2004年、慰安婦たち「挺対協が中国から『買ってきた』人が6人いる』

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

挺対協以外に所属している慰安婦たちが、2004年、「挺対協が慰安婦被害者とする人たちの中の6人は、挺対協が中国から『エンボリ』用に大金を払って連れてきた人だ、と主張していたことが分かりました。

エンボリとは、子供が物を売ったほうが売れる(同情されやすい)点を利用し、子供に物売りをさせることです。韓国ではこのために赤ちゃんや子供を売買することが流行っていました。前にも書いたことがありますが、韓国では日本人相手に「円」ボリ(稼ぎ)をしていたということになっていますが、実はエンボリのエンは幼子の鳴き声(えーんえーん)のことです。過去エントリーを参考にしてください。本件の場合、どこをどうみても子供じゃありませんが、『同情されやすい人を前面に出していお金稼ぎをする』という意味であります。

以下、中央日報からの引用です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<2004年、シム・ミジャ氏をはじめとする日本軍慰安婦被害者12人が、「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)とナヌムの家が日本軍慰安婦だとするお婆さん6人は、大金をかけて、中国から輸入して水曜集会のエンボリにしたものだ」と主張した事実が明らかになった。シム氏は日本最高裁判所が最初に慰安婦被害者として認めた被害者だ。2008年死去した。

シム氏など慰安婦12人が、2004年、ソウル西部地裁に挺対協・ナヌムの家を相手に出した「募金活動やデモ動員禁止仮処分」申込書によると、「被申請人挺対協が主導する水曜集会に参加する被害者は10人内外に過ぎない。中国から輸入してきた正体不明の人たちを動員して水曜集会を維持している」と書かれている。

当時、挺対協側の弁護を引き受けたキム・ガンウォン弁護士は19日、「ずいぶん前の仕事だから記憶がはっきりしない」としながらも「(中国の人は)他国にいて、一歩遅れて帰国した被害者だと見ることもできる」と述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20200520070056893

 

2004年のこの件はあまり話題にならず、12人の殆どがこの申し込みを取り下げた、となっています。裁判所も、2005年に棄却しました。この記事もあまり話題にはなっていません。13時半時点でコメント10個。

さて、もしその6人が、弁護士の言う通り「中国にいた慰安婦」だったなら、「正体不明」とは書かないはずですが。どうでしょう。彼らを正体不明だと主張する他の慰安婦たちも、正体不明なのは同じでは。

『あいつは悪いやつだ』と叫ぶことで、『私は悪くない』を証明できる社会、韓国。AとBが「あいつは嘘つきだ」と叫びあって、調べてみたらAもBも嘘つきだった、という結果になることも多いですが・・・

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (154)

82 Replies to “2004年、慰安婦たち「挺対協が中国から『買ってきた』人が6人いる』”

  1. 韓国人たちは忘れっぽいだけで、こんなことは何度もあった。
    だから、大したことにはならない。
    なったとしても、せいぜい トカゲのしっぽ切で終わりだけだよ。

    韓国で、どんな騒ぎになろうと、韓国人は「従軍慰安婦」の真実を決して見ようとはしないので、日本側からは、見物程度で見ていればいい。

  2. >>韓国では日本人相手に「円」ボリ(稼ぎ)をしていたということになっていますが、

    もしかして「ぼったくり」の「ボる」は韓国語ですか?
    もしそうならすごく納得です。

  3. 韓国に売った中国人達は米国、カナダで慰安婦運動やって、アフターケアしてるのかな。
    食うに困らないからネ、ずっと見守ってるからネ、行って!とかで。

  4. なに、偽の証拠なんて韓国人がよくやることじゃん
    反日に関係することなら、なおさらだ

  5. ホルホル教徒の会話
    教徒A
    「日本の裁判所が認定した慰安婦なんて、親日派に違いない!
    宗主国様が派遣してくれた方が、偉いに決まってる。
    どっちが格上か、ちょっと考えれば分かるだろうに」

    教徒B
    「バカには分からないニダ、バカだから。
    ウリの予想したとおり、またネトウヨがホルホルしてるニダ!」

  6. 失笑以外ないね
    助っ人外国人なんでしょう

    無関係の老人を異国に連れ出して搾取

    国際問題になりそうだが出身は中国
    どうにもならないな 当事者も韓国人だし

  7. >>中国から輸入してきた正体不明の人たちを動員して水曜集会を維持している。
    人間を「輸入してきた」という表現に非常に違和感というか、不快感があるのですが、韓国では普通の表現なのでしょうか。
    サムスンが日本の技術者を輸入しては使い捨てにしている、みたいな表現を日常的に使うのでしょうか。
    少なくとも日本では人間については輸入という言葉は使いませんので。

