超展開のK防疫・・米国よりコロナ死亡者が少ないから、もう在韓米軍は必要無い?

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

この前お伝えした518関連米国文書で、韓国社会が結構怒っているようです。なんか、妙な理屈で『コロナも解決できない米国の軍隊など、民主主義国家の韓国には必要ない』という結論になる記事までありました。

以下、京郷新聞の記事、一つ紹介します。ちなみに、引用部分にウィッカムという人の名前が出てきますが、『韓国民はレミングスみたいだ。民主主義には向いていないのではないか』と話したことで有名(?)なジョン・ウィッカム氏(当時在韓米軍司令官)のことです。

・1980年8月ウィッカム当時在韓米軍司令官は、韓国人は、「米国が理解している民主主義を行う準備ができていない」と述べた。しかし、民主主義の準備をしていないのは米国の方だった。秘密解除された米国防総省の文書を見ると、米国は光州市民の正当な抵抗が1979年のイラン革命のような事態に展開されないように全斗煥の新軍部を支援した

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・光州市民の血は無駄ではなかった。韓国の民主主義は、コロナ19対応の世界模範となる動力となった。一方、韓国の民主主義に文句を言っていた米国は、コロ​​ナ19の死者が最も多い国となった

・米国は健康保険も無いし貧富の格差もひどく、ワクチンを開発しても、アメリカ人の中で、社会的に脆弱な層は適切に接種を受けることができないないだろう。このような状況では、米国はコロナ19の問題を解決できるはずがない。米国は世界的次元の問題の解決者ではなく、問題そのものになったのだ

・米国はなぜ民主主義を準備できなかったのだろう?米国が軍事主義だからである。米国は自国の国益を主に軍事力で貫徹しようとする国だからだ

 

・米国はコロナ19危機を前に、もはや軍事主義の矛盾に耐える余裕など無い。トランプ大統領が最初に在韓米軍駐留支援費で韓国に5兆ウォンを要求したのは、彼が商売に長けた人だからではない。それほど米国の軍事主義の矛盾が深刻だからだ。米国がコロナ19事態を解決するためには、軍事主義を克服しなければならない

・全国民健康保険を行い、米国が国民の健康な生活の自由を保証するのは米国が民主主義を準備する過程である。同時に、韓国は、米軍のない民主主義を準備する必要がある。5・18民主化運動40周年を迎える今、米軍のない民主主義を考えるべきである

https://news.v.daum.net/v/20200513204913636

韓国人にとって、「K防疫」がどれほどのパワーを持っているのか、よく分かる内容でもあります。

・・・・本当は、なんかもっと面白いことを書いて〆たいけど、オチが思いつきません。ただ、一つだけ言えるのは、ジョン・ウィッカム氏こそ、韓国をちゃんと見ていた、ということだけです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (142)

76 Replies to “超展開のK防疫・・米国よりコロナ死亡者が少ないから、もう在韓米軍は必要無い?”

  1. 福沢諭吉がサジ投げるはずだ、何もかもが人類の常識と違う民族。付き合うならば相当な覚悟がいると思う、猛獣使いの様にならないと付き合いきれない。中華がやってきたことが正解。
    一番良いのは付き合わない事、それは間違いない。

  2.  「部分で全体を語る」韓国らしい詭弁です。アメリカに後進国扱いされている意趣返しをしたい。ただそれだけで実は伴っていません。

     韓国は「因果応報」が好きだと述べたことがあります。最終的に自分たちが上、相手が下になるような「因果応報」を韓国はとても好みます。
     本来優秀であるべき韓民族が不当に扱われている。立場が逆になって優秀性が証明される。この筋書きのためならたとえ強引で無理筋でもストーリーを書くのが韓国人です。

    >・米国はなぜ民主主義を準備できなかったのだろう?米国が軍事主義だからである。米国は自国の国益を主に軍事力で貫徹しようとする国だからだ

     韓国は建前上は休戦中の軍事体制の国家です。それ故、今回のコロナに関しても私的権利を弾圧することができた。これが「韓国の防疫」です。「民主主義」が優れていたからではありません。「私的権利を制限できる体制と国民性」だからです。そもそもイデオロギーである民主主義と防疫とは直接の関係がありません。

     「事実」と言う言葉は日本と韓国とで意味合いが違います。韓国では「民意の総和」が「事実」です。日本では「動かしがたい証拠や様態・蓋然性の極めて高いもの」が事実です。
     
