『イ・ヨンスの告白は、日本に対する私たちの道徳的・文化的優越性になれる』

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国のニュース専門チャンネルYTNが、今回の慰安婦団体問題が、いわゆる『歴史問題』に及ぼす影響を報道しました。

結論から書きますと、「短期的にはうるさいだろうけど、長期的には、イ・ヨンスの良心宣言は『日本に対する私たちの道徳的・文化的優越性になる』」です。間違いを認める(慰安婦問題の間違いではなく、慰安婦団体の問題)ことで、器の大きさを日本に見せつけよう、というのです。

デイリー新潮寄稿文や本ブログに2~3回同じ文章を書きましたが、韓国にとってイ・ヨンスの件は『慰安婦団体』の問題であり、決して『慰安婦』の問題ではありません。

以下、YTNから部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・短期的には(※日本との歴史問題において)悪影響を及ぼすことが確実視されます。予想通り、これまで微々たる規模で慰安婦運動を蔑視する主張をしていた国内の一部勢力と日本極右勢力が、今回の議論をきっかけに、さらに声を上げる面です。

過去30年の間に蓄積された慰安婦運動の積極的な成果が否定され、特に国際的な支持基盤を拡大している戦時女性人権運動の動力が消える可能性も懸念されます。韓日歴史問題と関連し、韓国政府の利点であった道徳優越性を損なう可能性も損失要素です・・

 

・・しかし、長期的に見れば、肯定的な見通しも可能です。私たちの社会自ら大泛(※人の器が大きく、余裕があるという意味)に誤りを認め、是正する姿は、日本に対する道徳的優越性に文化的優越性を加えながら交渉力を強化することもできます。災い転じて福にするには、まず疑惑と議論の当事者である団体の関係者らが認めて是正する努力を示すべきだと思われます。

私たちの社会も、過去30年間の民間団体の功績と過失を区別して対応する成熟した市民意識を見せてくれれば、災い転じて福になる可能性ははるかに大きくなることが期待されます>

https://news.v.daum.net/v/20200523010438977

よく読んでみると、『上から指示する俺以外の全員は、間違いを認めて直すべきだ』という文章にも見えます。なんというか、強いて言うなら、とてもイアンフな感じの文章です。

 

ネットで見ただけですが・・今回の件で私が見つけた『もっとも韓国的な意見』は、DAUMのある記事(確か、本ブログのエントリーのどれかのソース記事でした)のコメントでした。『慰安婦お婆さんを利用したとして、何か悪いのでしょうか。問題を正そうとする真正性が重要じゃないですか』。結局は、これが韓国のこれまでの、そしてこれからのスタンスでありましょう。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (157)

77 Replies to “『イ・ヨンスの告白は、日本に対する私たちの道徳的・文化的優越性になれる』”

  1. >日本に対する道徳的優越性に文化的優越性を加えながら交渉力を強化することもできます

    こういう発想、情報戦としては上手いなと思います。別に韓国は自身らの悪を認めたくないだけなんでしょうけど。

    日本も、慰安婦問題を問題ではなく、道徳的優位性()に変換してプロパガンダできるといいんですが。
    だって、国として戦時の性問題に向き合い支援してる国なんて日本くらいですよ?それこそ逆転の発想で、日本は女性を無視しない国、きちんと謝りを認め正すことが出来る国だというアピールも出来ないわけじゃない。
    やるやらないは別として、出来る可能性があるってだけですが。

    もっとイラク戦争やら他国の内戦やらの女性問題について積極的に首突っ込んで女性に支援しつつ、さも慰安婦問題が日本固有であるかのように今まで戦時女性を無視してきた他国を非難してまわることもできたはず。

    善悪は別として、ただ事実を自分の都合の良いようにプロパガンダする能力は、韓国には及ばないなと感じますね。

  2. 以前、ここで、韓国人は生後半年くらいの幼児を大きくしたような存在だと述べたことがあります。発達心理学的の言葉を借りれば、「空想の母親」から「現実の母親」への移行を失敗している、ということです。

    本来ならば、生後半年を過ぎるあたりから、赤ちゃんは、自分と母親は別の存在であることに気づき、別の存在でありつつも同じ世界を共有していることにも気づいてゆく。それとともに「空想の悪い母親」への攻撃を抑制するようになります。そして、お互いに真似し合ったり、同じものを見て笑ったり、喜んだり、驚いたりと、母親と「情動調律」を繰り返しながら、その文化において共に生きてゆくための情動の制御を身につけてゆきます。

    この「現実の母親」への移行に失敗していて幼児心性のままであることが分かりづらいのは、1歳半を過ぎるあたりから作動し始める言語システムの自律的な発達があるからです。情動システムの異常を、作動原理がまるで違う言語システムが見えづらくしている。

    でも、その言語システムも、「母親(他者)が自分とは別の存在であり、その他者と同じ世界を共有している」という現実には接触できないまま「論理設計(笑)」するしかない。そして、「他人のいない世界」で勝手に作動し憶測や空想を膨らませていってしまう。

    自らを含めて、他の人をまとまりをもった人格的存在として捉えることも出来ない。「女性は女性器」的に単なる機能や道具と扱ったり、世界を善悪に分断・二極化(スプリッティング)して捉え、不快なことはすべて空想の悪い側に押し付け、攻撃し、空想の善の側を守ろうとする「原始的な心理防衛機制(妄想ー分裂ポジション)」といった幼児心性があちこちで露呈してきてしまう。

