慶州市、日本内の都市への追加支援計画を全面キャンセル・・「市と市民全体が攻撃されている」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国の観光都市で有名な『慶州(キョンジュ)』市が、あくまで自治体レベルとして、日本の奈良市に防護服などを支援しました。前に、慶州市が台風や地震などで被害を受けたときなど、持続的に奈良から支援を受けてきたそうで、その恩返しの意味もあったそうです。

ですが、案の定、何で日本に支援したのかと、慶州市は袋叩きにされました。政府が支援を検討しているという、推測記事があったときすら、かなり激しい反応でしたから・・実際に記事によると、市長の解任を要求する国民請願が6万人以上の支持を得、慶州不買運動まで予告されていた、とか。

結局、慶州市は日本の姉妹都市などに予定していた支援計画を全て取り消し、もう追加支援は行わないと頭を下げました。以下、韓国日報の記事から部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<新型コロナウイルス感染症(コロナ19)事態に苦しんでいる日本の姉妹・友好都市に防疫物品を支援し、否定的な国内世論に袋叩きにあった慶尚北道・慶州市が、25日、他の地方自治団体への追加支援計画を全て取り消した。

市の関係者はこの日の午前、韓国日報との通話で「日本国内の他の姉妹都市、友好都市などに予定していた防疫物品追加支援を取り消した」とし「いろいろと時期が不適切だという批判については、納得して受け入れる」と述べた。

彼は「純粋な人道主義次元で送っただけなのに、国民情緒がここまでだとは全く予想しなかった」とし「これにより、慶州市と市民全体が攻撃されていることに、困惑もしているし、胸が痛い」と吐露した・・>

https://news.v.daum.net/v/20200525121857329

 

市長は「広い視野で日本を助けることこそ、日本に勝てる道」「防護服の有効期限が残り少ないので、奈良や大邱など他の自治体に送った」など話したけど、効果がなかったそうです。

大邱「あ、そうだったの」 奈良「へぇー」

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (146)

“慶州市、日本内の都市への追加支援計画を全面キャンセル・・「市と市民全体が攻撃されている」” への76件の返信

  1. 文政権は反日かも知れません。でも一般の韓国人には良い人もいるんですよ。  …とはとても思えません。

    1. 良い人「も」いるは表現として正しいんじゃないですか?

      良くない人の方が多いということになりますし

    2. 一人でも良い韓国人がいれば「良い人もいる」と言えるでしょ。
      つまり、あなたにとってシンシアリーという一般の韓国人は良い人ではないと?

      1. シンシアリーさんは、良い人悪い人のククリではなく、
        公平な人だと思う

        (良い人悪い人は、立場によって変わるから)

  2. もうすぐ経済という現実が否応無しに目の前に現れるけど、その反日があれば乗り切れると思うよ
    世界中自分の国の事で忙しいから誰も助けてくれないけど頑張ってね

  3. 「船頭多くして舟山に登る」と言いますが
    「Pied Piper 多くして韓国どこへ行く」という感じですか
    碌なことにならないのはわかってるはずですがね

  4.  慶州市は、奈良以外に日本の3つの都市と姉妹・友好都市提携をしています。福井県小浜市、大分県宇佐市、栃木県日光市です。Wikiによると日本国兵庫県出石町(現・豊岡市)もそうらしいのですが、慶州市のHPでは確認できませんでした。

     奈良は保守王国(今は薄らいできました)でありながら、左派系団体、親韓系宗教の多い地域です。相互の友好援助には多分にそういう背景もあるのではないかと思っています。「友好・援助」には受け取りも援助も反対しないのが日本人のメンタリティです。日本側には反対する理由はありません。

     慶州市が友好提携するところは、観光提携の日光市を除いて「歴史的繋がりが推測される」地域です。そして当たり前の話ですが、「韓国から日本への伝播」と言う文化のマウンティングが基本にあります。

     「援助」はマウンティングを濃くする作用があります。韓国では「ものを与える(捧げる)」行為には立場が「上か下か」の二面性があります。韓国ではいまも「東日本大震災」のときを例に挙げて「援助してやったのに」という声が多い。一方日本では「相身互い」というフラットな意識が強い。

    >市長は「広い視野で日本を助けることこそ、日本に勝てる道」

    「勝ち負け」で「援助」を説明するのですから、「援助してやったのに」の方です。「上が下へ」の援助です。

    >「防護服の有効期限が残り少ないので、奈良や大邱など他の自治体に送った」など話したけど、効果がなかったそうです。

     不用品の処分だと自らが説明するのは、「私達には不要品でも相手にとっては必要」と言うことを言外に述べています。意識していようがいまいが、「マウンティング」発言です。こう言われた「被援助側」の気持ちなど考えていません。

