『イ・ヨンスの告白は、日本に対する私たちの道徳的・文化的優越性になれる』

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国のニュース専門チャンネルYTNが、今回の慰安婦団体問題が、いわゆる『歴史問題』に及ぼす影響を報道しました。

結論から書きますと、「短期的にはうるさいだろうけど、長期的には、イ・ヨンスの良心宣言は『日本に対する私たちの道徳的・文化的優越性になる』」です。間違いを認める(慰安婦問題の間違いではなく、慰安婦団体の問題)ことで、器の大きさを日本に見せつけよう、というのです。

デイリー新潮寄稿文や本ブログに2~3回同じ文章を書きましたが、韓国にとってイ・ヨンスの件は『慰安婦団体』の問題であり、決して『慰安婦』の問題ではありません。

以下、YTNから部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・短期的には(※日本との歴史問題において)悪影響を及ぼすことが確実視されます。予想通り、これまで微々たる規模で慰安婦運動を蔑視する主張をしていた国内の一部勢力と日本極右勢力が、今回の議論をきっかけに、さらに声を上げる面です。

過去30年の間に蓄積された慰安婦運動の積極的な成果が否定され、特に国際的な支持基盤を拡大している戦時女性人権運動の動力が消える可能性も懸念されます。韓日歴史問題と関連し、韓国政府の利点であった道徳優越性を損なう可能性も損失要素です・・

 

・・しかし、長期的に見れば、肯定的な見通しも可能です。私たちの社会自ら大泛(※人の器が大きく、余裕があるという意味)に誤りを認め、是正する姿は、日本に対する道徳的優越性に文化的優越性を加えながら交渉力を強化することもできます。災い転じて福にするには、まず疑惑と議論の当事者である団体の関係者らが認めて是正する努力を示すべきだと思われます。

私たちの社会も、過去30年間の民間団体の功績と過失を区別して対応する成熟した市民意識を見せてくれれば、災い転じて福になる可能性ははるかに大きくなることが期待されます>

https://news.v.daum.net/v/20200523010438977

よく読んでみると、『上から指示する俺以外の全員は、間違いを認めて直すべきだ』という文章にも見えます。なんというか、強いて言うなら、とてもイアンフな感じの文章です。

 

ネットで見ただけですが・・今回の件で私が見つけた『もっとも韓国的な意見』は、DAUMのある記事(確か、本ブログのエントリーのどれかのソース記事でした)のコメントでした。『慰安婦お婆さんを利用したとして、何か悪いのでしょうか。問題を正そうとする真正性が重要じゃないですか』。結局は、これが韓国のこれまでの、そしてこれからのスタンスでありましょう。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (157)

77 Replies to “『イ・ヨンスの告白は、日本に対する私たちの道徳的・文化的優越性になれる』”

  1. >※人の器が大きく、余裕があるという意味

    この感覚は中華独特の感覚で、現代で例えると「無茶な事でも非合法な事でも目的に為には手段を厭わないのが能力のある人」とか「自己の属する宗族や集団の為には嘘を付いても良いが身内の恥は晒すな」って感じ
    これを突き詰めればKの偽慰安婦問題のような、嘘で塗り固められた道徳性を助長する事になるので、日本に向けて<道徳的優越性に文化的優越性>等は余計に主張出来ない悪循環に陥るだけなんだけどね(笑)

    1. >「無茶な事でも非合法な事でも目的に為には手段を厭わないのが能力のある人」とか「自己の属する宗族や集団の為には嘘を付いても良いが身内の恥は晒すな」
      これは何も韓国だけでなく、日本でも一般的に見られる行動様式なり判断です。
      米国だってこうしたことは多い。警察や軍その他官僚機構がが法的にもきちんと完備されると、逆にこうしたことが多発し、まあ「映画」でもあるように、時には倫理的にも良しとされます。
      ま、それでも普通、これはlaw & orderを乗り越えてしまう事態だから、あえて為す人はそれなりに覚悟がいります。
      国という枠組みの中で求められることと個人の倫理観が違うのは当たり前で。
      ただし、「手段を厭わない」「嘘を付いても良い」としてもその際、当事者に「この手段はルールに反しているがしかし」「嘘をつくことはもちろん悪いが、しかし」
      という、Yes,but,,,であるはずで。
      韓国人は日本やハリウッド映画の見過ぎでしかも作品意図が伝わってい。主人公があらゆる非合法なコトや嘘や暴力に訴えても、最後はハッピーエンド。「やったあ、正義が勝った」という理解が先行するのでしょうか。この間の主人公他の苦渋は見えていないし、物語の背景についての理解ができない。
      そうですね、、背景。どんなストーリーでもその背景を見誤れば、または読み取れなければ、物語は虚しく消えていきます。

