韓国、北朝鮮への「ビラ飛ばし」禁止の法律を用意か

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

かなり前から、韓国の脱北者たちは北朝鮮にビラを飛ばしています。書いてあるのは、単に北朝鮮の体制を批判し、自由民主主義を受け入れろとかそんな内容ですが、金正恩政権になってから、その内容に『正統性』に関する内容が目立つようになりました。

本ブログでも一時何度か取り上げたことがありますが、実は金正恩氏の母親コ・ヨンヒ氏は日本出身で、その父親であるコ・ギョンテク氏は日本軍の軍需工場で働きました。これは、金日成氏が生きていた頃に話した「親日派は3代まで処断する」という基準もあって、金正恩氏にとってはもっとも耳にしたくないことでもあります。北朝鮮の正統性は、すなわち北朝鮮のロイヤル・ファミリー血統である『白頭血統』としての側面にありますから。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

これらの問題、および「金日成・金正日の愛を受けていたのは金正男である」などの主張を、脱北者団体がビラに書いて飛ばすようになったわけです。よって、もともとこのビラ問題は北朝鮮にとって大きな問題でしたが、金正恩政権になってからは特に韓国側への抗議・非難が強くなりました。

で、先月31日にもまたこれらのビラが大量に北朝鮮側に飛ばされた、とのことでして・・北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)氏が、このビラ問題で「南北軍事合意を破棄するぞ、いいのか」と韓国側に強く抗議しました。

 

すると、韓国は、「南北軍事合意は守られるべきだ」としながらも、北朝鮮へのビラ飛ばしを禁止する法を作ると明らかにしました。ここからは引用してみます。マネートゥデーです。

<4日、大統領府と政府の関係省庁は、一斉に、金与正副部長が「破棄」を言及した9・19南北軍事合意などが、守られなければならないという立場を再確認した。ビラ散布については、「中断されなければならない」(統一部)とし、このための法律の整備などを準備していると明らかにした。

ヨ・サンギ統一部スポークスマンはこの日のブリーフィングで、「政府はビラ散布が国境地域の緊張造成につながった事例に注目し、複数回ビラ散布中断措置を取ってきた」とビラ散布が中止されなければならないと明らかにした。

 

ヨ・スポークスマンは、「実際に散布されたビラの多くは、国内で発見され、国境地域の環境汚染、廃棄物回収の負担など、地域住民の生活環境を悪化させている」とし「南北防疫協力をはじめ、国境地域、国民の生命・財産に危険をもたらしていることは、中断されなければならない」と述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20200604114007807

このビラの件、私が子供だった頃からありましたが・・防疫とか環境とかに問題なら、なんで今まで放っておいたのでしょうか。禁止法律は政府案になる予定だけど、今はまだ具体的には話せないそうです。ソース記事のコメント欄は、ムンパでも湧いてきたのか、「脱北者たちは、北朝鮮に帰って銃を持って戦え」などのコメントが多くの支持を得ています。逆に、「北朝鮮はミサイルを撃ってくるのに、私たちはビラも飛ばせないのか」という意見もありました。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。6月7日の産経新聞に広告が載ります!

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5