何も変わっていない韓国・・1995年の「破墓」関連記事

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

いまでは左派思想の本拠地とも言える光州(クァンジュ)ですが、ソース記事が書かれた1995年(5月18日)には、まだ光州といえども、行政・公安当局は反共思想が強い状態でした。それを背景にお読みください。

一つ前のエントリーで、いわゆる親日派たちの破墓関連の動きをお伝えしましたが、実は1995年、「反共」を理由に、似たような事件がありました。

非転向長期囚というものがあります。例えば、朝鮮戦争のときに韓国軍の捕虜になって、それから思想の転向を認めず、ずっと囚人となっていた人たちです。そのまま亡くなったり、さすがに年を取りすぎで釈放となったりもしました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

その非転向長期囚の一人、ユン・ギナムという人の墓は、光州の518墓域(光州民主化運動関連者たちの墓地)にありました。合法的なものではありますが、その時、市民団体がユン氏の葬式で『愛国の闘士』と話したり、なんで非転向長期囚が518墓域に眠るのかなどで、かなり論争がありました(確かに、非転向長期囚の墓を何故518墓域に作ったのでしょうか?)。軍事政権だったなら、絶対にダメだったでしょう。それから約2ヶ月後、ユン氏の墓が、破墓され、何の法的手続きも無しに別のところに移転となりました。妻など、遺族も韓国に住んでいましたが、誰にも何の連絡も無かった、とのこと。

 

ちょうど、軍事政権が数々の不正で終わり、518墓域も民主化運動として注目を浴びていた頃です。518墓域を訪れる人たちが、非転向長期囚の墓にまで頭を下げるのを、黙ってみているわけにはいかなかった、そんな理由だったと言われています。その際の、ハンギョレ新聞の記事を一つ紹介します。

<光州市民たちは、去る15日(1995年5月)にマンウォルの518墓域から、非転向長期囚であるユン・ギナム氏の墓が違法的に掘り返された事件に、衝撃を受けている。公権力が、すでに命を亡くした人の思想を理由に、倫理と法律を無視したまま独断を起こしたからだ。光州地域の行政・公安当局が破墓を敢行した理由は簡単だ。民主聖地化しつつある518墓域に眠る資格など、非転向長期囚には無いというのだ。大勢の公職者と追悼客が頭を下げる518犠牲者たちの中に、非転向長期囚の墓が含まれるなど受け入れられないというのだ・・>

 

一つ前のエントリーの件は、法律を作ろうとしているから『違法的なもの』ではないかもしれません。ある意味、法を勝手に作るというのがもっとも恐ろしい違法とも言えますが・・

どうであれ、「公権力が、すでに命を亡くした人の思想を理由に、倫理と法律を無視したまま独断を起こした」こと、「(思想が合わない人の墓に)人たちが頭を下げるのを、受け入れるわけにはいかない」こと。すべては、1995年の保守派がやったことも、2020年に左派がやろうとしていることも、同じではないでしょうか。

たかが死んだ位で、許されると思うな・・・恨(ハン)の恐ろしさ、そして醜さがよくわかる、そんな内容です。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (109)

“何も変わっていない韓国・・1995年の「破墓」関連記事” への34件の返信

  1. 人じゃないものが住んでる国なんだな。うすうすそーんな感じがしてたけど、やっぱりそうなんだ。
    日本人の感覚、いや、世界の多くの人々の感覚でやってはいけないことだと考えられていることだと思うんだけど….(祟られるゾ~)
    平気でやっちゃうんだ….
    人じゃないな。

  2. 韓国の偉大なる英雄「安重根」の遺骨が行方不明ですからねww
    処刑後に家族が受け取り拒否したとも
    併合前迄は一部の貴人を除き土まんじゅうで埋めてたとか
    埋葬場所も分からないとか
    李氏朝鮮の頃は幼子や水子の遺体はは籠で包み木に吊るされたり放置されてたようです
    死者への尊厳など無いのでしょう

    一度、日本の水子供養の場所に行った事あるけどゾワッとした…

  3. 政治が宗教と一体だった祭りごとと呼ばれた時代の風習をそのまま現代に見ているような…

  4. 「公権力が、すでに命を亡くした人の思想を理由に、倫理と法律を無視したまま独断を起こしたからだ。」

    >>ここは笑うところなんでしょうかw

  5. > 一つ前のエントリーの件は、法律を作ろうとしているから『違法的なもの』ではないかもしれません。ある意味、法を勝手に作るというのがもっとも恐ろしい違法とも言えますが・・

    法を「勝手に作る」という部分は何のことを想定して仰っているのでしょう?
    立法府に十分な議席を持つ派閥が立法手続きに従って成立させた法律は「勝手に作られた」(=正式な手順を踏まないまま効力が主張されている)ものではありませんよね。
    もちろんそうした法律にも、社会のためにならないとか倫理的に問題があるとかいう場合があるでしょうけど、それを言い表すのに「勝手に作られた」法律という言い方はしないでしょうし…。

    もしかして、「自分本位な基準で法律を設計する」という意味で「法を勝手に作る」と書いてらっしゃるのかな。
    でも、選挙を経て任命された立法府で手順を踏んで成立したのなら、そんな法律であっても成立過程は全くの合法ですから、このことを「もっとも恐ろしい違法」とは言えませんよね。
    いくら歪(いびつ)な設計の法律でも、一旦成立してしまったものを覆すにはやはり筋の通った手順で撤廃を求めていくしかないでしょう。
    一番は、そうならないようにちゃんと議員を選び、ちゃんと世論を作ることですけどね。

  6. 亡くなってる人は反論や反撃をしてきませんから、恨の解消(うさ晴らし)として一方的に都合よく使えるのかもしれませんね。

    あれ?・・・そういえば、韓国の文化には祟りみたいなのは無いんでしょうか?

  7. 時の政権の都合によって、死者に対する評価を変えて墓を暴いて荒らしたりもする。
    昔からそんなことをやってるもんだから、墳墓の遺跡がほとんど存在しないのだろう。
    そういや、日本人居住地の墓場を荒らして、そこの墓石を石段に転用している村がどこかにあったな。日本じゃ、せいぜい、織田信長レベルの狂的独裁者でないとそんなことはやれんけど。韓国人は一般人でも普通にやれるってわけだ。

  8. 日本の場合だと西郷隆盛と比べるとわかりやすいかもしれません。
    彼の最期は賊軍の将でした。死後、官位も剥奪されています。しかし彼を慕っていた多くの方(その中には明治天皇様も含まれます)の尽力もあり復位しています。その代わり靖国神社など護国神社に西郷が祀られることはありません。ただし鹿児島県護国神社にはパネルが設置されているそうです。
    民間では上野の西郷像やNHK・大河ドラマの『西郷どん』など現代でも慕われています。
    常識は地域や時代によって異なるものですが、日本とは相容れないと思います・・・。

  9. 墓を暴いて死者に鞭打つ文化、春秋の伍子胥みたいだ。確かに韓国は古代中華の正統だ、数千年の間その精神性を変えることが出来なかった、人類におけるシーラカンスみたいな存在。

    1. シーラカンス:「ボク達は深海で誰にも迷惑掛けずに隠れ棲んでいるだけなのに(ノД`)・゜・。アレトイッショニシナイデ・・・」

コメントは受け付けていません。