    もともと現実から逃げているんだから歯止めがない。何もしなくても身内にされたり、敵にされたり…。そして、「悪の権化」とされてしまっている日本は、その妄想集団の危険性にもっと留意する必要があります。

  3. 慰安婦の嘘や正義連の不正等、日本では知らない人がいないほど周知の事実。今更ながら騒ぐK国はどれだけ情弱なのか。被害者に知らせず、本人の合意をどう得られるのか?言論統制こそ、K国が問われる問題だろう。

  4. 〉日本に対する道徳的優越性に文化的優越性を加えながら交渉力を強化することもできます

    詐欺師が詐欺師を告発しただけの話。どこに道徳があるのか、どこに文化があるのですかね。日本に対してマウントしたいことだけはわかりますがね。

  5. >韓日歴史問題と関連し、韓国政府の利点であった道徳優越性を損なう可能性も損失要素です・・

     利点も何も日本人は韓国に対して「道徳劣等性」を感じていない。交渉材料として「利点」となるとすれば、日本が韓国の「道徳優越性」を認め自分たちに罪の意識がある場合だけです。

     「道徳優越性」の根幹に「嘘・ねつ造」「我欲」「嗜虐」を看取できる。その時点で何の意味も持たない。韓国でいう「ジイ(好きな漢字を当ててください)」にしか過ぎません。

     日本人は指摘しませんが、朝鮮半島から帰国する日本人がどれだけ残虐なひどい目に遭ったかは、五木寛之さんの文章や韓国が躍起になって米国での教科書採用を取り消させた「竹林はるか遠く」に書かれているとおりです。
     韓国では「証言」の客観性や論理的な追求は不必要なそうなので、慰安婦の証言のように「自己矛盾」がないだけ「道徳的に」優位です。韓国人の「道徳的劣性」を証明するものです。著述には韓国を糾弾する意図はありません。それだけに逆に「残酷さ」が際立ちます。

     韓国人は他国との関係において「対等」がありません。「上下」だけがあります。「互いにいいところもあるし、悪いところもあるよね」はありません。韓国の卓越した民族的優越を相対化してしまうことになるからです。

     戦後の日本の誤謬は「韓国の承認欲求を満たせてやれば、仲良く未来に進める」と考えたことです。そのための「妥協や援助」は逆効果です。韓国が日本の「妥協や援助」を認める。それは韓国では「民族的劣性」を認めることになるからです。

     それを否定するために「道徳的優位性」を構築しなくてはならない。慰安婦問題の根幹は「韓国の自尊心の問題」です。

     慰安婦の否定は韓国の自尊の否定です。永劫解決しません。解決させるためには「慰安婦問題」と「韓国の自尊」「韓国の優秀性の否定」とを切り離さなくてはなりません。

     切り離すためには韓国の自助努力で「嘘・ねつ造のない自尊」を構築しなくてはなりません。「嘘・ねつ造のない自尊」があれば、逆に「慰安婦問題」は邪魔になります。しかしこれは無理です。

     「嘘・ねつ造」のない「韓国」はもはや「韓国」とは呼べないからです。

  6. >結局は、これが韓国のこれまでの、そしてこれからのスタンスでありましょう

    韓国人がバカにされる原因が
    韓国人の幼児性
    大人になろうとしない幼稚性なんですけど

    ( ̄∇ ̄)韓国人が自覚する事は永遠にないでしょうねぇ
    私が韓国人には遺伝子的欠陥があるのでは無いかと言うのは
    この幼稚性は
    どれだけ学業を積もうとも、どれだけ経験を積もうとも
    韓国人から決して切り離せない特性だからなんですな

  7. 基本的なところで理解出来ないのですが、道徳や文化って優劣を比較するようなものでしょうか?それこそ道徳的でも文化的でもないように思えます。単に劣等感を吐露しているだけのようにすら感じます

    1. 「道徳や文化に優劣がある。」
      これが韓国社会での文化で、日本は道徳も文化も韓国に劣るという共通認識を韓国人が持っている以上、日本がその価値観の外にあるといくら話したところで理解されないでしょう。

  8. 迷惑をかけられた日本人の被害者心情、国民感情は
    どうしてくれるのだろう?

    韓国って、お前の物は俺の物。俺の物は俺の物。的な
    視野があまりにも酷すぎる。

    自ロ他不(내로남불、ネロナムブル)って、日本では子供の頃に
    厳しく戒められ、他の人からは嫌悪される考え方なのに、
    韓国人には、骨の髄まで染み込んだ生活(?)(思考?)様式の
    ようで、記事を読むだけで吐き気がしてくる。

  9. ある意味すごいことかも。
    どんなときにも活路(上下)を見いだす根性。
    よく言われる生死の分かれ目は生きたいという意思だ~
    でも今回は詐欺師グループ同士の銭ゲバなんだけどね。
    とっくに日本にはばれて韓国でも一部ばれてるけど幼稚園からの洗脳がなかなか溶けない、こんな感じかな。
    教育が変わらなければこの状態は終わらない。
    「反日種族主義」一冊では変わらない。
    それまで「丁寧な無視」かそれを踏まえた世界情勢を見極めた上での再構築。
    そんな政治家(国民)がいつ出来るのやら
    (今回の新型コロナではお笑いワイドショーに扇動されませんでしたねー、以外と良い感じ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。