韓国ケーブル局「報復と言うけど、日本は効果的な措置が出来ない」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国外交部が、公示送達により日本企業の資産売却が動き出した事に関し、「公示送達は裁判の過程で、司法のことだから私たちに聞くな」な反応を示しました。他にも、各マスコミの反応などを簡略にお伝えします。

まず、YTNの記事です。

<私たちの裁判所の日本強制徴用企業の差し押さえ決定文公示送達と関連し、外交部は、司法の過程であるため、別の立場は無いと明らかにしました。キム・インチョル外交部スポークスマンは、今日の定例ブリーフィングで、司法判断を尊重、実質的な被害者の権利の実現と、両国関係が総合的に考慮されなければならないという基本的な立場に変わりはないと指摘しました・・>

https://news.v.daum.net/v/20200604164010125

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

いつもの「政府は、司法を尊重するから、何もできない」路線です。朴槿恵政府が慰安婦像のことで「民間のことだから知らない」としていたのと同じパターンです。

今回の件で、ほとんどのメディアは「ついに動き出した!」として喜んでいます。ただ、保守系大手のほうは、かなり静かです。朝鮮日報などからも、公示送達しましたってーなもの以外は、ほとんど記事が出ていません。GSOMIA破棄の頃は、安保関連だけあって保守系マスコミが大々的に政府批判記事を載せたりしましたが、今回は、それすらやる理由がない、といったところでしょうか。

 

JTBCなど政権擁護が強いところ(ここはハンギョレ新聞のように『左派』というより、『文政権擁護』が思想そのものな気がします)は、『日本はこれといって何もできない』と報じたりもしました。これまたいつもの「日本人が言ったから間違いない」パターンです。引用してみます。

<『経済報復を仄めかしたものの、日本に効果的な措置は難しいだろう』(題)

・・しかし、コロナ19で日本経済も難しくなり、日本政府が選べる選択肢は制限されるという指摘が出てきます。

[奥薗秀樹・静岡県立大教授:(安倍政権が)現在一番困難な状況に置かれているのは事実です。韓国に打撃を与えることができる具体的な措置を、どんなものを考えることができるのか、効果的な対策は難しいでしょう]

昨年7月に半導体材料の3品目について取った輸出規制措置は、韓国よりも日本の輸出企業に大きな被害を与えました・・>

https://news.v.daum.net/v/20200604211017416

 

ウルティメイトなほど『個人的な』意見ではありますが、もし日本が本気で韓国に制裁をやるというなら、必要なものは「物(輸出など)」よりも、「お金(金融)」です。前にも何度か書いたことがありますが、韓国は経済規模からして、金融部門がすごく脆いですから。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。6月7日の産経新聞に広告が載ります!

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5