韓国、「神による治癒」集会で新型コロナ集団感染

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国の基督教(キドクキョ、キリスト教のプロテスタントの方で、カトリックはよく分かりません)は、他の国のキリスト教とは明らかに違うところがいくつかあります。

反日であること、親米であること、韓民族に選民思想を持っていること、そして、シャーマニズムのような側面が強く残っていること、などです。本ブログでは前から似たようなことを書いてきましたし、新刊「高文脈文化 日本の行間」にも、同じ趣旨を記しました。

その教会(韓国ではプロテスタントが「教会」、カトリックは「聖堂」といいます)のことですが・・「神癒(神による治癒)」のための礼拝集会を行い、そこに参加した牧師などが新型コロナに集団感染してしまいました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<仁川(インチョン)地域の一部の小型教会の牧師たちが、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)に連鎖的に感染、確診者50人に急増した中、最初の感染が発生したと推定される礼拝が、密接な接触を行うしかない「神癒集会」であったことが確認された・・

・・神癒集会とは、病気を治療するという目的のために集まるプロテスタントの集会形式で、牧師を通して祈る方法を訓練したり、按手(※聖職者が、信徒の頭の上に手をおいて祈ること)を受けることになる。治療を名分に集まる小グループであるため、一般的な教会の集会に比べ信徒同士の接触が多い。また、自分の教会の牧師ではなく、他の牧師が神癒集会を主催し、他の教会が参加する場合が多い・・>

https://news.v.daum.net/v/20200603165745311

 

「痛声の祈り」、本ブログの読者さんならご存知でしょう。普通に牧師が信徒(患者)に手をおいて祈るだけではありません。痛いとされるところを結構もみもみするし、その間、周りの信徒たちはジュヨー(主よ)と無茶苦茶大きな声で祈りを捧げ・・いや叫びます。

教会側は「マスクつけていたし、神癒集会でもない」と主張している、とのことですが・・神癒とかナンタラ治癒集会とかは、ポスターだけ見てもすぐわかります。

前にも似たようなことを書きましたが・・イエスは『人間一人の命は、世界より重い』と話しました。そんな教えを無視し、人が死ぬかもしれない病気をおろそかにしながら、「私は神の力で他人を治すことができる」とする発想自体が、とでも痛い声が出そうです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。6月7日の産経新聞に広告が載ります!

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (160)

“韓国、「神による治癒」集会で新型コロナ集団感染” への92件の返信

  1. 韓国の基督教って現代版の巫俗(ムーソク)なんですね。牧師は巫堂(ムーダン)と言ってもいいかと。

  2. キリスト教における「命の重さ」について、ちょっと調べてみたら、こういう教え(の解釈)もあるようです。

    「殺人の罪を犯さずとも、他人を馬鹿と罵り、愚か者と呼び、存在を否定する者は、人の命を殺める者である」

    聖書の言葉の重みを、理解するべき!

    1. そんな、もっともらしいことばかり言ってると、
      「とろいや大明神の言葉の重さを、理解するべき!」
      って誰かさんに言われちゃいますよ、そのうちに、きっと。

  3. 神は死んだ、少なくとも半島では……

    まあそもそもとして半島の宗教は他所からすればどう見ても金目当ての邪教ですからね
    それに、どんなマスクをしていたか知りませんけど、マスクって基本的に「不用意に顔に触れない」「飛沫が口鼻から出入りすることを避ける」為のモノなので、ガード性能を超えるレベルで意図して大声を上げたり他者に触ってその手をそのまま家に持ち帰ったりしたら、その効果は徹底的に下がるでしょう
    (てか今見てても、意外とマスクの正しい付け方してる人、居ないんですよ
    鼻の辺りに隙間があるままでたいそうに不織布のマスク付けてるくらいなら、多少目が粗くても自分で縫った大きめの立体布マスク付けている方がよほど効果があるでしょうね
    併せて、外出から帰ったら手洗いうがいと洗顔、これ重要です