     韓国は、日本が考える友人として同一目線での「友好」ではなく、自分たちが「上」の「友好」を考えます。

     慶州市のニュースを目の当たりにして、慶州市に援助を受けても日本では感謝どころか反発を買います。慶州市のしたことは日本人の考える「友好」から観ると逆作用です。「友人に援助する。批判されてもする」でよかったのです。この説明では日本からの感謝など受けられません。形式的な謝意が伝えられるだけです。

     東日本大震災の時の援助は日本人の心を傷つけるものでした。それが韓国人には理解できません。

     そしてしばらくして何かあったときに韓国人は言います。「コロナの時には日本に援助してやったのに」と。

    1. ※下に「ぼっこちゃん」の書き込みがあったので星新一風のショートショートです。

       北朝鮮から韓国に脱北を名目にスパイが送られました。スパイの目的は韓国の情報を本国に送ることです。より精度の高い高位な情報を求めて、スパイは周囲の信頼を買うため努めます。奉仕活動をし、困っている隣人を助け、嫌な仕事も進んでこなす。

       そのうちに周りから絶大な支持を集め、ついには議員になります。議員になってもスパイは「もっと高位な情報を得るため」に周りに気配りを欠かさず、私欲なく自己犠牲をいといません。

       その努力の結果、推挽され大統領候補になります。韓国では珍しい私利私欲を度外視した候補です。とうとう大統領に上り詰めました。スパイは大統領になると自分の立ち位置に自尊が芽生え、本国に情報を送らなくなりました。

       話が違うと怒った北は韓国に漏洩します。「おまえたちの大統領は北のスパイだ」と。そのころには国民に絶大な支持を得ていた大統領。韓国人は「我々の大統領に荒唐無稽なスパイ容疑をかけるとは!」と激怒します。北の観測的な軍事行動にも過敏に反応して、とうとう平壌まで侵攻して金一族を滅ぼしてしまいました。

       

  5. 日本は韓国にとって「鏡」の中の悪魔。
    いれば上手くいくけど、逃してしまうと自分たちで殺し合いを始めてしまう。

    だから日本を絶対逃さない。

    退屈そうな息子に「ぼっこちゃん」でも渡してみよう。

    1. >いれば上手くいくけど、逃してしまうと自分たちで殺し合いを始めてしまう。

      なんか共産主義者と相性のよさそうな性質ですね。
      批判する対象がいると上手くいくけど、閉鎖空間に共産主義者だけを集めると批判対象を求めて責任を擦り付け合い内ゲバを始める。

      息子さんには「十二国記」とかどうでしょう?
      作中の『責難は成事にあらず』は名言だと思います。

  6. 「期限切れ間際の物資の廃棄処分費をケチって送りつけたwwwタダで恩を売れたwwwこれで勝利なwww」

     控えめに言ってもクズ過ぎる言い訳に草。

  7. 同調圧力、と言うよりもっと暴力的な何かですな
    別に日本を敵国扱いするのは、今更かまわないと思うのですが、それで損するのって最終的に韓国だけだと思うんですが
    特に今般のK防疫()においては、韓国は成功()()している以上は、にっくきイルボンに恩を売る絶好の機会だと思うんですけどねえ

    1. >「同調圧力、と言うよりもっと暴力的な何か」
      それですね。

      思うに、
      日本の「世間様」とは、ある程度「正体が分かる」もの、です。何をすれば世間の迷惑になるのか、たいていの人には見当がつく。
      韓国の「反日様」は、多分「韓国人にとっても『何をすると反日様の敵=親日派とみなされるか』、見当がつかない」のでしょう。

      「反日様」の替わりに、何を持ってきても、そうです。
      なぜなら「誰か」に焼き付けられる烙印「○○○の敵」は「レッテル」に過ぎないし、つまるところ、その意味は「烙印を押す者の敵」でしかないから。
      要するに「○○○の敵」の意味は、常に不確定なのです。

      こういう社会では、誰かにその「レッテル」を貼られないように「自分がレッテルを貼る側」に回らなければならない。
      そして「少しでも『○○○の敵』の成分を含む」と思われるモノには、可能な限り残虐な攻撃が向けられなければならない。

      「○○○の敵」の危険性が、ある閾値を超えると、「損得」は問題にならなくなるのだと思われます(閾値の測定が、いつも間違ってるのですが)。
      そこで「過剰な攻撃性」だけが、むき出しになります。

      おまけに、その「過剰な攻撃性」の表現型が、陳腐でみみっちくて卑怯です。
      とどめに、「何をしようが、みんなでやれば、自分の責任じゃなくなる」と、全員が思っている。

  8. 「絶対に逆らってはならないもの」
    日本:「世間様」
    韓国:「反日様」

  9. 戦争中の敵国に対する扱いと一緒なんよな、、
    敵国に災害が起こって支援する人が現れたらフルボッコで叩かれるという、、

    まぁいま平時だからただの人種差別でしかないんですがね。

コメントは受け付けていません。