茂木外相「現金化は深刻な状況を招くだろう」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

茂木敏充外相が、韓国のカン・ギョンファ外交部長官との電話通話で、『(日本企業の韓国内資産の)現金化は、深刻が状況を招くことになるだろう』と話した事がわかりました。聯合ニュースは「日本が警告してきた」と報じています。

以下、部分引用してみます。

<日本政府が、自国企業の韓国最高裁の日帝強占期強制徴用被害賠償判決と関連し、3日、韓国側を相手に「企業資産の現金化が行われれば、深刻な状況を招くだろう」と警告した。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

時事通信どによると、茂木敏充日本外相はこの日に行われたカン・ギョンファ韓国外交部長官との電話通話で、このような立場を伝達し、て韓国側の「慎重な対応」を改めて要求したと、日本側が明らかにした・・

・・昨年5月から日本製鐵など戦犯企業の韓国内資産の差し押さえ・売却手続きを進めている。しかし、日本政府は、これまで、自国企業の韓国内の資産が実際に売却される場合は、「対抗措置(報復措置)」を取ると明らかにしてきた。

「韓国内の徴用被害者などに対する賠償問題は1965年の韓日請求権協定締結当時、韓国側に提供した合計5億ドル相当の有償・無償経済協力を通じて、すべて解決」され、韓国最高裁の関連判決は「国際法違反」に該当するというのが、日本側の主張だ。

茂木外相が同日の通話で言及した「深刻な状況」とは、韓国への追加報復措置を意味するものと見られる。日本政府は、徴用被害賠償判決に対する報復の次元で、すでに昨年7月から韓国に輸出規制強化措置をとってきた・・>

https://news.v.daum.net/v/20200603154709611

 

韓国はほぼ100%この件を「日本の報復措置」としており、本記事でもその点は同じです。他に、今回の韓国のWTO再開についても、「韓国側が一方的に発表したのは懸案の解決に役立たない。極めて残念だ」と話した、とのことです。

一方、最近あまり話題にならないカン長官は、同じく電話通話で「日本側が輸出規制強化措置を維持していることについて遺憾を表明し、早急な撤退を要求した」(韓国外交部発表)そうです。

 

どこをどう見るか、にもよりますが・・今回のWTO騒ぎは、いったい何だったのか?な気がします。WTO提訴再開は、『国内用』とも言えない結果となりました。韓国内でも、「なぜGSOMIAは言わない?」など、今回のWTO再開に関してはパッとしない反応が多いためです。インパクトが弱かったというか、なんというか。それに、日本としては、『いいだろう。WTOの結果を待とう』と言ってしまえば、少なくとも数年間は、韓国側の要求をスルーできます。

残っているのは、GSOMIAをまた持ち出すのか(早くしないと次の更新になります)、または日本企業の現金化か、ですが・・さて、韓国政府の次の手は何か。ブログ更新的にも、非常に気になります。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。6月7日の産経新聞に広告が載ります!

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (169)

“茂木外相「現金化は深刻な状況を招くだろう」” への75件の返信

  1. こんなんでワクテカホルホルできるネトウヨって、やっすいよなって何時も思う。

    現金化は行われないし、たとえ行ったところで日本側の対抗措置も実際の被害を上回るものにはならない。

    WTOに訴えたところで、機能不全を起こしていて数年経っても結果は出ないだろう。最初っから出来レース、予定調和以外の結果は期待できないのに、そんなにホルホルが好きなのか。

    1. さすがに現金化を行わないと
      韓国政府はやばいんじゃね?

      慰安婦団体は崩壊中だし、
      K防疫はグダグダ。
      現金化とWTOへの提訴は、韓国政府の政権維持のための
      カンフル剤なんですよ。

      ただし、WTOに提訴しても、2年以上は
      最低でもかかるから、ムン政権は任期切れ
      現金化しても、あんなもん買い手がつかないと思う。
      (政府関係が買い取りしない限り)
      現金化したけど、売れてないなど
      いいわけはいっぱいできるでしょうよ。
      最初から韓国政府の茶番劇だもの

  2. おはようございます、市民
    この発言は、日本の大臣職としては結構踏み込んだ発言だと思いますけどね
    一般ウォッチャーからすれば「手ぬるい」と見えるでしょうけど、これまでだとこの程度の発言でも総攻撃されてましたし
    これ、地上波、新聞等のオールドメディアではほぼスルーですよ
    何しろ一番枠取ったのが「ジャイアンツ選手の感染と練習試合中止」なんですから

    時代が変わって、もはや韓国は切り捨ての対象であると日本ですら考えている、そんな気がします
    まあ韓国側からすれば無視が一番効くそうなので、逆にこういう反応がある方がありがたいんでしょう
    とは言え、これで韓国としては次の手を打たざるを得なくなりました、もしここで引っ込んだら、ムンムンと与党連は三尺高いところにクビだけ晒されることになるでしょうし、韓国社会全体が意気消沈からのアノミー、崩壊の危険性もありますし
    #豊田有恒氏が指摘していましたが、「韓国人は自信が崩れると一気にダメになる」とか

    1. >hallo さんへ

      日本が今まで韓国に配慮していた理由は、
      韓国に進出している日本企業が多く
      経団連やら、日韓の商工会議所など

      財界に大きなダメージがいくからです。
      今でも、東レは巨額の資産を韓国内に置き、
      みずほ銀行はサムスンの大株主で、
      巨額の貸し付けを行っています。