    さて、ムンムンはまたK防疫()の威信とやらのために宗教を叩くのか? それが支持者であっても出来るのか? が気になるところです

  4. 天にめせるけど、病気治すとは言ってないかとw
    ウリスト教は無茶苦茶w
    奈良健康ランドのうたせ湯で悟り開けるレベル

  5. やはり売り上げが落ちているから集会を開催したんでしょう、現金収入は おいしいです。

    >痛いとされるところを結構もみもみするし、その間、周りの信徒たちはジュヨー(主よ)と無茶苦茶大きな声で祈りを捧げ・・いや叫びます。

    なにかのプレイとしか思えない。(あはぁ♡

  6. ていうかそもそもキリスト教の名を騙るカルトですし
    偶像崇拝の好きな朝鮮人だから神輿は何だっていいのですよ
    キリスト教は単にネームバリューがあるってだけで

  7. 私は両親の影響でプロテスタント的な教育を受けて育ちました。その私から見るとーー神の奇跡を祈るのはよい。でも人が神の奇跡を起こすと喧伝するのは危険なことです。そこでは信仰の対象が神ではなく人であり、容易にカルトや詐欺に移行します。

    コロナの脅威とは別に、このような異端じみたキリスト教が韓国社会に根付いているのは危ういことですね。

    1. >その私から見るとーー神の奇跡を祈るのはよい。

      奇跡を祈るのに、「神」という人格が必要かね?
      奇跡は、別に神が起こすものでなくてもいいだろうが。たとえ神が見守っているだけで、人間に手を貸さないとしても、「祈り」という行為は貴重なものだと思うがな。
      ま、その辺が一神教の限界だろうね。

  8. 困難・苦難の痛みは神が与えたもうた試練!耐えろ!で良いのでは?
    死を待つ人々の家、ナイチンゲールはコレでノーベル平和賞貰ってるし。韓国から二人目のノーベル平和賞が出るんじゃない?(笑)

    1. 匿名様
      <韓国から二人目のノーベル平和賞が出るんじゃない?(笑)>
      大爆笑ニダ!絶対に無いニダ!
      金大中は、半島のハングル愚民の金:500万ドルでノーベル症を買収したニダ!
      真っ赤な文在寅は、まったくの経済オンチで、経済は最悪、
      いくらムダ金のウオン紙幣を印刷しても、誰も紙切れウオンと米国ドル交換するアホはいない!
      日韓通貨スワップなどは、絶望だし、
      インチキ元徴用労働者の現金化で、アウトニダ!

  9. >仁川地域の一部の小型教会の牧師たちが、新型コロナウイルス感染症に連鎖的に感染、確診者50人に急増した中、最初の感染が発生したと推定される礼拝が、密接な接触を行うしかない「神癒集会」であったことが確認された・・

    麻生副総理「民度が違う」

  10. >>イエスは『人間一人の命は、世界より重い』と話しました。

    そんな事言ってました?
    全く思い当たりませんが、どの箇所ですか?

    1. 百匹のヒツジの内の1匹が迷ったときに…の話を「命の重さ」と解釈すると、そういう考え方が導き出されるみたいです。
      「一人の命を、九十九人の命より軽い、と思ってはいけない」と、変換できますから、さらに敷衍すると。
      まあ、それでもいいのですが。

      以下余談。
      でも、あの話の主旨は「命」じゃないと思います。
      「存在するという事態そのもの」とか「神の前に人である事」とか、「命」より「重い概念」について述べているのだと思いますね。

      どちらにせよ、ウリスト教では「軽い話」でしょう。
      牧師は、金もうけの方が大事そうだし。
      信者は「現世利益」しか眼中になさそうだし。

      さらに余談
      震災…というか原発事故のとき、「ウリスト教」が、福島県内からかなり撤退して行きました。
      とても清々しかったです。

      1. とろいやさま
        全員迷ってるんでしょうね。
        どうしたらいいニカ?

