韓国、与党から「親日派の墓を『破墓』せよ」主張

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国には、パミョ(破墓)という言葉があります。墓を撤去するという意味で、今でも工事などで墓を撤去するときにも破墓と言いますが、なんで「破」の字が入るのか、個人的に、ちょっと疑問です。

昔、儒教社会の韓国で墓を撤去するというのは、相応の思わしくない理由があったのでしょう。例えば、大きな罪を犯した人、またはその親の墓を破壊するなど、です。だから「破」の字を使うようになったのではないでしょうか。

ときに2020年、韓国では、また『悪者たちの墓を破墓せよ』という主張が出ています。政治圏から。以下、ニュース1の記事、部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<護国報勲(※国を守った行いが報われるようにする、という意味)の月である6月を控え、与党側と市民社会団体を中心に、顕忠院(※韓国の国立墓地)に埋葬された親日派を「破墓」(墓を掘り返す)しなければならないという声が高まっている。

破墓論議は去る24日、国立ソウル顕忠院で開かれたキム・ソンスク先生記念事業会主催のイベントではじまった。参加したイ・スジン共に民主党国会議員当選は「歴史を正すために、親日派を顕忠院から破墓するのは当然である」とし「顕忠院に来ると、親日派の墓地を破墓する法律案を作らないといけないと思う」と述べた。

これまで顕忠院に埋葬された親日派は、ほとんどが独立軍討伐に活動した履歴がある人物だ。ほとんどは光復の前、日本軍・満州軍で活動したが、光復後には大韓民国の国軍創設の核心人物として参加した・・>

https://news.v.daum.net/v/20200528063023024

 

言い換えれば、彼らは朝鮮戦争で、韓国軍の主役でもありました。率直に言って、「親日派である」点よりも、朝鮮戦争の英雄だったという点が、左派が彼らを嫌う理由でありましょう。どうしても破墓できないなら、墓の隣に『~~な悪いことをした人の墓です』という説明文を設置する案もある、とのことです。

100歳となった朝鮮戦争の英雄、ペク・ソンヨプ(白善燁)氏に対しても、国立墓地に墓を作ってはダメだという主張が、最近になって、特に強くなっています。ペク将軍もまた、国立墓地は諦めて、地方にある某戦跡地に埋めてほしいという話をしたことがある、とも。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5