      1. >これは何も韓国だけでなく、日本でも一般的に見られる行動様式なり判断です

        その行動様式に到る筋道の違いが問題で、シナと朝鮮には儒教 朱子学を議論の拠り所とする「士大夫」や「科挙」等に見る文人文化がありますが、アメリカには儒教 朱子学はありません
        日本には武家文化があり天皇 将軍両方を正統として議論をする必要がありましたから、あちらとは放伐の考え方も違い傍流
        武器 武力を自分達で用意し領地を運営する武家や騎士制度、武士道やら騎士道等と称される存在はシナ朝鮮にはいない

        どこの国でも一般的に見られる行動様式ですら、源流にある道徳観や文化観がシナ朝鮮やアメリカとも違いますから、比較は必要でしょ。

  2. あまり関係ないことを記します。(ちょっとはあるかな?)
    先ほど日本新聞協会がNHK予算は2000億円削減できる。だと
    受信料を取られ馬鹿騒ぎ、隣国の悪いことは積極的にスルー
    で頭にきているから良い傾向ではあるが新聞協会もワを掛けて変更が酷いよね。仲間同士だよね
    何故削減?  もしかしてこれも銭かな?
    新聞の売り上げが落ちテレビもスポンサーが離れ、金がなくなってきたらNHK様だけが受信料で肥え太っていたのが見えた。
    なら半島国家と同じで「あっちも落としてやれ」。あれま。同じだ
    さあ、NHKはどう出るかな。

  3. 内輪もめしても、対外的(対日本)には変わらないでしょ。
    だって韓国人って嘘吐きの泥棒だし。

  4. 韓国は日本のことを未開な後進国と見なしている一方で
    日本は韓国から文明を学んだ韓国と同一文化圏の国だと
    見なしている節があるんですよね

    韓国と話が通じないのはまだ日本が後進国だからで
    日本が精神的に成熟すれば韓国的になるはずだと
    楽観的に日本を眺めていると思います

    韓国が二つあっても対話は成立しないんですけどね。
    韓国人だってそこはよくわかっているから
    日本が韓国に対して侵略野心を捨てることは
    絶対にないだろうと確信してると思われます

  5. シンシアリーさん こんにちは。
    >日本に対する道徳的優越性に文化的優越性を加えながら交渉力を強化することもできます。
    交渉力を強化って何よ?もう済んだハナシやし、知らんがなww
    日韓合意を破棄する気満々だなぁ、実質守っとらんしww
    そんなモン強化せずに、この秋冬に向けて免疫力アップしといた方がよっぽど有意義だと思うんだが(棒
    いつもの「カネカネキンコ」ですね^^

  6. どうでもいいけど、ユン・ミヒャンの留学中の娘は卒業までいられるのかな、まさか強制帰国とか。
    ちょっと娘の事が気になりました、親は選べないしな。

  7. こういう事を「道徳」だとか「文化」だとか、韓国人は言う。
    みなさん、呆れてますが、
    しょうがないのですよ。

    韓国で言う「道徳」や「文化」とは、そういうものなのだから。
    「人類標準の『道徳や文化』を理解しろ」というのは、
    日本人に向かって「空気を読むな」とか「トイレに行っても手を洗うな」と言うに等しい。

    しかも、それを「序列争い」につなげてはいけない、なんて、あり得ない!と、彼らは感じるだろう。

    という事を、シンシアリーさんや呉善花さんの著作は、教えてくれている、と思いますよ。

    そういう人たちだと理解して「距離を置いて付き合う」しか、ないのです。だいたい100光年ぐらいが適正距離でしょうか。
    ※この「距離」は、七誌語の「距離」とは違います、念のため。

  8. 道徳的・文化的優位性など、韓国がしんじるのは勝手だが
    日本がそれをみとめなければ何の意味もないのだが
    それに気づくのはどれだけ時間がかかることか

  9. 見せつけられました。
    30年も嘘つきを放置する器の大きさを。
    しかしまだまだ小さい。
    32年も嘘記事を放置した朝日新聞には及ばない。

  10. よくもまあこんな恥知らずな思考ができるものだと感心しますわ。
    本当に韓国ではこれが普通なんですか?
    戦慄しか覚えないんですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。