        1. この中に、一つだけ「まともな宗教」が有ります。
          1、七誌教に入信して、韓国と断交しましょう。信者になると、すべての人を「バカ」と決めつけ、ホルホルできます。
          2、ゾロアスター教に入信して、火を拝みましょう。死ぬと、鳥に食べてもらえます。近ごろは土葬が多くて残念ですが。
          3、金色の壺を100万円で買いましょう。壺を買った人には、特典として教祖様の著作集を100万円で買う権利が。
          4、金色の壺を売りに来るのは悪徳宗教ニダ。この「対策本」を50万円で買えば、そういうのに騙されないニダ。
          5、「悪徳宗教や詐欺に騙されない会」に入会しましょう。今なら入会金100万円・特別会費月10万円で、とてもお得。

      2. 昔、羊飼いというものは、何百や何千?もいる羊を1匹ずつ把握して管理する、そんなすごい職業かと思っていました。
        オーストラリアとかで6,7年脱走したモコモコ羊のニュースなどで管理者が「いやーぜんぜん気が付かなかったよ」とかコメントしていて驚いたものです。「神の愛の体現どこ行った!」と。
        (規模が大きすぎるのものんびりした環境(外敵いなさそう)のもわかりますが。)

        (´・ω・)人の手(神)から離れても生きていける子羊とか、なんか現代っぽいのです

    2. >イエスは『人間一人の命は、世界より重い』と話しました。

      イエスの言葉なんて、それ間違いでしょ。
      日本で有名なのは、ダッカ空港日航機ハイジャック事件の時に当時の福田赳夫総理が述べた言葉です。その元ネタは、実は、敗戦直後の新憲法のもと、死刑の是非が争点となった最高裁判決(死刑制度合憲判決事件1948年)の冒頭部分において、真野毅判事が「生命は尊貴である 一人の生命は、全地球よりも重い」と使ったものを借用した。
      その判決文を書いた真野判事ですが、後に、明治の多くの人々が愛読した『西国立志編』(英国サミュエル・スマイルズ著、中村正直訳)の序文から引用したと明かしたそうな。
      スマイルズの唱えたSelf-Helpは、日本国内では一般に『自助論』として知られる。Self-Help序文中の格言「天は自らを助くる者を助く」(Heaven helps those who help themselves. )は広く知られている。

      1. 福田赳夫総理の言葉を、韓国ウリスト教会の牧師が勝手にパクッて、それをブログ主さんに教え込んだのではないですか?

    3. マタイ16の26『天下を手に入れても自分の霊魂(soul)を失うとその人に何の得にもなりません』の部分で、聖書的に霊魂を持っているのは人間だけ(神の救いは人間だけが得られる)ということから、『人間一人の生命は世界そのものより価値がある』と教えられました。上のコメントの羊の話を同じテーマで使う牧師もいました。

      1. >『天下を手に入れても自分の霊魂(soul)を失うとその人に何の得にもなりません』・・・もし、本当に霊魂があればね。
        → 聖書的に霊魂を持っているのは人間だけ・・・まあいいや。
        → (神の救いは人間だけが得られる)・・・他の動物は?
        → 『人間一人の生命は世界そのものより価値がある』・・・???

        どういう論理展開やねん。なんでそーなる。
        「霊魂を持っているのは人間だけだから、人間の命は(他の動物よりも?)ずっと価値が高く、神に救われる価値があるのも人間だけだ」って・・。まー日本人の感覚で言うと、えらい傲慢な考え方やね。
        そんなことイエスが言うか? イエスの言葉を借りた、単なる屁理屈展開でしょ。
        邪教の神は人間の魂を救わないと思うぞ。

        1. キリスト教では人間だけが魂を持っている存在です。救いも人間だけが得られるものですよ。
          神の姿に似せて創られた特別な存在が人間です。
          人間はキリスト教徒限定ですし、現代科学とは相容れない考え方ですけど、シンシアリーさんの論理展開は理解できますよ。

