安倍総理「香港保安法関連共同声明を主導したい」

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

安倍総理が、G7での香港保安法関連の共同声明を、日本が主導したいという意志を明らかにしました。日本側でも報道が出ているとのことですが、韓国側から目立っているようです。

記事の中に「普遍的価値観」という話が出てきますが・・日本は外交青書での韓国関連記述で、「価値観を共有」という内容をすでに削除しています。

今回のG7への招待において、『実は中国包囲網だ』という意見が出ているものの、『国格がー』という認識しか表明していない韓国。さて、今回のG7、どんな展開になるのか、興味深いところです。以下、ニュース1から部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<安倍晋三日本総理首相が9月の主要7カ国(G7)首脳会談で、中国の香港保安法制定問題に対する共同声明発表を主導したいと述べた。

10日、共同通信とのロイター通信によると、この日安倍総理は、日本の衆議院予算委員会で、「一国両制(1国2体制)の原則を前提に声明を発表するという考えで、日本がG7での声明を主導したい」と語った。

安倍総理は「G7は自由と民主主義、法治主義という普遍的価値を共有する国々が集まるところであり、世界の世論をリードする使命がある」と強調した。

このような発言は、ドナルド・トランプ米国大統領が韓国、ロシア、オーストラリアなどをG7に招待したいと明らかにした中、G7で日本の存在感を浮上させようとする意図と思われる・・>

https://news.v.daum.net/v/20200610114855262

 

記事は「日本は韓国の参加を快く思っていない」という点を強調、今回の措置が「韓国を困らせようとしているのではないか」というニュアンスを間接的に伝えています。何かの形で、中国の香港保安法で論争が起きるのは言うまでもないでしょう。ちなみにオーストラリアは、最近、中国から相当叩かれています。

ロシアは、相対的に、中国を擁護しようとするでしょう。インドはその逆でしょう。しかし韓国とオーストラリアは、米中両方を気にしないといけない状態にあります。そういう国を招待した、というのも・・良い悪いはともかく、トランプ氏らしい、な気もします。さて、韓国が示すK(価値観)は、どんなものでしょうか。まさか、K防疫がどうとかの話ばかりするはずはないでしょうし。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。6月7日の産経新聞に広告が載ります!

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5