医療崩壊が始まったってニュースで見ました。
    日本はまず病院での発生を警戒して、いきなり来院しないように呼び掛けていましたよね。
    あまり報道されてないんだけど、安倍政権がやった中でも、この医療崩壊をギリギリ防いだやり方はGJだったと思います。
    K防疫がアメリカを越えた、世界が韓国を絶賛している、…これもう後頭部の病気だと思いますよ。

  7. コロナの第1波も日韓両国とも一応の小休止になりPCR検査を検証するべき時だと思います、日本は陽性者1万7217人の陽性者を割り出すのに26万9743人を調べました、韓国は1万1142人を割り出すのに78万2132人を検査しました、日本は韓国より6000人多く陽性者を見つけるのに韓国の3分の1しか検査してません
    日本が1名の陽性者を見つけるのに(15,7人のPCR検査)をしたのに対して韓国は(70,2人のPCR検査)をしています、同じ病気の陽性者を見つける検査に(4,47倍)の開きがあるのはなぜなんでしょうぜひ専門家に調査検証して明らかにしてもらいたいものです。

    1. これは以前から言われてますが日本は
      医師の所見、CTによるコロナ19肺炎の検査、PCR検査の手順です
      CTで別の疾患と認められたらPCR検査は行われません
      韓国は初期に新興宗教団体でのクラスタが疑われた為に宗教団体を日本の手順と違いPCR検査にかけました。又ドライブスルー検査など本人の意向(罹患が疑われ無い証明に)医師の所見もCTもすっ飛ばしてPCR検査をやりまくった結果だとおもいます。
      韓国も今は日本と同じ手順と言われてますがゲイクラブの件の後に簡易検査所に並ぶ姿を見ると???ですね

    2. 小数点とカンマ(または読点)をちゃんと使い分けしてくれ。フランス人じゃあるまいし。読みにくくてしょうがない。
      いくら文系であっても、その混同は小学生並みの間違いだ。日本語では文科省の国語審議会でちゃんと指針が出ているから、それを基準に頼むよ。

    3. 木曜日の参議院中継をNHKで観てましたが、尾身さん(和田さんかも)が、分母をコロナによる死者数にする事について言及されてました。
      検査数の妥当性については、非常に重要な観点だと思います。コロナに感染させない事ではなく、コロナの犠牲となり亡くなる人を減らす事が目的ですからね。
      さすが専門家と思う反面、どのメディアも言及しない事の違和感。腐ってる。

  8. アマルティア・セン

    この方のお名前をご存知の方もご存じない方も、未だ本などを未読である方はご一読いただければ、かなり納得できるかと。

    「人間の安全保障」という概念を提唱されています。経済発展だけでなく、人間=命(と私は理解しました)の安全保障をインド出身という誇りをかけて語っている方だと感じています。

    長らく積読状態でしたが今一気に読んでいます。経済成長一本やりだったアジアが通貨危機を迎えた後の世界をみて論考されているのですが、ポストコロナの世界を考えるうえでも、セン氏の考えが十分に適用されるはずでしょう。どこかの国以外は(皮肉を言う以外に、もはや感情がありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。