「韓国唯一のノーベル賞」の賞金、遺産紛争の対象に

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

金大中氏には3人の息子さんがいます。チャ・ヨンエ女史との間で生まれた長男キム・ホンイル氏(故人)、次男キム・ホンオプ氏がいて、チャ女史が亡くなったあと、イ・ヒホ女史と再婚、末っ子(三男)のキム・ホンゴル氏が生まれました。

長男さんは金大中氏が大統領になる前から国会議員でしたが、2006年、賄賂を受け取ったことがバレて、懲役2年、議員職を失いました。今は故人です。次男さんは2003年に同じく賄賂で懲役4年となりました。なんと2007年に国会議員になり、いまは金大中記念財団の理事長です。末っ子さんも、同じく2002年に賄賂で逮捕されましたが、数十億ウォン規模の問題だったにもかかわらず、すぐ執行猶予で釈放されました。去る4月の選挙で国会議員(比例代表)になりました。この前「破墓せよ!」と主張しているのもこの人で、当選してから真っ先に主張しているのが親日派破墓です。こんな逮捕歴のある人がすぐ国会議員になるというのも、日本では考えられないことだったりしますが・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・・ですが、この二人(次男と三男)が、金大中氏の遺産関連で告訴合戦していることがわかりました。あの韓国唯一のノーベル賞である金大中氏のノーベル平和賞の賞金8億ウォンも、紛争の対象になっています。

<故・金大中元大統領とイ・ヒホ(李姫鎬)女史の遺産をめぐり、二人の息子が争っていることが分かった。二人の息子は、鑑定価額32億ウォン相当のソウルの私邸と、ノーベル平和賞の賞金8億ウォンを置いて異なる主張をし、法廷紛争まで行っている・・>、ニュース1の記事です。

https://news.v.daum.net/v/20200530101209029

 

イ・ヒホ女史が生きていた頃に、息子3人で合意した遺言状があるのに、次男キム・ホンオプ氏が「あれ、無効な!」と言って異論を提起したのが始まりだ、とのことですが・・

三男キム・ホンゴル氏は「遺言状の通りに受け取っただけだ!」としているけど、遺言状どおりなら三男キム・ホンゴル氏のものになっているはずの、ノーベル平和賞賞金8億ウォンは、(選挙出馬前の)財産申告には漏れている、とのことでして。いつものことですが、「誰が問題なのか」というより、「誰のほうがもっと問題なのか」を争うことになりそうです。

息子さん3人全員の賄賂による逮捕・懲役は、金大中氏の人生において最大最悪の汚点だと言われています。3人ともに「うちのとーちゃんすごいんだぞ」な感じの事件でしたし、それはいつも「軍事政権にやられながらも、苦しい状況下で頑張った人」という金大中氏のイメージを徹底的に破壊しました。

そして、今回は遺産紛争。金大中氏が自分で自分の墓を破墓して化けて出てきそうですね。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (131)

“「韓国唯一のノーベル賞」の賞金、遺産紛争の対象に” への52件の返信

  1. 日本ではノーベル賞の賞金は非課税ですね。まあ、皆基金にしちゃうので相続はあんまり関係ないんですが。

  2. 金大中大統領は命懸けで民主化運動をやってきて死刑宣告まで受けた人物で、まさに韓国民主化のシンボル的存在の人物でした。しかし息子たちはまさに不肖の息子ですね。子育てはうまくいかなかったようです。人は清廉潔白であれと教えるべきでしたね。でもそれをやると韓国では出世できないか。

  3. まあ、そのノーベル平和賞にしても、北に何百万ドルかを送金して実現できた初の南北首脳会談で受賞したものですからね。いわば金で買ったノーベル平和賞です。しかもその金の出どころが現代財閥で、その究明に検察が乗り出し、当時の現代財閥の会長がビルから飛び降り自殺したのですよ。

    そんなノーベル平和賞の賞金を巡って金大中の息子同士が争うなんてね。開いた口が塞がりませんわ。日本のノーベル賞受賞者の中には今後の研究に生かしてほしいと研究室に寄付している人もいるのに。

    1. >しかもその金の出どころが現代財閥で、その究明に検察が乗り出し、当時の現代財閥の会長がビルから飛び降り自殺したのですよ。

      そうだったんですか。
      初めて知りました。財閥会長にしても、元大統領にしても、よく飛び降りる国ですねぇ。

コメントは受け付けていません。