          1. >神の姿に似せて創られた特別な存在が人間です。

            ま、それはそれでいいでしょう。そういう思想もあるのでしょうから。キリスト教的人間中心主義ならば。

            でも、そこから、
            → 『人間一人の生命は世界そのものより価値がある』
            っていう飛躍した結論が理解不能。全然つながらないじゃん。
            人間一人の生命が世界そのものより価値があるとするならば、一人の神は世界そのものよりも、さらにそれ以上に価値があるってことですかね?
            何が言いたいんだ、この聖なるたわ言は。
            (ま、宗教なんてものは、しょせん迷信が進化した敬虔なたわ言の集まりだけれどもね。)

          2. それともう一つ。大事な結論。
            >『人間一人の生命は世界そのものより価値がある』
            などと、イエスは言ってない。
            ブログ主に(さもイエスが言ったかのように)そう教えたのは、イエスの言葉を無理やり捻じ曲げて解釈した(?)ウリスト教のインチキ牧師だ。

          3. 解釈したのは牧師にしても、
            「イエスは『』と話しました。」と、話してもいないことを「話した」と書いたのは、シンシアリーさんです。
            そこは、ちょっとどうかなあ、と思います。

          4. >「イエスは『』と話しました。」と、話してもいないことを「話した」と書いたのは、シンシアリーさんです。

            とは言いつつも、上の方のコメントにも書いてある通り、英国のサミュエル・スマイルズも同じことを述べているのだから、おそらく、キリスト教の一派においては古典的な解釈なのだろうね。
            であれば、ブログ主が『・・・とイエスは話しました。』と紹介するのも無理はない。彼の罪ではなく、間違った宗教教育のせいだと思う。

          5. 罪とは思ってないですよ。もちろん。w
            ただ、影響力のある著述家さんとして、あんまりいい加減なことを言って欲しくないだけです。
            日本人、キリスト教知らない人多いから。

            でも、冒頭で、ちゃんとこのように断ってますものね。

            >>韓国の基督教(キドクキョ、キリスト教のプロテスタントの方で、カトリックはよく分かりません)は、他の国のキリスト教とは明らかに違うところがいくつかあります。

          6. それにしても、解せないのは、そのような牽強付会で強引この上ない論理でマタイ伝から導かれる「人間一人の命は地球よりも重い」という主張が、英国、明治日本、韓国教会の3者で共通して「イエスの言葉である」と信じられていたことだ。
            いったい、どういう経路でそんな教えが広まったのかな?
            結構面白いテーマになりそう。キリスト教系大学だったら、十分、卒論のネタになるかも。

        2. いちおうそのあとの文
          【引用開始】
          「人は、たとい全世界を手に入れても、まことのいのちを損じたら、何の得がありましょう。そのいのちを買い戻すのには、人はいったい何を差し出せばよいでしょう。」
          【引用終了】

          かけがえのないもの大切にしましょう。
          まことの命を汚すことのないように生きていきましょう。
          そんな話。解釈はいろいろ。

          >非科学的な話ですよね。

          聖書の言葉をそのまま事実とすると、7日間で世界ができちゃいます。

      2. ええっ? マタイ16章?

        そういう解釈だと、その前の 24、25節 はどう解釈するんですか?
        『それから、弟子たちに言われた。「わたしについて来たい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。
        自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのために命を失う者は、それを得る。』

        マタイ16章は、イエスがこれから起こる十字架の苦難の予告をして、弟子たちに覚悟を促す箇所です。
        弟子たちは、その時には気付きませんが、後に、自分たちも主と同じ十字架を受け入れることとなります。
        迫害の痛みや恐怖に負けず、わたしを選びなさい。たとえ殺されることとなっても、真理を選びなさい。
        それでこそ、命を得ることとなる。
        そういう教えです。

        26節だけ抜いて、勝手な解釈しちゃダメ…じゃないのか、プロテスタントだから。
        シンシアリーさんの解釈ってわけでもないですから、言っても詮無いし。

        ただこれも、韓国人がよくやる、一か所だけ抜き出して都合のいい解釈をするのと同じですね。
        羊の箇所のが、まだマシやな。

コメントは受け付けていません。