    1. >>コンバトラーV 様
      韓国では何度も「ドレイ労働犯罪()」が摘発されています
      それも知的障害者など、明らかに反抗できないような相手を対象としてです
      しかも刑罰が妙に軽く、刑期明けにはまた同じことを繰り返しています(この辺はこのシン様ブログでも過去触れられていたかと)
      韓国、そしておそらくは中華圏においては、こうした既に時代遅れとも言える人権無視が当たり前なんでしょう
      アレらにとっては、自分よりも弱い立場のモノなど、ボアザン星における角無しの如く人非人としか思えないんでしょうて

      1. ありがとうございます。
        ただの言葉の違いなのか、
        手紙→中国語では便所紙のことだったりする
        一部の人をモノ扱いする言語文化が存在するのかどっちなのかなと疑問でした。後者なら非常に不快ですね。
        女性をドラム缶につめて補給品だかなんだかとして米軍基地に送ったなんて話も(個人的には事実かどうか疑念あります)信憑性が高まります。

      2. wikiからですが、他にも乳幼児の人身売買なども

        新安塩田奴隷労働事件(しなん えんでん どれいろうどうじけん)とは、2014年2月6日に発覚した大韓民国全羅南道新安郡にある島、曽島[1]の塩田における知的障害者への奴隷・人身売買・搾取事件[2][3][4]。知的障害者が、違法な職業斡施業者に誘われて離島の塩田に奴隷として送り込まれ、劣悪な環境と周囲の黙認の下で長期間に渡って救出もされずに奴隷的労働をさせられていた。
        ttps://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%AE%89%E5%A1%A9%E7%94%B0%E5%A5%B4%E9%9A%B7%E5%8A%B4%E5%83%8D%E4%BA%8B%E4%BB%B6

        1. >>匿名 様
          フォローありがとうございます
          この塩田事件だけでない、というのは誠に胸が悪くなるモノです
          奴隷労働自体は有史以来世界各地で行われていましたし、日本でも類することはあります
          ですが、ここまで被害者を踏みにじっていたのには流石にムカムカとしました
          食事もろくに与えてない、ってんですからね、さらに彼や是や(言いたくないので迂遠表現)やらかすとか
          ちょっと前に、韓国芸能界で「○上納」スキャンダルが結構出てきましたが、構造的には何にも変わらないのですよね
          韓国社会として、そういうことを是認している、というのは日本人として恐怖を感じます
          何しろ日本海を隔てているとは言え隣国なので

      3. 返信ありがとうございます。
        たんなる言葉の使い方の違いではなくて、一部の人をモノと同列に扱うような差別的な言語文化があるのだとしたら、非常に不快です。
        女性をドラム缶につめて補給品として米軍基地に送ったなんて話には本当かなという疑念もあったのですが、信憑性が高まりますね。

        1. >>コンバトラーV 様
          ありがとうございます
          ちょっとお調べになれば分かりますが、韓国にはやたらと罵倒表現が多いです
          それも、相手を動物に例えるなど非常に直接的かつ人扱いしないモノが目立ちます
          差別的言語などは当たり前でしょう

          第五種補給品()は、確か米国側の資料にもあったと思いますよ
          米国としては隠したいところでしょうけど、追軍売笑婦じゃなく文字通りのイアンフだったからなんでしょう
          このイアンフの証言でも、明らかにその時のことの方が多いのです
          ジープで運ばれた(日本帝国軍には碌な四駆小型車両はなかった)とか、ジッパーを降ろしながら(WW2当時の日本のズボンはみんなボタン留め)とか、クリスマスはたいへん(日本には未だにクリスマス休暇なんか無い)とか

  8. いよいよ内紛も煮詰まってきて、「食えない飯なら椀に灰を入れてやる!」と始まったみたいですね
    これ、イアンフビジネスそのものに疑いの目を向けられる自爆ワザでしょう(いいぞもっとやれ)

    シン様もご指摘の通り、ビジネス向けなら効果的PRとしてのよい()商品を並べるのは必要なことでしょう
    スピーカー機能が付いているようなモノなら、余分なことを喋らず、それまでの韓国現地との繋がりの無いものの方が望ましい
    嘘がばれにくくなりますからね
    そう考えると、いかにも「人権、人心の存在を認めない」韓国らしい商売方法だと思います
    ムンムンの目指す独裁的全体国家にぴったりだったんでしょう

  9. 利権争いの泥沼ですね

    日本でもアイヌ保護を訴えてたんですが、そのアイヌの認定が自称も含んでました…その運動者に辛子玉がいた事は事実です(~_~;)

    1. 大失敗しました。リンクそのものをソース記事にしてしまったようです。修正しましたので、よろしければ読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。