韓国、「神による治癒」集会で新型コロナ集団感染

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国の基督教(キドクキョ、キリスト教のプロテスタントの方で、カトリックはよく分かりません)は、他の国のキリスト教とは明らかに違うところがいくつかあります。

反日であること、親米であること、韓民族に選民思想を持っていること、そして、シャーマニズムのような側面が強く残っていること、などです。本ブログでは前から似たようなことを書いてきましたし、新刊「高文脈文化 日本の行間」にも、同じ趣旨を記しました。

その教会(韓国ではプロテスタントが「教会」、カトリックは「聖堂」といいます)のことですが・・「神癒(神による治癒)」のための礼拝集会を行い、そこに参加した牧師などが新型コロナに集団感染してしまいました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<仁川(インチョン)地域の一部の小型教会の牧師たちが、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)に連鎖的に感染、確診者50人に急増した中、最初の感染が発生したと推定される礼拝が、密接な接触を行うしかない「神癒集会」であったことが確認された・・

・・神癒集会とは、病気を治療するという目的のために集まるプロテスタントの集会形式で、牧師を通して祈る方法を訓練したり、按手(※聖職者が、信徒の頭の上に手をおいて祈ること)を受けることになる。治療を名分に集まる小グループであるため、一般的な教会の集会に比べ信徒同士の接触が多い。また、自分の教会の牧師ではなく、他の牧師が神癒集会を主催し、他の教会が参加する場合が多い・・>

https://news.v.daum.net/v/20200603165745311

 

「痛声の祈り」、本ブログの読者さんならご存知でしょう。普通に牧師が信徒(患者)に手をおいて祈るだけではありません。痛いとされるところを結構もみもみするし、その間、周りの信徒たちはジュヨー(主よ)と無茶苦茶大きな声で祈りを捧げ・・いや叫びます。

教会側は「マスクつけていたし、神癒集会でもない」と主張している、とのことですが・・神癒とかナンタラ治癒集会とかは、ポスターだけ見てもすぐわかります。

前にも似たようなことを書きましたが・・イエスは『人間一人の命は、世界より重い』と話しました。そんな教えを無視し、人が死ぬかもしれない病気をおろそかにしながら、「私は神の力で他人を治すことができる」とする発想自体が、とでも痛い声が出そうです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。6月7日の産経新聞に広告が載ります!

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5