『イ・ヨンスの告白は、日本に対する私たちの道徳的・文化的優越性になれる』

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国のニュース専門チャンネルYTNが、今回の慰安婦団体問題が、いわゆる『歴史問題』に及ぼす影響を報道しました。

結論から書きますと、「短期的にはうるさいだろうけど、長期的には、イ・ヨンスの良心宣言は『日本に対する私たちの道徳的・文化的優越性になる』」です。間違いを認める(慰安婦問題の間違いではなく、慰安婦団体の問題)ことで、器の大きさを日本に見せつけよう、というのです。

デイリー新潮寄稿文や本ブログに2~3回同じ文章を書きましたが、韓国にとってイ・ヨンスの件は『慰安婦団体』の問題であり、決して『慰安婦』の問題ではありません。

以下、YTNから部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・短期的には(※日本との歴史問題において)悪影響を及ぼすことが確実視されます。予想通り、これまで微々たる規模で慰安婦運動を蔑視する主張をしていた国内の一部勢力と日本極右勢力が、今回の議論をきっかけに、さらに声を上げる面です。

過去30年の間に蓄積された慰安婦運動の積極的な成果が否定され、特に国際的な支持基盤を拡大している戦時女性人権運動の動力が消える可能性も懸念されます。韓日歴史問題と関連し、韓国政府の利点であった道徳優越性を損なう可能性も損失要素です・・

 

・・しかし、長期的に見れば、肯定的な見通しも可能です。私たちの社会自ら大泛(※人の器が大きく、余裕があるという意味)に誤りを認め、是正する姿は、日本に対する道徳的優越性に文化的優越性を加えながら交渉力を強化することもできます。災い転じて福にするには、まず疑惑と議論の当事者である団体の関係者らが認めて是正する努力を示すべきだと思われます。

私たちの社会も、過去30年間の民間団体の功績と過失を区別して対応する成熟した市民意識を見せてくれれば、災い転じて福になる可能性ははるかに大きくなることが期待されます>

https://news.v.daum.net/v/20200523010438977

よく読んでみると、『上から指示する俺以外の全員は、間違いを認めて直すべきだ』という文章にも見えます。なんというか、強いて言うなら、とてもイアンフな感じの文章です。

 

ネットで見ただけですが・・今回の件で私が見つけた『もっとも韓国的な意見』は、DAUMのある記事(確か、本ブログのエントリーのどれかのソース記事でした)のコメントでした。『慰安婦お婆さんを利用したとして、何か悪いのでしょうか。問題を正そうとする真正性が重要じゃないですか』。結局は、これが韓国のこれまでの、そしてこれからのスタンスでありましょう。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (157)

“『イ・ヨンスの告白は、日本に対する私たちの道徳的・文化的優越性になれる』” への77件の返信

  1. 前提として日本は過去に過ちを認めたことがないし謝罪もしないというのがあるから、韓国の方が道徳的優位に立てるという理屈ですよね
    そしていつも韓国の前提は結論のために自分たちが都合がいいようにねつ造したもの
    論理以前の問題ですが、韓国人に何を言っても無駄ですね

  2. 約束どころか道徳の意味も日本とは違うのだよね。勝てば官軍、負ければ賊軍、結果至上主義の韓国らしい発想だ。

  3. 嘘を恥と思わない文化だから道徳的・文化的に優位にたてると思ってる韓国人らしい考え方

  4. 「合意は維持する」
    韓国政府の言葉です。
    言質はとっております。

  5. 「慰安婦問題について、ウソをついていた者がたくさんいるが、韓国人活動家は何人もが、潔くウソを認めた」
    「一方、慰安婦支援活動をしていた日本人で、自分の誤りを認めた者は、非常に少ない」
    「ゆえに、韓国の方が道徳的に上である」

    この図式を成立させられたら、日本の完敗です。
    さあ、韓国の活動家のみなさん、ウソを認めましょう!
    名乗り出ると韓国政府から報奨金も出る、という事になると、日本はさらにピンチに追い込まれます。

  6. イ・ヨンスは元慰安婦だったとしても朝鮮戦争の洋公主、米軍慰安婦でしょう

    2015年のアメリカ講演で「満16歳の時に英語も分からないまま日本軍に連行されていったのが台湾にある日本軍の神風部隊だった。そこで、日本軍兵士の部屋に入らないと言って殴られ、電気拷問まで受けた。」と語ったのは、「英語の分からないまま米軍に連行」された、そして電気拷問は朝鮮戦争前から韓国で共産主義のシンパと目された者に電気拷問が行われていたことを考えると米軍慰安婦だったとしたらつじつまが合います

    1. この台本を覚えられなかったので、電気拷問だけ強調したんだと思いますよ(笑)

      ▼アメリカ 下院公聴会 資料より抜粋
      https://www.govinfo.gov/content/pkg/CHRG-110hhrg33317/pdf/CHRG-110hhrg33317.pdf

      There I was tortured with electric shocks. He was very cruel. He pulled out the telephone cord and tied my wrists and ankles with it. Then, shouting ‘konoyaro!’ he twirled the telephone receiver. Lights flashed before my eyes, and my body shook all over. I couldn’t stand it and begged him to stop. I said I would do anything he asked. But he turned the receiver once more. I blacked out

      1. 公聴会の事前配布資料では、イ・ヨンスの物語は、慰安所のオヤジに目から火花出るほど、電話の受話器で何度も殴られて気絶したことになってます(笑)

  7. >「短期的にはうるさいだろうけど、長期的には、イ・ヨンスの良心宣言は『日本に対する私たちの道徳的・文化的優越性になる』」

    国格といい、道徳的・文化的優越性といい、なんだろうね、この何かにつけてのランク付けには、ウンザリするんですが。

    まず嘘をついた時点で道徳的でもないし、売春宿から発展した戦争当時の慰安婦は文化的でもないでしょうに。

    ひょっとしたら無形文化遺産には登録できるかもしれませんが。

    全く論点の異なるものをくっ付けて、都合の良い優位な結論につなげていく話の展開は、韓流ドラマによく見られる幼稚な筋書きとよく似ています。

    そこが日本のおばさんたちにはうけているんですが、論理的なストーリーでないと納得できない男たちには、パチンコに取り上げられるまでは誰も見向きもされません。

    厳しい受験戦争を潜り抜けてきても、まともな思考回路も形成されておらず、真実を探求する力も身についていない韓国の人たちは、欧米諸国の引いたレールの上に乗っている間は良いでしょうが、外れるや否やまともに付き合ってくれる国が存在しないことに気付くかもしれませんね。

    1. 文化的な売春婦!
      日本では吉原の花魁とかありますね。花魁道中までしたとか。
      落語にもなってるくらいです。
      西洋でも絵画の対象となってたりしてます。
      隠微だけではないんですけどね、韓国意外では

      西洋では
      オルセー美術館「Splendour and Misery:1850年~1910年を生きた娼婦たち」展
      ttps://www.atelier-blanca.com/blog/2015/12/08/splendeurs-et-miseres/

  8. 道徳って!
    約束の意味が違う人達とは…
    女衒や幼児売買が横行してるんじゃねぇ

  9. 慰安婦を団体にだけ利用させせては割りが合わん、
    いよいよ国民総出で慰安婦を利用しよう。

  10. そもそも韓国の真正性そのものが、大嘘だからどうしようもない。

コメントは受け付けていません。