      が、現在、三菱をはじめ
      あらかたの日本企業が、半島から撤退済

      人件費、土地代が値上がりしたからで
      富士ゼロックスも、人件費の高騰を理由に
      工場を閉鎖しました。

      てぬるいとか、やさしいとか
      ではなく、これまでは日本企業を守ることが最優先だった。

      今はその状況が一変したというだけかと。

      日本企業が、韓国を切り捨てれば、日本政府もそうしますわ

  3. 名著「韓国人の経済学」の第一章でしつこいぐらいに書かれていた「韓国人にとっての約束とは日本人の考える約束と違う」が、長い年月をかけて徐々に理顔されて来たなーと思います。
    「韓国人にとって入っちゃいけない他人の家とは高い塀と鉄の一枚板の扉が無ければならない」
    これは田舎や郊外に住む人たちには体感できるかも。勝手に家に入ってきて、モノを持って行かれる被害にあってるから。
    イアンフにしろキヨーセイレンコにしろアベガーにしろ、韓国人にとっては、自由を確認出来るテーマパークですな。
    壁に遮られた文在寅とは違う。

  4. これって「まんじゅう怖い」ですかね?
    韓国には絶対わからないよね。

  5. やればいい。そして少しの勇気があるなら、政治家は言ってほしい。
    「周辺諸国は国際条約を守らない国だ。時代の流れでグローバルスタンダードが変わったと、過去の国際条約をも都合よく改編し、解釈を加える。
    なぜ日本は後生大事に(米国によって押し付けられた)憲法を守るのか。グローバルスタンダードが変わっているというなら、時代の流れというなら、それが世界の動きなら、日本も憲法を改正していくのは当然ではないか」
    これすら言えないのだものね。
    不思議なことに。
    現金化した時=国際条約が紙屑になった時です。

  6. 現金化の話がでる度に季節の移ろいを感じてるww。
    麻生さん辺りが「金融制裁プラスαで捻り潰す」って言えば面白いのにね。

  7. >韓国側を相手に「企業資産の現金化が行われれば、深刻な状況を招くだろう」と警告した。

     日本企業の国内資産の強制売却手続きに入りました。このタイミングかなとは思います。選挙前から、「高位公職者犯罪捜査処の設置」は早ければ7月と言われていました。その前に支持率を上げる必要があります。

     さらに韓国国内でも「GSOMIAはどうなった?終了しないのか!」という声があります。韓国の国民は「GSOMIAもWTO提訴」も優位なカードだと信じている人が多い。そういう宣伝を青瓦台もしてきたので、抑えが効きにくい。
     徴用工判決が出て「引き延ばしすぎた」というのもありますし、日本は、この件で決して妥協しないと値踏みが終わったのもあります。

     「K防疫」も崩壊の危険性が出てきました。何度も申し上げているとおり、強権的に国民を管理しない限り、少しでも緩めると韓国はダメです。文化風土が「多人数での食事と会話」です。さらに国民性は忍耐力がない。

     「K防疫」は実は幻想だったのでは?という声も国内から聞こえるようになりました。再パンデミックが起こったとしても医療従事者に対して残酷とも言える処遇です。士気高く人が集まるとも思えません。

     「くさいものにはふた」、「国内の批判には反日」です。

     これで日本が、過酷な報復に移れば移るほど「日本と戦う文災害」の支持率は上がります。報復によって韓国が被る「実質的損害」なんて文災害にはどうでもいい。支持率が大切。いつも申し上げているとおりです。

     「パンと見世物」。韓国では「ばらまきと反日」が相当します。

     さて報復ですが日本の今までの対応から観て「一度にがつん」はしないように思います。本当は相手が火病になるくらい「がつん」と行かないと実効性に乏しいのですが。

    ※ 日本国内の韓国資産の「等価差し押さえ」が一番あることです。「差し押さえ」のリストアップはできているでしょう。次に「大使の召還」。でも韓国には「大使の召還」の意味が今ひとつ伝わっていないようなのでカードとして切るかどうかはわかりません。
     そして次に来るのは規制品目の追加。3品目だけにしていたのはここで使うためでしょう。「信用関係が棄損された」は便利な言葉です。「優遇措置の撤廃」であれば「信用関係の棄損」は十分な理由になります。

     韓国がWTOに訴える論理は「政治的理由での現状変更の経済的圧力は不当」というWTOの考え方に沿ったものです。日本の主張は「そもそもが優遇であるし、再三の会議要請を韓国は無視してきた。不当な経済的圧力ではない。主権国家の裁量範囲でWTOの議論にそぐわない」というものです。

     日本の措置の前提は「信用の毀損」です。韓国は嘘つきで平気で条約や約束を破る。「信用」に基づいた関係に値しないということです。

     個人的には「韓国がつぶれかけるほどの措置」を採って初めて有効だと思っています。それでも「反日」は変わりません。しかし、韓国は「痛みと恐ろしさ」に弱い。「反日」は変わらないが「恐怖と痛み」によるある程度の抑制はできるのではと思っています。

  8. 日本の性格上、本当に報復措置ができるのだろうか?

    日本の覚悟を見てみたいので、

    是非韓国には現金化してもらいたいです。

  9. >それに、日本としては、『いいだろう。WTOの結果を待とう』と言ってしまえば、少なくとも数年間は、韓国側の要求をスルーできます。

    ホント、それ
    提訴してくれればいいのに
    いつも口だけ番長、瀬戸際外交、北朝鮮の劣化版

  10. 時系列はあやふやですが、コロナ再燃か慰安婦のゴタゴタを誤魔化す為に発作的に言い出したWTO提訴再開じゃないんですかね?

    1. gsomiaの年1更新決定月らしいですね。
      それに合わせて爆弾を用意してきたのか、現状で手持ちの弾薬を急いで装填したのが偶然8月に重なったのか。
      去年の「破棄の破棄」までのグダグダ劇を思い返すと後者なのではないかと思います。
      どちらにせよ日本の反撃手段は何が望ましいか。国民で考える必要がありますね

コメントは受け付けていません。