     韓国では「普遍的価値」や「動かない認識」を表す移入語は変容します。強弁の邪魔になるけれど言葉として「おいしい」からです。「民主主義」もその一つです。
     「民主主義」自体の解釈は韓国のものでも不都合ではありません。「民主主義」の名の下に作られたシステムを「民主主義」の名の下に否定する思考がおかしいのです。

     韓国では民主主義の「システム」を動かせるのが当然と考えます。「システム」の上位に民意があるからです。当然なのにしないのは「民主主義が遅れているから」だと解釈します。システムは「動かせないから人々の権利を担保している」という考えには至りません。米国は韓国的な考え方に「最も遠い民主主義」です。米国では一権力の専横を防ぐための仕組みが何層にもなっています。

     双方共に相手を否定あるいは後進にしないと、自国が「民主主義」ではなくなります。

     「K防疫」は「ナショナルアイデンティティ」にまで膨らみました。韓国の「ナショナルアイデンティティ」は他国を否定することによって成立します。共存や対等はない。

     そういう意味で欧米や日本は「目の上のたんこぶ」です。

    1. 格言に曰く
      「たんこぶ」を目立たないようにするためには、
      「もっと大きなたんこぶ」を作ればいい。

  3. >米国はなぜ民主主義を準備できなかったのだろう?
    まるで韓国が民主主義みたいだねw

    それはさておき、論理的な思考ができない人達だね
    いつものことですが

  4. >『韓国民はレミングスみたいだ。民主主義には向いていないのではないか』

    人権とプライバシーを無視して、強権的に新型コロナウィルスを抑え込もうとしている文政権に、黙って従っている韓国国民をみているとあながち間違っているとは言えないですね。

    ただ、唯一府に落ちないのは、レミングスは嘘をつかないところかな。

  5. 比較すれば韓国より台湾の方が防疫に成功してるけど、メディアでは「韓国では~」ばかりで台湾に対する言及がほとんど無い気がする。
    ニュースでは、日本でも韓国流のドライブスルー検査とか感染者追跡アプリを導入しようとしてるとか言ってたけど実際のとこどうなんでしょうね。

  6. みなさん、いろいろな問題点を指摘しておられますが、最初の疑問は、
    【そもそも「K防疫」って、成功してるのか?】
    ですね。

    「民主主義」「軍事主義」「防疫と民主主義の関係」「国家としての優秀性」「光州事件の意味」「世界の模範」…
    全部、人類の定義とは違う。それは理解できました。
    あと「何が何でも、ホルホルしたい」のも、よく分かりました。

    彼らの論理構造は「理解できたら負け」のような気がしますが、
    無理を承知で理解に挑んで、今日も砕け散る覚悟はできてます。

    未来人が「20世紀頃の韓国の新聞記事」をみつけて、翻訳に成功すれば、「シュールレアリズム傑作選」に収録するでしょう。
    翻訳には苦労するでしょうねえ。

      1. ご利益は大きいですよ。
        1、ホルホル教大導師「七つの雑誌の人」と、楽しい会話ができるようになります。
        2、韓国政府の政策が予想できるようになります。
        3、韓国マスコミの記事の意味が理解できるようになります。
        4、朝日新聞のモノマネが出来るようになります。
        5、頭痛・肩こり・腰痛が治らないのに加えて、後頭部の慢性的な痛みを楽しめます。
        6、ダリやマグリットの絵が、現実に見えるようになります。

        1. >とろいやさん
          それって、ご利益?
          ほとんどなんとか症候群じゃ?っていう感じで有り難くないのでは?

          1. 心の持ちようです。
            身心滅却すれば炎もまたホルホルです。

            (´人`) ナムナムホルホル

        2. 超常現象を体験できるのですから、何のこれしき。

          副作用といえば、なかなか「通常空間」に戻れなくなるぐらいですね。
          この空間では、1+1が7になったり、Cになったり、虚数になったりします、
          「A+B=7C-i」
          ケンチャナヨ方程式、右項は「七誌への愛は無い」と読みます。

          まあ、たいした事ではありません。

  7. まあでも、米ドルとの為替スワップ(K-スワップ)もそろそろ限界では?
    一足先に、アルゼンチンがデフォルトしたようだけど。
    どうやら今回は、一種の「計画倒産」みたいなものらしい。

  8.  その米国との通貨スワップで、とりあえず自国通貨を安定させている状況だと言う事は、忘れない方が良いと思いますがね。

  9. メディアの記事も政治家も国民も歪んでいるしこんな人たちを相手にまともな人間関係など築けるはずがない。
    朝鮮半島が隣にあることが日本最大の不幸
    いやこういう国家国民の存在は世界の不幸以外の何者でもない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。