韓国独立有功者協会、警察庁長に「71年前の親日警察」で謝罪を要求

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国の独立有功者協会である「光復会」が、6月6日を「民族の精気が踏み潰された日」としながら、警察庁長(警察庁長官)に『71年前に警察がやった親日行為』を謝罪しろと要求しました。この過程で、光復会の主張に反対する人たちに暴言を吐いたり、足を蹴ったりしたとのことです。以下、「ペンアンドマイク」から部分引用します。

<ソウル市中区にある中部警察署の前で、6日午後3時光、復会(会長キム・ウォンウン)主催で「親日警察反民特委襲撃追悼集会」が開かれた。この日の集会には、キム・ウォンウン光復会会長をはじめ、ソン・ヨンギル加え民主党議員、イム・ホンヨン民族問題研究所所長など、70人余りが参加した。特に日本軍慰安婦像(いわゆる「平和の少女像」)の作家であり、従北議論をはじめ、各種不正疑惑が提起された正義記憶連帯の理事長であるキム・ウンソン作家と彼の妻キム・ソギョン作家も姿を現した。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

キム・ウォンウン光復会会長はこの日の集会で「71年前の今日こそ、親日警察が反民特委(反民族行為特別調査委員会)を襲撃した日」とし、「この日からこの国は、親日派の、親日派による、親日派のための国にされてしまった」と主張し、 「光復会は、今年からこの日を『民族の精気が踏みにじられた日』と定め、記憶する」とした。それとともに、キム会長は、「国家権力が不法・不当に行った過ちについて、警察庁長は国民と歴史、そして独立有功者に謝罪することを要求する」と付け加えた・・>

http://www.pennmike.com/news/articleView.html?idxno=32233

彼らに反対する立場のデモもあったそうですが、いわゆる一人デモだったそうです。光復会のメンバーたちは彼らに「親日派」など暴言を吐き、足を蹴ったり、ピケを奪って逃げたりしたとか。

 

71年前の6月6日に何があったのかというと、1949年~1950年の間、親日派を見つけ出すために活動していた「反民族行為特別調査委員会」が、警察の襲撃を受けた日だそうです。光復会は「その襲撃事件のせいで、それから韓国は親日派のものになった」と主張しているようですが・・

私が知っている限りだと、当時、反民族行為特別調査委員会が、武装し、警察局の人を『親日派だ』と逮捕してしまい、警察局が委員会の事務所を攻撃、武装解除させたことがあります。多分、そのことではないでしょうか。当時、委員会には担当の裁判官や調査官などがいたものの、人を逮捕できる権利があったのかについては、不確かです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。6月7日の産経新聞に広告が載ります!

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (111)

“韓国独立有功者協会、警察庁長に「71年前の親日警察」で謝罪を要求” への30件の返信

  1. もうさぁ…なにかってゆうと親日かどうかでずーっと争ってんの、バカみたいと思わないのかな。
    親日かどうかで争って、それで何か幸せになれたの?韓国って。
    ま、いいけど。

  2. 自分が生まれる前の話について、その時生まれてもいない人に謝罪しろと言って何になるのか理解できません。知るかバカで終わりですよね。

  3. 「韓国の独立有功者協会」だったら
    米国が御本尊になりそうなものなのに北朝鮮が御本尊なんですなw
    なんつーかまあ、好きなだけ内ゲバったらいいんじゃないですかね

  4. そうか、万年いじめられっ子が急に逆転し集団いじめをやっている図か。スッキリと腑に落ちました。
    半島人は周囲に押さえつけられながら、それこそ歴史に登場前からの長い歴史の中で世界でもここにしか無い足の引っ張り合いを文化として醸成しました。
    せめて事実を基本とした考えを少しでも持てば変わることが出来たかも。残念ですねえ。
    やっぱり「丁寧な無視」で。
    関わっては行けない国(文化)ですねえ。

コメントは受け付けていません。